【心理学】「引き寄せの法則」で元カレとの復縁できる自分になる

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「引き寄せの法則」という言葉を知っていますか?

人は望んだり思い描いたことを自ら引き寄せているという考え方です。

この引き寄せの法則は復縁にも適用できます。

元カレとヨリを戻したいのならば、復縁に近づく考え方=引き寄せの法則を身につけた上でアプローチすることで成功率を上げることができます。

この記事では引き寄せの法則の概念と実行する方法について説明していきます。

「なんか胡散臭い…」と思う方もいるかもしれませんが、心理学的に効果のある方法を厳選してお伝えしていきますので、誰しもにとって1度試してみる価値ありです。

引き寄せの法則とは

引き寄せの法則とは

引き寄せの法則とは「強く願っただけで結果を引き寄せる法則」、と簡単には説明できます。

しかし、難しいのは「〜したい」「〜を望んでいる」と意識していても、無意識の部分では望んでいないという状態が多々あるということです。

人が認識している自分の意識とは実は1~3%しかなく、自分では意識できない無意識の部分が97~99%だと言われています。

例えば「泣きたくないのに泣いちゃう」という状況は、意識では「泣きたくない」と思っていても無意識では「泣きたい」と思っている状況です。

もっと突き詰めると無意識の部分に「ストレスを発散したい」や「相手を支配したい」などの本当の欲求があるのです。

この本当の欲求を実現させようとする人間の脳の力は凄まじく強いです。

[aside type=”normal”]無意識で望んでいることを認識することで、人間の願いを実現する力を最大限に発揮させるというのが引き寄せの法則なのです。[/aside]

引き寄せの法則はコーチング

引き寄せの法則はコーチング

コーチングとは、他人の話を聞いたり、質問することを通して、相手の自己実現や成功を支援する技術のことを言います。

コーチングを受けた人は、自らが無意識に考え、無意識に行動していたことを意識することができ、またその情報をポジティブに活かすことで、自分の力を最大限に発揮できるようになります。

引き寄せの法則を使うことは、自らが自分のコーチングをするというイメージです。

ですので、自分自身と対話することがメインになってきます。

復縁を引き寄せるには

復縁を引き寄せるには

引き寄せの法則を用いて復縁を成功させるには、具体的に何をしたらいいのか気になりますよね。

これから具体的な方法を紹介して行きますので、ぜひ実践してみてください。

復縁したい理由を突き詰める

元カレと復縁したいというあなたの意識の裏には本当の欲求があるはずです。

復縁したいのはなぜか、を突き詰めて考えてください。

もし元カレと復縁したい理由が「寂しいから」の場合、あなたの心から寂しさ取り除く行動をすれば、元カレと復縁する必要はありません。

自分の中で元カレでなければならない理由が見つからない場合は、あなたは本当に元カレと復縁したいわけではないのです。

残念ながらあなたが本当に元カレと復縁したいと願っている場合しか、復縁を引き寄せることは出来ません。

[aside type=”normal”]復縁したい理由が「元カレを幸せにしたい」「元カレにもっと○○してあげたい」など元カレへの愛情からくるものであれば、これを意識することによって復縁の成功率がグッと上がります。[/aside]

理想の自分をイメージする

理想の自分を強くイメージすることでイメージした状態へ引き寄せることができます。

しかし、復縁を成功させたい場合「元カレと復縁している自分」をイメージするだけではダメです。

元カレと復縁することは結果ですが、結果は本当の欲求ではないからです。

元カレに対してどのように接している自分が理想ですか?

何をしてあげて、何をしてもらいたいのですか?

心の中にある本当の欲求を書き出して自覚し、欲求が叶えられた自分をイメージしてみてください。

引き寄せの法則でしてはいけないこと

引き寄せの法則でしてはいけないこと

上で書いたように無意識的な本当の欲求と意識的な欲求を一致させれば、欲求が叶えられる方向へ引き寄せられます。

しかし、引き寄せの法則を妨げる行為をしてしまうと、引き寄せの法則は上手く働きません。

引き寄せの法則を阻害する行為は以下ですので、陥らないよう注意してください。

相手の気持ちを思い込む

「イメージだけで実現する」という言葉を盲信するのはとても危険です。

強くイメージするのはあくまで「自分の状態」であるべきで、他人のことをイメージしても現実を引き寄せることは出来ません。

人間の脳は現実とイメージを厳密に区別できないのです。

「元カレも復縁したがっている」とイメージしすぎるとあなたの脳は元カレも復縁したいのだと思い込み、実際の元カレの気持ちを無視した行動をとってしまいます。

相手の気持ちを無視してストーカー化する人は、相手の気持ちを勝手に思い込んでいるのです。

ネガティブ思考

人は強くイメージした状態へ引き寄せられると書きましたが、ネガティブなイメージが強い時は、ネガティブな状態へ無意識に引き寄せられてしまいます。

脳はイメージと現実を区別できないので、現実を良くするにはいいイメージが不可欠なのです。

無意識に抱いているネガティブを捨てるテクニックを使を紹介しますので、復縁を妨げる心の中のネガティブを取り除きましょう。

上手くいかないかもという不安は無意味

「元カレに嫌われるかも」と不安に思うことほど無駄なことはありません。

そもそも誰しもが明日死ぬかもしれない、病気になるかもしれない、仕事を失うかもしれない可能性を抱えて生きていますよね。

不安の要素というのは無限にあり、不安に目を向け出すと永遠にポジティブにはなれません。

不安の方向ではなく、どうしたら元カレに好かれるか、自分がどうしたいかだけに目を向けてください。

無意識でポジティブな思考をするようになるまで、繰り返し意識的にどうしたいかを考えてください。

自分の長所を書き出す

自分で自分の好きなところや良いところを書き出してください。

それから、自分が楽しいと思う時間や好きだと思うことなど、ポジティブな感情が持てる要素を書いてください。

自分は魅力的なのだと自覚し脳に叩き込むことによって、より一層魅力的に振る舞うことができるのです。

別れはより良い自分になれるヒント

そもそも、元カレと別れてしまった、というネガティブな出来事が復縁に対するネガティブ思考の根源であることが多いです。

しかし、別れを通して得たプラスのものは必ずあるはずです。

例えば、もし元カレがあなたの“何か”に愛想をつかしたのだとしたら、“何か”を克服するきっかけになります。

また、元カレとなぜ復縁したいのか考えることで、元カレの存在の大切さを自覚できます。

このように、元カレとの別れをいい方向に考える努力をしてください。

意識的にこう考えることで、無意識で勝手に生み出していたネガティブ感情を止めることができます。

まとめ

まとめ

引き寄せの法則を働かせ、復縁を引き寄せるには

  • 何故元カレと復縁したいのか本当の欲求を認識する
  • 結果ではなく心が求める自分の理想の状態をイメージする
  • 復縁に関するネガティブな感情を捨てる

ことが重要です。

このどれも、自分自身と真剣に向き合わなければ出来ません。

復縁へ向けて、元カレへアプローチする前にまず自分の心とじっくり対話してくださいね。

引き寄せの法則で、あなたが心から望む未来が手に入るはずです。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です