クリスマスを復縁のきっかけにするには?当日LINEはしていい?

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

クリスマスは、恋人たちの季節とも言われます。

別れた元カレを想い続ける女性にとっては、カレと過ごした過去のクリスマスを思い出してしまう辛い季節でもありますよね。

寂しさのあまり衝動的に元カレに連絡したり、一方的なアプローチをしてしまう人もいますが、クリスマスを復縁のきっかけにするには長期的な計画が必要です。

この記事では、クリスマスをきっかけに、元カレの心を復縁に向けて揺さぶるための方法をご紹介していきます。

例外パターンもいくつかありますので、最後まで目を通してみてください。

[badge name=”” color=””]おすすめ記事

LINEブロックからの復縁!相手がブロックを解除したくなる時とは

クリスマスを復縁に繋げるには、2ヶ月前から準備を始める

クリスマスを復縁に繋げるには、2ヶ月前から準備を始める

「クリスマスを復縁に繋げる」とは、元カレにあなたと過ごした前年のクリスマスを思い出させ、寂しさを感じさせることです。

これが成功するかどうかは、ほとんどクリスマス前の仕込みにかかってきます。

クリスマスの2ヶ月ほど前から、これから紹介することを意識して実践していきましょう。

LINEのやり取りの頻度を少しずつ増やしていく

元カレがあなたの存在をすっかり忘れてしまっている場合、クリスマスに寂しさを感じさせることはできません。

クリスマスに向けて、元カレの心の中に常にあなたがいるような状態を作るために、カレとのLINEのやり取りを少しずつ増やしていきましょう。

もし、元カレと一切LINEのやり取りをしていない場合、10月あたりには勇気を出して久しぶりの連絡をしてみてください。

話題は、元カレが興味を示しそうなモノやチケットを譲るための連絡だと、必然性があって良いですよ。

なんとなく友達としてまた連絡がとりあえる仲になるよう、持っていってくださいね。

元カレと1度会う

クリスマスの前に、元カレと一度は直接接触しておきましょう。

元カレが寂しい時に、ふとあなたの顔が浮かぶよう、視覚的に印象付けるためです。

自然な成り行きで二人で会えるならば、二人で会うに越したことはありません。

ですが「二人で会おう」と誘うことでこちらの未練が元カレに伝わってしまい、復縁が遠ざかる恐れがあります。

自然に元カレと接触するには、共通の友人を交えて複数人で飲み会などを開催することをおすすめします。

言葉は一言二言交わす程度で大丈夫ですので、久しぶりに接触した元カレに積極的になりすぎないように気をつけましょう。

復縁するための、クリスマス当日の過ごし方

復縁するための、クリスマス当日の過ごし方

クリスマスまでに、元カレと少しずつ交流を増やせているなら、もしかしたらクリスマスを一緒に過ごそう、と誘ってもらえる可能性もあります。

その場合は、ぜひ駆け引きしすぎず、元カレと一緒にクリスマスを過ごしてください。

ここからは、クリスマスを元カレと過ごさない時、どう過ごしたら良いかをご紹介します。

クリスマスは自分から連絡しない

あなたから「メリークリスマス!」「今日は何して過ごすの?」などと連絡してしまったら、元カレが寂しくなる隙がなくなってしまいます。

元カレにあなたがどうしているのか、他の男性と過ごしているんじゃないか、と気にならせるためにも、クリスマス当日は元カレに連絡しないでおきましょう。

また、SNSの更新などもクリスマスは控えて、何をしているのかわからない状態にするのです。

元カレに新しい彼女がいない場合、街で出会うカップルを見て、あなたと過ごしたこれまでのクリスマスを思い出したり、来年は誰かと過ごしたい、と願望を募らせてくれるはずです。

元カレがこの心理状態の時、後日あなたから一押しすることで、復縁のコツです。

クリスマスに連絡が来た場合、翌日返信する

もしかしたら、寂しさを募らせた元カレからクリスマス当日にLINEや電話など連絡が来るかもしれません。

しかし、すぐに返事をせずに、翌日まで待ってから元カレに返事を返してください。

元カレが連絡してきたのは、あなたがクリスマスに何をしているのか気になって探りを入れてきているだけかもしれません。

この時、すぐに返事をすると元カレは「なんだ。デートしてるわけじゃなかったのか」と安心して、あなたへの興味を失ってしまうことがあります。

クリスマス当日をどう過ごしているかを、元カレに妄想させるためにあえて返信を後日にするのです。

元カレに話せるような予定を入れる

後日元カレと連絡を取ったり、実際に会う際に「クリスマスは何をしてたの?」という話になるでしょう。

その際、一人寂しくクリスマスを過ごしたことを話すより、充実した時を過ごしていたと話した方が、元カレのあなたを再び手に入れたい欲求が高まります。

友人と食事をした、家族で過ごした、趣味の集まりに参加した、など元カレに寂しい印象を与えないような予定を入れておきましょう。

クリスマスが終わった後が、復縁に近づくタイミング

クリスマスが終わった後が、復縁に近づくタイミング

クリスマスに元カレを寂しがらせることができたら、クリスマスの後にもうひと押しすることが復縁のカギになります。

寂しく感じた時、素直に元カノに連絡して復縁を迫る男性ばかりではありません。

なので、クリスマス翌日〜3日ぐらいの間、つまり元カレが復縁に傾きやすい心情になっているに、あなたから元カレにたわいもない内容のLINEを送ってみてください。

もし元カレから少しテンションが高い返事が来たら、忘年か新年会に美味しいものでも食べに行くことを提案してみましょう

こういう場合は要注意!クリスマスは無視して過ごして

こういう場合は要注意!クリスマスは無視して過ごして

元カレの状況や、二人が別れた時期によっては、クリスマスを意識せず過ごした方がいい場合もあります。

元カレに新しい彼女がいる

元カレに新しい彼女がいる場合、クリスマスはその彼女と過ごすと考えられます。

クリスマス前にあなたが頻繁に連絡すると、元カレは邪魔をしてきているのだと感じてしまう恐れがあります。

クリスマスを過ぎて元カレと新しい彼女の仲がマンネリ化するまで、こちらから元カレにアプローチを仕掛けるのは様子をみましょう。

冷却期間中にクリスマスがある

復縁をするには元カレと別れた後、1〜3ヶ月の冷却期間を置くことが鉄則です。

もし、この冷却期間中にクリスマスが入ってしまっている場合、元カレに連絡を取ると冷却期間の効果がなくなってしまいます。

冷却期間をしっかり置くことは復縁にとってとても大事なことですので、冷却期間を優先して、元カレには連絡してないでおきましょう。

クリスマスが冷却期間の終わりと重なっている時も、久々の連絡がクリスマスと重なるといかにも「さみしい」と思っている感じが出てしまうので、お正月くらいまでは連絡を我慢しておきましょう

まとめ

まとめ

クリスマスは、元カレにあなたと過ごした前年のクリスマスを思い出させ、あなたを恋しいと思わせる絶好のイベントです。

クリスマスを復縁に繋げるには、2ヶ月前から元カレに連絡をとり、カレの心の中にしっかりあなたがいる状態にしてください。

クリスマス当日は一切連絡せず、SNSも更新せずにいるだけで、元カレはあなたがクリスマスをどう過ごしているのか気にするでしょう。

もし、元カレに新しい彼女ができていたり、別れた直後でまだ冷却期間だという方は、クリスマスを復縁に繋げようという考えは捨ててくださいね。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です