元彼に連絡するタイミングとは?無視されない連絡内容を徹底解説

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

復縁活動中に何度も悩んでしまうのが、元彼に連絡する時のタイミングと内容ではないでしょうか。

「もともと付き合っていたんだし、そう突き放されたりしないでしょう・・・」と甘く見ていると、いざやってみると

  • 返信がもらえない
  • 付き合っていた頃より素っ気ない
  • 明らかに返事が遅い
  • 既読無視

など、主にネガティブな方向で思う通りにはならず、結果としてうまくメールのやりとりができないことで復縁に対して悲観的になってしまうこともありえます。

復縁を叶えるためにはいろんな手段があります。

しかし、その中でもメールやLINEといった連絡でコミュニケーションを取るのは必要不可欠です。

そんな連絡でつまずいて復縁が遠のかないように、元彼に連絡するタイミングや、無視されない連絡内容をご紹介します。

元彼に連絡するタイミング

元彼に連絡するタイミング

電話はお互い暇な時間が一緒でないと出来ませんが、特にメールやLINEは相手の都合や時間に関係なく送ることができるのが大きなメリットです。

しかし、いくら自由なタイミングで送れるとしても、それと返事がもらえる、元彼にとって負担でないというのは話が違います。

まず前提として、復縁に繋がる「連絡をするタイミング」というのは決まっているのです。

それが、下記の3点です。

  • 元カレにとって迷惑じゃないタイミング
  • 元彼が返事をしやすいと感じるタイミング
  • 元彼にとって負担ではないタイミング

それぞれ見ていきましょう。

元彼がメインで活動しているであろう時間のちょっと前

元彼が昼間に働いているのなら午前中、夜勤が多い人なら夕方など、普段彼がメインで活動をしている時間帯よりも少し前のタイミングに連絡しましょう。

なぜしっかり活動しているタイミングではないのか?

それは、仕事なり夜間学校なりに行っているタイミングでは、忙しくて中身を読めなかったり、返事が出来る余裕がない可能性があるからです。

また、着信やメッセージの確認はしても、当然忙しく活動している最中なのですから「返事をするのはあとでいいか」と感じ、後回しにしてしまいます。

そうなると人によっては返事そのものを忘れてしまうことがあり、これが続くことによって、

「返事が来ない」

「既読スルーされた」

と、あなたにとってもストレスになってしまうのです。

メインのかつ胴体の少し前の時間帯というのは「これから仕事だ!」と、彼の頭がすっきりしているタイミングでもあります。

きちんとあなたの連絡内容を確認してくれますし、内容が良ければ返事をもらえてやり取りできるチャンスが高いため、とてもオススメです。

元彼が寝る前などリラックスしているタイミング

ある程度彼の生活スタイルが分かっているのなら、彼がリラックスしているタイミングも狙っていきましょう。

リラックスしているタイミングといえば、つまりは「暇な時間帯」です。

彼が時間を持て余しているのなら、暇つぶしに「返事してみようかな」と思うチャンスになることでしょう。

とりあえず返事が欲しい、というだけでなく、「彼と何往復かやり取りしたい!」と思っている人には特にオススメしたいタイミングです。

元彼がSNS(TwitterやInstagramなど)を更新したタイミング

彼と繋がっているSNSがあるのなら、彼がSNSを更新したタイミングで連絡をして見ましょう。

元彼がSNSを更新したタイミングというのは、純粋に手持ち無沙汰になっている可能性が高いです。

ただ、特に男性にありがちなのが「SNSの更新はするのに返事をくれない」というもの。

これは、

「SNSは頭を使わないで投稿できるからいいけど、LINEの返事はいろいろ考えながら市内といけないから面倒くさい」

という考えがあるためなのです。

ですので、このタイミングで連絡をして彼から返事がなかったとしても、落ち込み過ぎないようにしましょう。

あなたのことが嫌いで返事をしないのではなく、「今は頭を使いたくない」と思っているだけの可能性があります。

元彼の休日

ゆっくりできる休日には、やっぱり連絡がつきやすいものです。

仕事やその他のタスクで頭がいっぱいにならないため、あなたからの連絡にも集中しやすくなります。

休日でも、特に食事の時間帯は返事が来やすいというデータがあるため意識してみると良いでしょう。

例えば外食の場合、オーダーした食事が出されるまでの間にスマホをチェックする人が多く、自宅で食べる場合でも、スマホが近くにあれば着信を確認しやすいという傾向があるためです。

休日に連絡をするのなら、「いつもお疲れ様」と労いの言葉を入れてあげて、一緒に休日を過ごしている感を演出してみるのをオススメします。

元彼に連絡して無視されない内容

元彼に連絡して無視されない内容

元彼に連絡をするのであれば、どんな内容であったにしても何かしらのアクションは欲しいところ。

ただ、どんな内容なら返事をもらえるのか分からない人も多いでしょう。

そこで、復縁活動中に連絡をしても無視されない・されにくい連絡内容をここでしっかりチェックしておきましょう。

元彼にとって興味のある内容

連絡しない期間を置いても彼から連絡が来なかったり、どうしても彼に連絡しないといけない状況になった場合には、あなたから彼に連絡する必要があります。

その内容とは、彼にとって必要な情報、興味のある内容です。

例えば、

  • 彼の趣味に関わる内容
  • 彼の仕事に関わる内容
  • 彼にしか聞けない内容

このような内容になります。

彼の趣味や仕事については、あなたからメールをする前に事前に少し調べておけると、思わず話題が広がった時にも焦らず返信することができるようになります。

ただ、事前に調べていない、全く知識のない状態であっても、彼に質問するようなメールを送れればそれも成立します。

例えば、彼がサッカー好きな人だとしたら、

あなた:「サッカーやってる人がもらって嬉しいのって何かな?」
↓元彼:「スパイクとかはプレゼントされたら結構嬉しいかな」↓

あなた:「スパイク?普通のサッカーシューズと違うの?」

元彼:「スパイクって言うのは~・・・(彼の説明)」

このように、分からないなりに質問を続けることができます。

料理好きや車好き、ブランド好きなど、彼の興味があるジャンルであればやり取りを続けることができるでしょう。

元彼の体調を心配する質問

男の人は自分を理解してくれたり、気遣ってくれる女性に好印象を持つものです。

そこで、体調を気遣う連絡も返信率が高い連絡としてオススメします。

例えば、

「うちの職場でインフルエンザ流行りだしたんだけど、そっちは大丈夫?」

「この前体調悪そうだったけど、具合はどう?」

「花粉症の季節だね~。今年の症状はどんな感じ?」

このように、彼の体調について質問をしてみましょう。

これが出来ると一気にあなたが彼の良き理解者であるようなアピールができ、印象が良くなっていきます。

元彼にしか聞けない内容

元彼にしか聞けない内容

元彼にしか聞けない内容とは、

  • 共通の友人お話
  • 同棲していたときの荷物の話
  • 彼に貸していたり、彼に借りていたものの話
  • 彼のご家族の話
  • あなたと彼しか知らない秘密の話

このような内容が挙げられます。

オープンクエスチョン

返信率が高いものと言えば、やはり元彼に質問をする連絡です。

質問には、長めの文章で返信をもらいやすい『オープンクエスチョン』と、短めの文章で気軽に返信をもらいやすい『クローズドクエスチョン』の2種類があります。

まず、『オープンクエスチョン』というのは「5W1H」を使った質問です。

5W1Hとは、

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰と)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どうやって)

これらの6つのワードが入った質問のことをいいます。

例えば、

  • 「どうして○○をしたの?」
  • 「それ、いつの話?」
  • 「結局□□はどうなったの?」

このように、答える人が先に話していたことを掘り下げる質問をするというと分かりやすいでしょう。

掘り下げるような質問は、相手の話に深く関心を持っているような印象を与えることもできます、

ただ、メールを盛り上げられる良い手段のように思えるのですが、当然デメリットもあります。

例えば、オープンクエスチョンの場合は返信すべき文章がちょっと長くなることがあるので、返信までに時間がかかる場合があるのです。

彼がしっかり質問に答えてくれる人であればあるほど、返信までの時間は長くなってしまうでしょう。

しかし、返信が来ないからとつい何度か連絡してしまう癖がある人には、あまりオススメできない質問テクニックでもあります。

ちんと元カレの返信を待てるようになったら、ぜひ挑戦していきましょう。

クローズドクエスチョン

『クローズドクエスチョン』は、「はい」か「いいえ」の二択で答えられるような質問のことをいいます。

「はい」か「いいえ」で答えられる質問の例としては、

  • 「○○は見れた?」
  • 「□□はできた?」
  • 「△△は好き?」

このような質問が代表的でしょう。

あまり会話を盛り上げるのに向いているとは言えませんが、まだスムーズにやり取りが出来ていない時期には、お互いがやり取りに慣れるために効果を発揮してくれます。

シンプルな回答で済ませられると思えばいくら気まずい中でも彼は返事をしやすくなるため、

  • まだ彼と気まずい
  • 彼の反応が極端に悪い
  • 彼の返事が遅い

このようなときには、クローズドクエスチョンを試してみるのがオススメです。

クローズドクエスチョンで返事を当たり前のようにもらえるようになってきたら、今度はオープンクエスチョンで話を広げていきましょう。

お誘いのメール

「そもそも連絡しても返事があいまいなのに誘っていいのかな・・・」と思うかもしれません。

ただ、とにかく返事が欲しいという場合、わざと断られることを覚悟してお誘いの連絡をしてみるのも一つの手なのです。

なぜなら、彼がお断りの返事をしてくる可能性が高いため。

彼を引きずり出すような、ちょっとした小悪魔的なテクニックです。

あなた「○日ご飯行かない?」

元彼「ごめん、その日は予定があって」

こうやって返事をくれれば、

「そっかー残念!

ところで(別の質問)?」

こんな風に切り返せば、彼も一度は返事をした手前、簡単に無視できなくなります

あくまでも連絡したい口実として誘っては、いざ本気でデートに誘いたいときに不自然になってしまうため、誘い方にも注意が必要です。

例えば、

  • 誘う日程、時期
  • 行き先

これらを誘う時に伝えると、彼も「断る口実」を持ちやすくなるので、断りの連絡が来やすくなります。

逃げ道を用意してあげなければ、「前に断ったから気まずい」という印象を与えてしまい、その後の連絡が難しくなってしまいます。

必ず逃げ道を作ってあげてください。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

今すぐできる事がありますし、少し行動を変えるだけで、大きな進展を見込めることもあります。

溢れる気持ちをグッと我慢し、彼が求める「心地よさ」を与えられる存在となるためにも、1回1回の連絡を適当に扱わず、大事に送るようにしましょう。

顔が見えなくても、元彼への連絡というのは変化が十分に伝わる手段ですので、失敗しないメール術を身につけて復縁を目指していきましょう。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です