元彼に復縁したいと思わせる!焦らない心の持ち主になる方法

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

焦って行動をすることが復縁を遠ざけてしまうのは有名な話ですが、頭で分かっていても心が着いていかないことがあると思います。

「今連絡しないとブロックされそう…」と心配になって焦って連絡してしまう…なんてことも経験があるのではないでしょうか。

そんな時、どうしたら焦らないでいられる心を作れるのか、元彼に復縁したいと思わせるような余裕のある女として振る舞うにはどうしたらいいのかをご紹介します。

復縁を焦らなければ「復縁したい」と思ってもらえるの?

復縁を焦らなければ「復縁したい」と思ってもらえるの?

元彼とよりを戻すことを焦らないでいると、自然と元彼に「復縁したい」と思ってもらえるチャンスが生まれます。

その理由と、焦る気持ちが生んでしまうデメリットをご紹介しましょう。

男性はいつでも元カノを思い出せる

よく恋愛において「男は名前をつけて保存、女は上書き保存」と喩えられるように、男性は元カノのことをいつでも記憶の引き出しから呼び出すことができます。

それは恋愛感情がなくても出来ることで、彼女がいるのに元カノの相談に乗ったり、女友達と遊びに行く男性が多いことを考えるとイメージしやすいでしょう。

つまり男性は別れても少し時間が経てば元カノを簡単に思い出すことができ、その時別れた時より綺麗になっていれば、自然と「復縁したい」と思ってもらえるのです。

焦って行動すると常に嫌な記憶が上書きされてしまう

人の記憶は何か起きるたびに上書きされていくので、元彼もあなたから連絡が来たり「会いたい」と言われるたびに上書きされていきます。

つまり、あなたのした何らかの行動で元彼が「嫌だなぁ」と思ってしまえば、常にその嫌な思い出で上書きされてしまい、印象が良くなることがないのです。

余裕のある心は態度に出る

例えばお金のない人は身なりも綺麗にできないし、生活費のために…と盗みに手を出してしまうこともあります。

こんな風に余裕がない人は悪い方向で行動に現れてしまい、それを見た周りの人も「あまり近寄りたくないな」「関わらない方がいいかも」と距離を置こうとするでしょう。

復縁も同じで、余裕のある人は元彼の前でも堂々としていられるし、その余裕が「追いたい」という男性の本能を刺激するのです。

焦ってしまうと魅力が半減してしまう

復縁への焦りの気持ちがあると、例えば元彼からLINEが来ても焦って変な返事をしてしまったり、急に話しかけられてテンパってしまうなんてこともあります。

どんなに自分磨きを頑張っても、焦って「もっとこうすれば良かった」と後悔するような行動をしてしまえば意味がないですよね。

意外!焦りの正体は自分の〇〇

意外!焦りの正体は自分の〇〇

なぜ焦ってしまうのか?と考えてみたことはあるでしょうか?

「連絡しないと元彼が離れていきそう」とか「今会わないとチャンスがなくなる」といったように、焦る”理由”は思いつくかもしれません。

この焦りを手放すためには、焦る理由ではなくその正体を知る必要があります。

一人ぼっちの寂しさに勝てない

彼と過ごした時間が長かったり、彼との間に深い絆があった場合、別れた後の孤独感や喪失感が強くなってしまいます。

この孤独感や喪失感が強ければ強いほど、一人になった寂しさをひしひしと感じさせられてしまうのです。

周りに信用できる人がいないと「少しでも誰かと繋がっていたい」という思いが分散されずに元彼にだけ向いてしまい、元彼だけに積極的になってしまいます。

自分への自信のなさ

よりを戻したくて焦ってしまうのは、きっとあなたにとって彼が理想的な存在であって、絶対に手放したくないからですよね。

こんな風に「私には彼しかいない」と元彼を特別視するのは「こんな私を愛してくれた」という謙虚すぎる気持ちがあるからです。

本当は他の男性からモテることもあるかもしれないのに、自分の価値に気づいていないせいで視野が狭くなってしまっています。

元彼を信用できない気持ち

元彼に「すぐ彼女なんて作らないよ」「俺はもうしばらく恋愛はいいかな」と言われても、その彼の言葉すら実はあなたは信じていないのかもしれません。

だからすぐに連絡をしたり会えるチャンスを作らないと「遠くに行ってしまう!」と不安になってしまうのです。

付き合っている時に元彼に嘘を吐かれることがあったり、口だけで行動に起こさないカレだと、こんな風に信頼できなくなってしまいます。

「今、これをしたらこうなる」という予測が苦手

焦って行動をしてしまう時、多くの場合「今、これをしたら彼はこうするだろう」という冷静な予測ができていないと思います。

事態を良くしようとして行動をするのであれば、自分のしたことで相手がどう思うか、どう反応するかという部分を予測した方が良いのは当然なことですよね。

しかしその「先を考える」「相手の気持ちを予想する」ということが苦手な場合、どうしても焦った行動をしてしまいがちなのです。

焦らない心を作る簡単な方法

焦らない心を作る簡単な方法

これまでいかに焦らない心作りが大事なのかよく分かっていただけたと思います。

ここからは、焦る心の正体を踏まえた上で「誰にでも出来る簡単な方法」で余裕のある女になれる方法のご紹介です!

誰かとLINEする

一人ぼっちで寂しさを感じてしまうほど、元彼に依存しがちになり、その分焦る気持ちも大きくなってしまいます。

ですからその寂しさを感じることがないよう、まずはLINEで他の人と会話し、気分を紛らわせるようにしましょう。

「LINEで気軽に話せる相手がいない…」という人は、2019年にサービス開始となったLINEのOpenChatで不特定多数の人のグループチャットに参加するのもおすすめです。

 

参考URL:新機能「OpenChat」が登場しました(LINE公式ブログ)

http://official-blog.line.me/ja/archives/79902633.html

友達と遊ぶ

LINEだけじゃ足りない!という人は、近くに住んでいる友人と遊びに行くこともおすすめです。

一緒にいて楽しい友達なら時間が過ぎるのも早く、元彼のことを考えすぎてしまう時間も減らせることでしょう。

また、場合によっては元彼とのことを相談して力になってもらうこともできるかもしれません。

仕事や趣味に集中する

仕事のように「やらなければいけない事」や趣味のように「やりたい事」を充実させておくと、自然と元彼のことを後回しにできるようになります。

初めは自分の思うままに元彼に連絡出来ないことが不安になると思いますが、そこを乗り越えると自然と自分の生活がうまく行くようになっていくでしょう。

すると精神的な余裕が生まれて、元彼との復縁に対しての焦りもいつの間にかなくなりますよ。

自分磨きをして理想の自分を目指す

自分に自信がないことも焦りを生んでしまうので、自分で自分を大好きになれるよう頑張ってみましょう。

例えばダイエットをしてみたり、人の目を気にしない自分のファッションやメイクを追求したり、資格を取れるように勉強してみたり。

「私はどんな自分になりたいだろう?」と考えてみて、理想の自分象を作ってみると、自分磨きも捗りやすくなりますよ!

1日1回「ありがとう」と言われるように行動してみる

自分のした行動で相手にどんな影響を与えるか考えるのが苦手な人におすすめな方法です。

人から「ありがとう」と言われるためには、その人が何を喜ぶのか、何をすれば助かるのかを考えて動く必要があります。

焦って元彼に行動しそうな時、普段からこの練習をしていると、後悔する前に自分の行動を振り返ることができるようになるでしょう。

元彼に「焦ってるなぁ」と思われない振る舞い

元彼に「焦ってるなぁ」と思われない振る舞い

最後に、焦らない心作りが完成するまでにお勧めしたい「元彼に焦ってると思われない振る舞い」をご紹介します。

焦りをコントロールできるまでに元彼と関わる機会があったら、これから紹介するような振る舞いを心がけてみてくださいね。

LINEをすぐ既読にしない

LINEがすぐ既読になると、トーク画面を開いたままだったり通知から即飛んできたように見えるので、いかにも「待ってました!!」という印象になってしまいがち。

すぐに返事がしたい、すぐに元彼からのメッセージが読みたい!という焦りと捉えられるかもしれないので、既読は気づいた時につけるくらいでOKです。

ただし、業務連絡のように早く確認した方がいい話題かもしれないので、通知をONにして通知欄などからメッセージの内容は確認できるようにしておくと良いでしょう。

返事はゆっくり送る

既読をすぐにつけないだけじゃなく、返事もゆっくり送るのが焦りを感じさせない行動です。

すぐに返事をしたくなる気持ちもわかりますが、せっかくなら「あんなこと書かなきゃ良かった」と後悔することのないよう、返事の内容をじっくり考えましょう。

必要な用事の場合はすぐに返事をした方がいいですから、その時の話題の内容によって返事までの時間をコントロールしましょうね。

自分からの連絡は本当に必要な時だけ

焦っている時はつい「声が聞きたい」「私のことだけ見て欲しい」と思ってグイグイ連絡してしまいがちです。

しかし送られてきたLINEがただあなたの寂しい気持ちを埋めるだけのものなら、元彼にとってそれは「ずいぶん焦ってるな」と感じてしまいます。

ですから自分から連絡したくても、自分のためにしかならないことや、用事がない場合は送らないように辛抱しましょうね。

返事がない時に追加のLINEはしない

元彼とLINEをしていて返事が止まると心配になってしまう気持ちもよくわかります。

しかし、あなたばかりが何度もLINEを送っていると、それだけで必死な様子が伝わり「復縁を焦っている」と思われてしまうのです。

話題を切り替えて無理にLINEを続けようとしたり「返事ちょうだい」とわがままを言わず、彼から返事がなくなったのならその日のLINEはお終いにしましょう。

「よりを戻したい」と言わない

未練を伝えるのは、男性にとって一番「焦ってるなぁ」と感じさせてしまう行動です。

あなたが別れた頃よりも魅力的になれば、自然と彼も復縁を考えるようになっていきます。

自分からグイグイと復縁を迫らず、元彼を振り向かせるくらいいい女になることに集中しましょう。

まとめ

まとめ

復縁を焦っちゃいけない…という気持ちが少しでもあったからこそ、この記事にたどり着いたのだと思います。

そうして自分を律しようとする気持ちがあれば、きっと元彼に「復縁したい」と思わせられるような素敵な女性に成長できるはずです。

焦りの正体、焦らない心を作る方法と元彼への振る舞いを参考に、余裕のある女性になって元彼の心を取り戻しましょう!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年2月限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師「柊みこと」が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です