完全に嫌われた…復縁する5つの方法!原因から見える対処法とは

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「完全に嫌われた…」

そう感じると、復縁を諦めなければならないと感じてしまいますし、彼から素っ気ない態度を取られるのが怖くなりますよね。

ただ、今は嫌われた状態であっても、あなたの行動次第で挽回することはできますし、もう一度彼に振り向いてもらうことも可能です。

そこで今回は、完全に嫌われた状態からの復縁方法と、彼と接する際の注意点を合わせてご紹介していきます。

嫌われた原因から対処法を考える!

嫌われた原因から対処法を考える!

まず、復縁を叶えるための対処法を考えられるよう、完全に嫌われた原因を考えていきましょう。

嫌がる行動をされた

嫌がる行動をされた、ということがあります。

例えば、彼は人前でイチャイチャするのが嫌いなタイプで、あなたは人前でもくっついていたいタイプだったとします。

その場合、彼が嫌がっているのを分かりつつも、「付き合ってるんだからいいじゃん」とくっついてしまうと、彼の中でどんどん不満が溜まってしまいますよね。

人によって価値観は違います

ですので、このように自分の中では気にならないことでも、いつの間にか相手に嫌われてしまっている、ということがあるのです。

一時的な感情

一時的な感情として、完全に嫌われた場合もあります。

誰かと大ゲンカをした時というのは、相手に対して怒りがこみ上げてきていて、「もう大嫌い」などと思いますよね。

しかし、喧嘩が終わって一人になり、冷静に考えてみると「私も悪かったな」と思えるようになったり、怒りの感情は和らいでいるはずです。

このように、人は一時的な感情から相手に気持ちを伝えてしまうことがありますが、多くの場合その感情は持続せず、時間とともに薄れていきます。

裏切られたことによるショックが強い

中には、完全に嫌いになったというよりも、あなたに裏切られたことのショックを強く感じている場合があります。

多くのケースはあなたが浮気をしたことが原因で、別れてしまった場合です。

この場合、「恋人に裏切られた」というショックもありますし、男としてのプライドも傷ついてしまいます

そのため、ダブルで受けたショックからあなたに対して怒りの感情を感じるようになり、冷たい態度を取るようになるのです。

嫌いというより呆れている

嫌いというより、呆れているというケースも考えられます。

例えば、彼があなたに対して何度も指摘していたことがあった場合、それがいつになっても改善されないと、彼は呆れてしまいます。

それまでは変わって欲しくて優しくしていたものの、変わらないあなたを見て「もう何を言っても無駄だ」と呆れてしまうのです。

どうしても好きな人には、「ちょっとくらい許してくれるだろう」と甘えてしまうものですが、その甘さが原因で彼の心が離れてしまうことがあります。

前に進んで欲しい

場合によっては、前に進んで欲しいという理由もあります。

別れた後、まだあなたが彼のことを好きだということを伝えていた場合、彼の中では「これ以上傷つけたくない」という気持ちが働くものです。

そのため、自分のことが嫌いになってでも前に進んでもらうために、敢えてあなたのことを嫌っているような態度を取ることがあります。

別れてからも連絡が取れていたのに急に取れなくなったり、突然彼の態度が変わったという場合は、この理由が可能性として高いでしょう。

嫌われていても復縁はできます

嫌われていても復縁はできます元彼から嫌われてしまったら、もう復縁は絶望的だと考えてしまっていませんか?

しかし、人の気持ちは時間と共に変化しますから、今あなたを嫌っている元彼の気持ちも、あなたの振る舞い次第で徐々に変化していきます。

人は「嫌い」という感情を、自分の全く関心ないものに対しては抱きません。

その上では、「嫌い」と「好き」という感情は表裏一体であり、ちょっとしたきっかけでひっくり返る可能性を秘めています。

本当に復縁ができないのは、元彼から完全に忘れられ、無関心になられた時だと思ってください。

完全に嫌われた彼との復縁を叶える方法

完全に嫌われた彼との復縁を叶える方法

次に、完全に嫌われた彼との復縁を叶える方法をご紹介します。

冷却期間を取る

まず、冷却期間を取るようにしましょう。

完全に嫌われた場合、彼の中であなたに対しての不満や嫌悪感が強くなっている状態です。

彼はあなたとの関わりをなくしたいと考えているため、すぐに連絡を取ろうとすると逆効果になってしまいます。

ただ、怒りの感情というのは長続きしないため、距離を置くことで少しずつ彼の気持ちが和らいでいきます

そのためにも一度冷却期間を置き、彼との接触は避けるようにしましょう。

嫌われた原因を改善する

次に、嫌われた原因を改善することも大切です。

上記でいくつか挙げましたが、彼から完全に嫌われた原因というのは、その人の状況によって様々なことが考えられます。

原因によって対処法は違ってくるため、なぜ彼から完全に嫌われたのか、その理由を明確にするようにしましょう。

その上で、原因を改善するための努力をし、彼が前向きに復縁を考えられる環境を作ることが大切です。

外見も内面も変化をつくる

外見も内面も変化をつくる、ということも一つの方法です。

完全に嫌われている場合、彼の中ではあなたに対して「こういう女性だ」というイメージが固まってしまっています。

そのイメージが悪いままだと、なかなかアプローチを素直に受け取ってもらえず、響かない場合が多いです。

反対に、悪いイメージを払拭することができれば、その後のアプローチが響きやすくなります。

まずは、自分磨きをして「変化」をつくるようにしていきましょう。

友達としての関係を築く

冷却期間が終わった後、すぐに元彼と恋愛関係になろうと思わず、まずは友達としての関係を築きましょう。

男性の目線に立って、考えてみてください。

感情が「嫌い」にまで至った相手と、もう一度付き合おうと思うには、女性としての魅力ではなく、まず人間として信頼できるかどうかを確認したいはずです。

未練を見せず友達として彼の相談に乗ったり、楽しい時間を共有することで、あなたが自分に害のない、良い人間であることを元彼も認めてくれるでしょう。

反省・改善を行動で示す

反省や改善したことを行動で示す、ということも意識しましょう。

嫌われた原因があなたにある場合、その原因を反省したうえで、彼に対して行動で示さなければ伝わりません。

言葉だけで「変わったよ」と言っても説得力はありませんし、「復縁したいから言ってるだけだ」と思われてしまうこともあります。

行動で変化を示すと、彼も納得せざるを得ません

彼の中の悪いイメージもプラスになっていくため、アピールは行動で示しましょう。

冷却期間中は徹底的に沈黙しましょう

冷却期間中は徹底的に沈黙しましょう復縁を叶える方法の一つに、冷却期間を取ることをご紹介しましたが、この冷却期間は復縁するために本当に大事なことですから、絶対に実践してください

期間は3ヶ月が目安ですが、元彼のあなたへの嫌悪感が強い場合は半年まで伸ばすことをおすすめします。

そして冷却期間中は、元彼に自分から連絡を取らないだけではなく、SNSの投稿もやめ、彼があなたの存在を全く感じられないようにするのです。

嫌った態度をとった後、あなたの消息が全く分からなくなれば、元彼は「言い過ぎたかな?」「大丈夫かな?」とあなたを気になってくるはずです。

注意!完全に嫌われた彼をさらに呆れさせてしまう行動

注意!完全に嫌われた彼をさらに呆れさせてしまう行動

最後に、完全に嫌われた彼をさらに呆れさせてしまう行動を、3つお伝えしていきます。

何度も同じことを繰り返す

1つめは、何度も同じことを繰り返す、ということです。

完全に嫌われてしまう理由の中にもありましたが、彼に何度注意されても同じことを繰り返してしまうと、一気に呆れられてしまいます。

特に、別れたあとにまた同じことを繰り返してしまうと、「別れても変われないなら、一生同じだな」などと思われてしまうでしょう。

余計に彼に嫌われてしまう原因になるので、彼から指摘されたことはもう二度と繰り返さないよう、注意しましょうね。

自分都合の未練を押し付ける

2つめは、自分都合の未練を押し付ける、ということになります。

ただ未練を伝えるだけではなく、「あなたと別れたら生きていけない」などと、復縁したい理由が自分都合になってしまう伝え方です。

このような伝え方をしてしまうと、あなたのことを嫌っている彼は「そんなの関係ない」「俺の気持ちは無視されてる」と感じます。

そうすると、余計にあなたのことを嫌いになってしまいますし、未練が伝わったことで警戒されてしまい、距離が離れてしまうきっかけにもなります。

彼の悪いところを指摘する

3つめは、彼の悪いところを指摘する、ということが挙げられます。

付き合いが長くなると、彼もあなたに不満があるのと同じくらい、あなたも彼に不満がある場合もあるでしょう。

ただ、その不満を彼に嫌われている状況で伝えてしまうと、彼の中であなたの印象は最悪になってしまいます。

指摘することが正しい、間違っているというのは関係なく、余計に嫌われる原因になるので、現時点で伝えるのはやめましょう。

彼女気分で接する

元彼に対し、付き合っている頃と同じように接していると、彼からより強い拒絶を示されるでしょう。

例えば、元彼があなたの連絡に返事をくれない時に「何してるの?」「忙しい?」と催促するような連絡を取ることなどです。

もし付き合っている彼女なら、このようなメッセージを送っても変ではありませんが、別れているのに彼女気分で、元彼の私生活を詮索するのは距離感を間違えています。

元彼があなたを嫌っている態度をとっている時は、彼女ではないことをわきまえ、適切な距離感で接触しましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

元彼から完全に嫌われた場合、まずは嫌われてしまった原因を考えることが大切です。

そのうえで、冷却期間を取りながら原因を改善することで、彼の気持ちを変えるチャンスはあります!

嫌われたからと言って、復縁の可能性がなくなってしまうわけではないので、今回ご紹介したことを実践してみてくださいね。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です