失恋の寂しさは執着?女性が抱える寂しさの理由と解消策

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「失恋して寂しい」と感じるのは、元彼への執着じゃないかと自分を責めてはいないでしょうか。

自分の気持ちを冷静に見つめ直すのは良いことですが、自分を責めてしまう前に客観的にその心理を理解して楽になりましょう。

この記事では、失恋で寂しくなる理由と、その寂しさの解消策をご紹介しています。

「寂しさから抜け出せなくて苦しい」「寂しくなってしまう弱い自分を責めてしまう」という場合に、少しでも心を楽にする参考になれば幸いです。

失恋して寂しいのはどうして?

失恋して寂しいのはどうして?

「何かを失って寂しくなる」ということ自体は、物を失くしたり、学校を卒業して友人と離れるといった過去の経験もあると思います。

しかし、彼氏を失った寂しさは比較にならないくらいの寂しさを感じますよね。

それはどうしてなのでしょうか。

それにはあなたの性格や執着心だけじゃなくて、あなたを形成するいろんな事情が原因になっているのかもしれません。

元彼以上に頼れる人が存在しない

過去に人に裏切られたり、子どもの頃から自分の力で生きなければいけないという経験が多いと、簡単に他人に頼れなくなってしまいます。

その分、恋人に出来る相手は自分の心を許せる数少ない選ばれた人になることでしょう。

だからこそ、その数少ない相手が離れてしまうと他に心の拠り所がなくなり、寂しさが増大してしまうのです。

頑張り屋さんであればあるほど、誰かに寄りかかることが出来ないため、寂しさを分散させることが出来ないのでしょう。

今まで誰かに「愛された」と思えたことがない

特殊な家庭事情があったり、家族に甘えることが出来ないまま成長をすると、恋愛に依存しがちになってしまいます。

依存心が強ければ強いほど、恋人がいなくなったショックは大きく、深く心に傷を残すのです。

また、別れた恋人に愛されたと感じていたらさらに傷は深くなるでしょう。

約800年前、ローマで行われた「子に一切の愛情を与えない実験」では、どんなに栄養を与えて体調管理をしても、抱いたり笑顔を見せないというだけで全ての子供が亡くなってしまいました。

つまり人にとって愛情は生きるのに必要なことであり、唯一感じられた「愛情」にすがりついてしまうのは無理もないことなのです。

何かトラブルがあるとまず最初に「自分が悪い」と考えてしまう

友人や恋人と喧嘩をしたなど、何かトラブルがあった場合、自分に非があったんじゃないかと振り返ることは素晴らしいことです。

しかし、全てのトラブルにおいて全部自分が悪いと考えてしまうと、失恋でも自分のことだけを責めて「なんてひどいことをしたんだろう」「謝りたい」と思い続け、それが彼を求める寂しさにつながります。

恋人と別れることについては、別れの原因がどちらかにあったとしても、本来はそれに歩み寄るというお互いの努力が必要なもの。

つまり、100%原因があなただけにあるというわけではないのです。

ですがそれでも自分ばかりを責めてしまうと、寂しさを切り捨てることが出来なくなってしまいます。

自分の全てを受け入れてくれる人が他にいない

人に弱いところを見せることで初めて、お互い打ち解けて相手にも受け入れてもらえるものです。

しかし、自分の力だけで頑張らなければいけないという生き方をしていると、本当の意味で自分を受け入れてくれるような友人が出来なくなってしまいます。

そのため、自分の全てを知った上で好きになってくれた元彼には特別な思いが生まれるでしょう。

結果、別れることになって自分をさらけ出せる相手がいなくなったことで、彼といた時の心地よさが恋しくなるのです。

元彼に期待をしすぎていた

本気で好きになれた相手だからこそ「彼なら私を幸せにしてくれる」という期待を持つのは自然なことです。

しかしその期待が強ければ強いほど、別れることで「幸せにしてくれると思ったのに、裏切られた」と思うようになってしまいます。

元彼を憎く思ってしまうのも、こういった期待と裏切られた思いがそうさせてしまうのです。

特に今まで幸せな経験をしてきていない人こそ、こんな思いは強くなります。

これで安心!失恋の寂しさを乗り越える解消策

これで安心!失恋の寂しさを乗り越える解消策

失恋をして寂しくなってしまうのは、ただの執着ではなくあなたの成長過程の満たされない思いや、裏切られたという悲しみがそうさせていることが分かりましたね。

ただの執着であれば他に出会いがあればすぐに寂しさも忘れられるかもしれません。

しかしそうでない以上、新しい出会いだけではあなたの寂しさを解消させるのは難しいでしょう。

では、どんな方法であればこの辛い寂しさを解消することが出来るのでしょうか。

時間がかかることを受け入れて、のんびり構える

まず、失恋の傷を乗り越えるのに一日や二日といった短期間でどうにかなるという考えは捨てましょう。

ただの遊び相手ではない、本気の恋だったからこそ、どうしても時間はかかってしまうのです。

どんなに頑張っても、人が失恋の傷を乗り越えるのには三週間以上はかかります。

そして、どんな傷でも人の心が回復するのには「時間」が一番よく効く薬になります。

これからご紹介することも含め、最低でも三週間以上の時間をじっくりかける必要があると想定し、のんびり構えましょう。

自分の好きなことをする

時間は誰にでも平等ですが、同じ時間でも嫌なことをして時間を費やすより、楽しいことをして過ごした方が早く過ぎるような感覚になりますよね。

ですから、出来る限りあなたが楽しい、楽だと思えることをして時間を費やすようにしましょう。

趣味でもいいし、これまでにやってみたいと思ったことにチャレンジしてもいいし、寝て過ごすのだって良い時間の使い方です。

これまで自分自身を尊重された経験が人より少ないあなただからこそ、今くらいは人よりも楽に過ごすワガママも許されます

映画鑑賞など、集中することで時間をつぶす

好きなことをして時間を費やすのと同じように、何かに集中することでも早く時間がすぎたように感じられます。

そこでおすすめなのが、大体一時間半程度の時間が潰れる映画鑑賞や、YouTubeなどでの動画鑑賞です。

続けて見ていくうちにあっという間に2〜3時間は過ぎますので、一日の中で寂しく思う時間も徐々に減っていくでしょう。

もちろん、仕事や勉強に集中するのもとても良いことです。

ただ時間を費やして気が楽になっていくだけじゃなく、人間的にも成長出来て彼を見返すきっかけにもなるかもしれません。

誰かに失恋の話をする

先にご紹介したように、人に頼れないのが寂しさを手放せない原因なら、元彼以外に心を許せる人や受け入れてくれる人を作るのも一つの手です。

元彼がしてくれたように誰かにあなたを受け入れてもらうためには、あなたの弱いところを晒す勇気も必要

しかし、簡単にそれが出来ないからこそ困ってしまうのですよね。

であれば、ネットの匿名掲示板などのような場所であなたの失恋について相談をしたり、話を聞いてもらうことで心の拠り所を作りましょう。

ただ話を聞いてもらって共感されるだけでも気は楽になるし、場合によっては良いアドバイスをもらえて、今後の彼との向き合い方の参考になるかもしれません。

部屋の模様替え、大掃除をして気分転換をする

掃除が出来ていなかったり、散らかった部屋にいると「服を畳まないと」「ゴミを出さなきゃ」などいろんな情報が常に入ってきて脳と心が休まりません。

その結果、どうしても後ろ向きに考える癖がついてしまい、寂しさを手放すどころかより元彼に執着してしまうようになります。

そこでおすすめなのが、部屋の模様替えや大掃除です。

部屋が綺麗になると運気も良くなりますし、新しく何かを始めてみようかと考える余裕も生まれますよ。

その際元彼との思い出のものが出てくるかもしれませんが、無理にそれを捨てたりする必要はありません

あなたの心の整理がつくまでまとめてしまっておき、心の整理が出来て寂しさから解放されたら、改めて思い出の品々をどうするか考えましょう。

泣いて発散する

失恋の寂しさが強い人は、人よりも頑張り屋さんで弱音を吐かず、我慢し過ぎてしまう傾向があります。

そのため自分の感情を押さえ込む傾向があり、発散できずにどんどん自分のうちに溜め込むうちにどんどん寂しさが大きく膨らんでいくのです。

誰もいない場所でいいので、たまには「寂しい」という気持ちを発散するために思いっきり泣きましょう。

水も川のように流れていれば汚れにくいように、感情も溜め込まずにどんどん外に流していくことが肝心です。

大人の女性が泣くのにおすすめなのがバスタイムです。

お風呂場なら泣いてもすぐに顔を洗えるし、リラックスしているので普段より素直に涙も出やすいですからね。

まとめ

まとめ

彼を忘れられないから失恋を引きずる、失恋を引きずるからいつまでも苦しいという悪循環に陥り、毎日苦しい思いをしていることでしょう。

ですが、それはあなたが自分を責めるようなことではなく、これまで頑張ってきたからこその癖のようなものなのです。

その癖はご紹介したような解消策を試していくことで、少しずつ寂しさとの付き合い方に慣れて改善されることでしょう。

ちょっとずつあなたが寂しさを解消出来るような過ごし方に慣れ、この失恋の痛みから解き放たれる日が一日でも早くくることを願っています。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です