復縁のきっかけはどっちから作るべき?復縁成功者の意見!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

よりを戻すきっかけは、自分から作るべきか、元彼から何かしてもらえるまで待つか、決めるのは結構難しいですよね。

実際のところ別れた理由や今の二人の関係性によりけりなので、どちらがきっかけを作るのが正しいという答えはないものです。

そこで、この記事では元彼とよりを戻せた女性を対象に「復縁のきっかけはどっちから作った方がいいか?」を調査してきました。

答えのないことだからこそ、いろんな意見を参考にあなたの復縁をどう進めていくかの参考にしてください。

自分からきっかけを作るべき派の意見

自分からきっかけを作るべき派の意見

まず「復縁のきっかけは自分で作るべき」という意見の紹介です。

フった、フラれた、どちらにしても、自分でしたいと思ったのなら自分で行動しよう!というアクティブな考えになります。

待っている時間がもったいない

彼からの連絡がいつか来るのなら頑張ることもできるかもしれませんが、本当に来るかどうかも分からないのが現状ですよね。

当然きっかけを待っている間にも時間は過ぎ、歳は取るし、もしかしたら彼にも新しい出会いがあるかもしれません。

ただ待っているだけでは、その間あなたはずっと彼のことを思って変わらない日々を過ごすことになるでしょう。

心にモヤモヤを残したまま何にも変化のない日々を過ごすより、何か変わるかもしれないと行動を起こすことで、時間を有効に活かせるはずです。

先に謝っておいた方がいいと思った

別れ際に彼を傷つけるようなことを言ったり、怒らせるようなことをしてしまった場合、まず謝りたいと思うことでしょう。

しかし正式に別れが成立してしまうと、きちんと謝るチャンスも無くなってしまいます

そうなる前にきちんと謝ろうとした連絡から、前のようにやりとりができるようになったというケースもあるのです。

また、自分から謝ろうとする姿勢に真剣味を感じ、彼の印象がよくなることもあります。

自分から連絡しないと「昔の女」になるだけ

男性は恋愛においては「名前をつけて保存」と言われるように、付き合った女性のことはそれぞれ覚えていると言います。

ところが、忘れられることはなくても「昔の女」に格下げされてしまうことは間違いありません。

彼にとって「過去の女」になってしまう前に事態を改善した方がいいと思うのなら、自分からきっかけを作った方が良いでしょう。

彼の誤解を解く必要がある

「お前浮気してただろ!」とか「俺のこと本当に好きじゃないんだろ!?」と、ありもしない話を誤解されてしまっている場合もあるかもしれません。

そういった時に仲直りするためには、当然その誤解を解く必要があります。

しかし、彼が誤解したままなら当然彼から連絡が来ることもないでしょう。

ですから自分から会いに行ったり、連絡を取ることで誤解を解くチャンスを作るのです。

何もしないで諦めるなら、やってみて失敗した方がいい

『人事を尽くして天命を待つ』ということわざのように「自分の全力を尽くして、運命に任せる!」という意見ですね。

恋愛に限らず、何かをしてもらうのを待ち続けるだけではなく、自分の道は自分で切り開くことも時には必要です。

もし失敗することになっても、それが自分の全力だったのなら受け入れられるもの。

「あの時もっとこうしていれば良かった」と思わされることのないよう、悔いのないように行動を起こすことも考えてみましょう。

自分から何かをしなければ、何も変わらないと思った

あなたから何かをしないと、元カレの方も連絡するきっかけが取れずにすれ違ってしまうこともあります。

特に元彼が受身な人だったり、頑固な人だった場合。

あなたから彼に手を差し伸べる要領で、二人の関係改善を目指すのも悪くありません。

ちょうど連絡できるチャンスがあれば使うべき

お正月、元カレの誕生日、部屋に残された彼の私物が見つかった場合などは、彼に自然に連絡できるチャンスです。

そんなチャンスがあった時に行動するかしないかも、復縁が叶うかどうかの大切なターニングポイントになります。

不自然さがなくあなたからアクションを起こせるチャンスがあったのなら、活かしてみても良いのではないでしょうか。

彼からのきっかけを待つべき派の意見

彼からのきっかけを待つべき派の意見

今度は自分からではなく、元カレからきっかけを作ってくれるのを待つという意見のご紹介です。

彼の気が済むまで一人にさせておいた方がいい

彼を怒らせたり失望させての別れなら、自分から何かをするより、自然と彼の気持ちが落ち着くのを待つという考えです。

元カレは元カレなりに、あなたとの先をいろいろ考えた上で「これ以上一緒にいられない」と判断したのでしょう。

それを無視して自分の思う通りに関わろうとするのは、彼にとって決して気分の良いことではないはず。

「別れたいって俺の気持ちは無視?」「これじゃ付き合ってる時と変わらない」と余計に彼を失望させてしまうかもしれません。

自分にも冷静になる時間が必要だと思う

あとになって「あの時はどうかしてた・・・」と思うことってありますよね。

こんな風に、感情的になっている時やパニックになっている時は、自分では普通と思っていてもその瞬間は分からないものです。

落ち着いてきて初めて導き出せる答えもあります。

ですからまずは一度、自分自身を冷静にするために彼には何もしないというのも一つの手でしょう。

これ以上何かすれば縁が完全に切れると思った

元カレに「重い」と言われたときや、「もう連絡しないで」などと言われている時は、あなたから何かをすることで関係が悪化する可能性があります。

これ以上状況を悪くしないためにも、しばらく大人しくしておくという判断も必要になることもあるでしょう。

彼が嫌がりそうなことをしたくない

「私から連絡をすると彼を困らせちゃうかも」と彼のことを第一に考える人は、割と待つタイプでいることが多いようです。

特に、大喧嘩をした、彼を叩いてしまったなど、別れ際の印象がかなり悪いのなら要注意。

あなたからの連絡は彼を必要以上に戸惑わせてしまうかもしれません。

本当に運命の彼なら、何もしなくてもまた巡り合えるはず

彼が運命の人かどうかをまさしく運命に任せているという意見とも言えますね。

なんともロマンチックな考え方ですが、確かに彼の方にも未練があるのなら連絡をしてきますから、実は理にかなっています。

ただ、男の人には頑固な人も多いです。

もし彼に未練があったとしても、なかなか連絡する気になれず1年くらい経っていきなり連絡が来るというケースもあります。

まとめ

まとめ

自分からきっかけを作る場合、自分から率先してきっかけを作る場合、するべきことや注意点は多いです。

ですがその分、自分の思う通りに復縁が進められるので、復縁までの時間が短く済んだり不安ごとが少なくなるでしょう。

逆に彼からのきっかけを待つ場合、基本的には受け身になるため、彼が何か行動を起こしてくれるまで時間が必要になります。

しかし、元彼の気の向いた時にコミュニケーションが取れるため優しく接してくれやすく、彼を余計に怒らせたり、印象が悪くなるようなこともほぼ起こらないでしょう。

あなたは彼とどんな風に接したいか、自分にはどちらが上手にできそうかを考え、あなたに合った復縁の進め方を選びましょう。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です