年の差カップルの復縁方法!彼と接する際に気をつけるべきこと

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

近年増えている年の差カップル。

ですが別れてしまった場合、「やっぱり年の差があると合わないのかな」と落ち込んでしまうかもしれません。

年の差を変えることができないからこそ、どうやってその「差」を埋めていけば良いのか、悩んでしまうことも多いですよね。

そこで今回は、年の差カップルが別れてしまった場合の復縁方法を、ご紹介していきます!

彼が年下の場合、年上の場合に分けて解説していくので、ご自身の状況と照らし合わせて読んでみてくださいね。

【年の差カップルの復縁方法】彼が年下の場合

【年の差カップルの復縁方法】彼が年下の場合

まずは、彼が年下の場合の復縁方法を、解説していきます。

彼を頼る姿勢を見せる

彼を頼る姿勢を見せると、効果的です。

年下である彼を頼ることにより、「弱い自分」をアピールすることが可能です。

その弱さが年下の彼にとっては、女性らしさを感じる部分となります。

あなたが年上である場合、彼は年の差に劣等感を感じていることが多いでしょう。

そのため、頼られることで喜びを感じ、「男としての自分を認めてもらえた」と実感できます。

そのため、仕事で悩んだ時にアドバイスを求めたり、嫌なことがあった時に愚痴をこぼしたり、彼を頼っている姿勢を見せましょう。

年上女性ならではの魅力をアピールする

年上女性ならではの魅力をアピールする、というのも大切です。

彼の周りにいる同年代の女性に対して、敵対心を抱いてしまうかもしれません。

ですが彼は自分の周りにいる女性に魅力を感じなかったからこそ、年上であるあなたと付き合っていたのです。

だからこそ、無理に彼の年代に合わせた振る舞いをするのではなく、年上女性ならではの魅力を身につけましょう。

たとえば少し凝った手料理を振舞ってあげたり、美味しいレストランを紹介したり。

彼が喜んでくれることにつなげてアピールをすると、魅力的に感じてもらえます。

目線を合わせる

目線を合わせるというのも、意識してみましょう。

彼は男としてのプライドもあるため、常に年の差を気にしているでしょう。

そのため、彼の目線に合った話し方をしたり、話題を合わせてあげることで、彼はあなたと一緒にいることに安心感を覚えます。

例えば彼との話でジェネレーションギャップを感じたとしても、「そういうこともあるよね」と肯定してあげてください。

そうすることによって彼は劣等感を感じずに、ありのままであなたと一緒にいることができるため、復縁を前向きに考えるきっかけになります。

【年の差カップルの復縁方法】彼が年上の場合

【年の差カップルの復縁方法】彼が年上の場合

次に、彼が年上の場合の復縁方法をご紹介します。

精神的に自立した様子を見せる

精神的に自立した様子を見せる、という方法があります。

彼に頼ったりせず精神的に自立した様子を見せることで、彼はあなたのことを対等な女性としてみてくれるようになります。

「自分が支えなければならない」というプレッシャーを感じることなく、お互いに平等な関係を築くことができるのです。

本来男性は「甘えたい」という気持ちもあるため、平等な立場になることにより、彼の欲求を満たしてあげることも可能となります。

男性心理を勉強する

男性心理を勉強する、ということも挙げられます。

年上の彼からすると、自分の方が経験があるため、「なんでも教えてあげなければ」という思いが強いです。

そこで、敢えて彼の気持ちを理解した行動を取ることで、「この子、男心をよくわかってるな」と感心してもらうことができます。

そうすると、彼も変に身構えることなく安心してあなたと接することができ、一緒にいて楽しいと感じてもらうことが可能です。

彼を立てる

彼を立てる、ということも必死となります。

年上でも年下でも男性はプライドが高いものですが、特に相手が年上の場合、常に優位に立ちたいという思いがあるはずです。

そのため、どんな時でも彼を立ててあげるようにして、あなたは一歩引いたスタンスを保つようにしましょう。

そうすることで彼はあなたと一緒にいることが心地良く感じ、復縁だけでなく結婚も考えてくれるきっかけになります。

【年の差カップルの復縁で気をつけるべきこと】彼が年下の場合

【年の差カップルの復縁で気をつけるべきこと】彼が年下の場合

続いては、彼が年下の場合の注意点について、解説していきます!

彼の「母親」のようにはならない

まず、彼の「母親」のようにはならない、ということです。

彼が年下だからと言って、頼まれてもいないのに家事をしてしまったり、世話を焼きすぎていませんでしたか?

そんなあなたの姿は、彼にとって「母親」のように写ってしまいます。

それでは女として見てもらえませんし、恋愛対象からも外れてしまいます。

あくまで恋人同士としての対等な立場でいられるよう「尽くしすぎない」ということを、意識していきましょう。

結婚観を押し付けない

次に結婚観を押し付けない、というのも注意点となります。

そもそも男性は女性よりも結婚観が薄く、結婚を考えるのも遅い傾向にあります。

ましてや年下の男性となると、結婚のことを全く考えていないという可能性もあるのです。

そんな彼に対して「みんな30までに結婚してるよ」と考え方を押し付けると、彼に大きなプレッシャーを与えることになります。

「結婚したら田舎に住みたいな」などという理想の話でも、彼を追い詰めてしまうことがあるのです。

だからこそ、彼が自分から興味を示すまでは、結婚についてあまり言及しないようにしましょう。

彼よりも優位に立とうとしない

続いては、彼よりも優位に立とうとしない、ということが挙げられます。

あなたの方が年上なので、彼よりも知識や経験があるのは当然のことです。

そのため、彼の発言や態度を注意したくなったり、ついリードしてしまいたくなることもあるでしょう。

ですが、男性は女性に対して、自分が主導権を握っていたいと感じるものです。

リードされると劣等感を感じ、自信をなくてしまいます。

そうならないためにも、彼に主導権を握らせる、ということを常に意識してみてくださいね。

【年の差カップルの復縁で気をつけるべきこと】彼が年上の場合

【年の差カップルの復縁で気をつけるべきこと】彼が年上の場合

最後に、彼が年上の場合の注意点を、お伝えします。

彼に依存しない

1つめは、彼に依存しない、ということです。

彼が年上だからと言って、甘えすぎたり頼りすぎてしまうと、彼にとってあなたの存在は重荷になります。

上記でもお伝えしましたが、本来男性は女性に甘えたいもの。

たとえ彼が年上でも、甘えさせてあげられるくらい、大きな心を持たなければなりません。

そのため、彼に依存してしまわないように、精神的に自立し、彼を支えてあげられる女性を目指しましょう。

何か指摘された時に不機嫌な態度を取らない

2つめは、何か注意された時に不機嫌な態度を取ってしまう、ということです。

男性は自分の方が優位に立っていたいので、あなたに注意をしたり、指摘をすることもあるでしょう。

そんな時に不機嫌になってしまうと、「まだまだ子どもだな」と呆れられてしまいます。

そうなってはいつまで経っても年の差が埋まらないので、自分の感情をコントロールする、ということも意識していきましょう。

まとめ

まとめ

年の差カップルの復縁方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

別れてしまったとしても、一度は彼があなたに惹かれていたということは事実です。

だからこそ、年の差を超えてもう一度振り向いてもらうということも、できるはず。

「復縁は無理かも」と自信をなくしてしまう前に、今回ご紹介した方法をぜひ実践して、彼のハートをもう一度射止めちゃいましょう!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です