自分から振ったけど復縁したい…後悔したら行動しましょう

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

自分から別れを切り出したにも関わらず、元彼と復縁したいと思ってしまうこともありますよね。

人は失った時に初めて、自分にとって何が大切だったのか気づくものです。

元彼を振ったことを後悔しているなら、ぜひ、彼との仲をやり直しましょう。

自分から振った場合の復縁は、元彼の心のダメージを回復させることと、彼からの信頼を取り戻すことにかかってきます。

この記事では、彼女に振られた男性心理や、振った元彼と復縁する方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

自分から振ったけど復縁したい場合、復縁の成功率は高い

自分から振ったけど復縁したい場合、復縁の成功率は高い

徐々に彼の気持ちが離れていった末に振られるのと違い、こちらから振っている場合、元彼はあなたのことをまだ好きでいる可能性が高いです。

男性には、自分を追ってくる女性より、自分から離れて行く女性を追いたいという性質があるので、振られたからといって一気に心が冷めてしまうことは稀です。

あなたが望めば、振る舞い次第で復縁することが出来るでしょう。

ただ、男性にとって女性から振られることはとても辛く、プライドの傷つく出来事ですので、その傷が癒えるまでは彼はあなたのことを許してはくれないと思ってください。

[aside type=”normal”]復縁の成功率は高くても、「簡単」というわけではです。[/aside]

彼女から振られた男性の心理

彼女から振られた男性心理

まず、元彼があなたに振られてどんな気持ちになっているのかを知ってください。

ここに、彼女から振られた時の男性心理を紹介していきますので、元彼の気持ちを想像してみてくださいね。

プライドが傷ついている

男性は、愛する彼女との別れに傷つくのではなく、振られたということ自体に傷つきます。

一般的に男性は、プライドが高いです。

男性にとっては、彼女より自分が優位な立場に立っていることが重要なのです。

しかし、振られるということは、圧倒的に自分が彼女より劣った立場になることですから、そうなれば男性のプライドはボロボロに傷つきます

元カノを嫌いになろうとしている

自分のプライドを傷つけた相手のことを、ずっと好きでいるなんてそれこそ男のプライドが許せません。

振られた後、まだ彼女が前言撤回する余地がある場合は「俺が悪かった」と縋っていく男性もいますが、本気で別れを告げられた後の男性は、基本的に元カノのことを嫌いになろうとします

破局の後には、「あいつは俺の気持ちを裏切った」と思い込み、元カノへの愛情を憎しみに変えていく期間に入ります。

もし、完全に元彼に嫌われてしまうと、復縁が難しくなるので、復縁したい女性は早いうちに男性の心のケアをするべきです。

人間不信に陥っている

大抵の男性は、「自分が振られるわけがない」と思っています。

例え自分が相手を傷つけても、急に振られることはあり得ない、と彼女に対し絶対の信頼を寄せているのです。

しかし、結果彼女から振られてしまった男性は、再び女性を信用してもまた裏切られるかもしれないと、疑心暗鬼になります。

彼女に振られた後、この理由でしばらく恋愛ができなくなる男性も多いです。

元彼を振ったけど復縁したいなら?振った時と振られた時の復縁方法は違う!

元彼を振ったけど復縁したいなら?振った時と振られた時の復縁方法は違う!

自分から振った元彼と復縁するには、一般的に言われている復縁方法を実践するのではうまくいきません。

自分から振った場合、どう振る舞えば元彼と復縁できるのかをご紹介していきます。

自分から連絡してすぐに謝る

元彼と復縁したいと気づいたら、一刻も早く彼に自分から連絡を取りましょう。

そして、元彼に自分が間違っていたと謝るのです。

この時に「復縁しよう」と持ちかけてはいけません。

ただ、自分の非を認めて謝ることに徹することで、元彼の傷ついた自尊心を癒すことが重要なのです。

もし元彼があなたのことをまだ好きなら、この連絡をきっかけに復縁できるでしょう。

元彼が許してくれない場合、冷却期間を置く

自分から謝っても、元彼にすぐに許して貰えるとは限りません。

元彼の心の傷が深い場合は、あっさり復縁とはいかないので、時間をかけて少しずつ彼の心を取り戻していきましょう。

謝罪の連絡をしても元彼が許してくれない、または返信がこない場合には何度もしつこく連絡するのではなく、3ヶ月を目安に冷却期間を置きます

冷却期間とは、元彼と一切接触を取らない期間のことです。

冷却期間の間に、元彼はあなたの謝罪の言葉を反芻し、次第に許したい気持ちが出てくるはずです。

しばらく友達として会う

元彼への謝罪の後、復縁とならなかった場合は、友達としてでいいからまたあって欲しい、と彼に伝えてください。

あなたが今取るべき姿勢は、再び元彼に信用して貰えるように彼と誠実に向き合うことです。

自分の復縁したい気持ちを元彼に押し付けるのではなくて、元彼が復縁を望むまでは友達として彼を支え、寄り添っていくことを決意してください。

「また信じて貰えるように頑張るね」と元彼に伝えておくと、彼に好印象を与え、早く信頼を取り戻せるはずです。

しばらくは友達として、元彼をイベントや食事に誘ったり、気遣いの連絡を入れましょう。

元彼の話を聞いて、気持ちに寄り添う

振られて間もない元彼は、あなたのことを信用していません。

信用してもらうには、あなたが元彼を大切にしていることをアピールしていかなければなりません。

大切にしているとアピールするには、自分の話ばかりするのではなく、元彼の話の聞き役に回ると良いでしょう。

また、「そうだよね」と元彼の感情に同意するような相槌を心がけ、常に気持ちに寄り添う存在になりましょう。

元彼への対応を今までより丁寧に優しく変えていけば、彼の閉ざしてしまった心を徐々に開いていけるはずです。

駆け引きしない

一般的な復縁テクニックでは、よく「他の男性の存在をほのめかして嫉妬させる」「恋愛以外に打ち込んで元彼を寂しい気持ちにさせる」などのものがありますが、そのように元彼の心に揺さぶりをかける行為はやめておきましょう。

自分から振っている場合、元彼に「もう離れていかない」「信用しても大丈夫」と思わせることが一番大事ですので、彼を不安にさせたり、嫉妬させることをすると逆効果です。

駆け引きは一切せずに、元彼が安心できるよう誠実な振る舞いを心がけてくださいね。

元彼が、あなたはもう自分を裏切らないと確信した時、きっと復縁できるはずです。

あなたから振った場合、自分から「復縁したい」と言ってはいけない

あなたから振った場合、自分から「復縁したい」と言ってはいけない

あなたのタイミングで元彼を振り、傷つけています

更に、あなたのタイミングで復縁したいと元彼に要求すると、彼はあなたに振り回されていると思うでしょう。

復縁したいなら、元彼のタイミングで復縁できるように、彼の心が変わるのを忍耐強く待つしかありません。

幸い、まだ元彼があなたに未練を持っている可能性は高く、彼があなたと復縁したいという気持ちに変わるのはそんなに先ではないかもしれません。

[aside type=”normal”]元彼に「復縁したい」と言わせるまで、彼を振ったことを後悔している気持ち、彼をとても大切に思っている気持ちをさりげない振る舞いからから伝え続けるのです。[/aside]

まとめ

まとめ

自分から元彼を振っている場合、復縁は難しくないですが、振られた時とは復縁方法が変わってきます。

別れた後は冷却期間をとるのではなく、出来るだけすぐに元彼に連絡して謝ってください。

そこで許してもらえなかった場合のみ、冷却期間を置きましょう。

そして、元彼から復縁したいと思って貰えるまでは、友人として接し、駆け引きしない誠実な姿を彼に見せるのです。

元彼はあなたのことをまだ好きかもしれませんが、きっと深くプライドを傷つけられて苦しんでいるので、気持ちに寄り添ってあげてくださいね。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です