復縁を有利にする駆け引きテクニックと駆け引きの注意点!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

復縁を目指す多くの女性は、思うように元彼の心を惹きつけられずに不安を感じています。

元彼を再び夢中にさせることができれば、復縁は決して難しくはありません。

しかし、1度別れたことで、元彼に警戒されてしまっている人もいるでしょう。

そんな状況から彼を夢中にさせるためには、駆け引きのテクニックを使いましょう。

駆け引きは復縁を有利にしてくれる、とても効果的なテクニックです。

ただし、誰でも駆け引きを使えばいいわけではありません。

今回は、あなたの復縁に駆け引きが必要なのかを見極める基準をご紹介します。

また、具体的な駆け引きの仕方やNG例も解説するので、最後までお読みください。

あなたの復縁に駆け引きが必要なのか見極めよう

あなたの復縁に駆け引きが必要なのか見極めよう

冒頭で話したように、駆け引きは誰しもが使うべきテクニックではありません。

状況次第では、駆け引きをせずにストレートにアプローチした方がいいこともあります。

そこで、まず最初に、あなたの復縁は駆け引きをするべきなのかを見極めましょう。

あなたに当てはまる項目を見つけて、駆け引きの必要性を判断してください。

元彼から頻繁に連絡がくる状態

現時点で元彼から頻繁に連絡があるようなら、駆け引きは効果的といえるでしょう。

具体的には1週間のうちに彼から3回以上の連絡が来るなら、駆け引きをするべきです。

元彼の連絡が多いのは、復縁を視野に入れてあなたと接している証拠といえます。

男性はプライドの高い生き物ですので、復縁したくても素直にいえない人も多いです。

この場合、駆け引きのテクニックで彼の気持ちに火をつければ、復縁に繋がるでしょう。

別れて1ヶ月未満の状態

現時点でまだ別れて1ヶ月未満の状態なら、まずは冷却期間を設けることが優先です。

冷却期間は3ヶ月〜6ヶ月の間、元彼との接点を一切立つという方法です。

お互いに冷静な状態を取り戻せれば、復縁を立ち回りやすくすることができます。

冷却期間中は、SNSやLINEなどで、あなたの存在を元彼に見せないでください。

その間、あなたは元彼の理想の女性像を目指して自分磨きを徹底しましょう。

冷却期間を経て、元彼の中であなたの印象がフラットになったら復縁の時期がきます。

そのタイミングで駆け引きをすれば、効果的に作用するはずです。

元彼に新しい彼女がいる状態

現時点で元彼に新しい彼女がいる状態なら、復縁の駆け引きはするべきではありません。

この場合、元彼の恋愛に割って入ったりすると、あなたの印象が悪くなってしまいます。

元彼に彼女がいる以上は、2人の関係が悪くなったタイミングを狙うのがベストです。

そのため、元彼の状況を把握しておく必要があります。

そして、元彼に積極的なアプローチをすることは絶対に避けてください。

元彼と今の彼女の関係が悪くなるタイミングが訪れるまでは、絶対に接点を断つべきです。

焦りや不安に耐えられずに、アプローチをすれば、復縁の可能性は格段に下がるので注意。

逆にしっかりと我慢ができれば、あとで復縁のチャンスは訪れるはずです。

復縁を有利にする駆け引きのテクニック

復縁を有利にする駆け引きのテクニック

あなたの復縁は、駆け引きをするべきか判断はできましたか?

駆け引きの効果が期待できる状態なら、復縁に駆け引きを取り入れましょう。

おさらいになりますが、次の2点に当てはまる人は、駆け引きをするべきではありません。

  • 別れて1ヶ月未満
  • 元彼に新しい彼女がいる

それ以外の人は、駆け引きの効果が期待できる状態です。

元彼の気持ちを再び燃え上がらせるために、駆け引きのテクニックを覚えましょう。

ご紹介するテクニックはすべて誰もが実践できる内容です。

テクニックを知るだけでなく、必ず取り入れて、復縁に役立ててくださいね。

元彼へのLINEは「頻度を減らして短文で送る」のが基本!

元彼と復縁を目指すなら、LINEの頻度は以前よりも減らすようにしてください。

また、LINEの内容自体も簡単なものにして、短文で送る習慣を身につけましょう。

元彼にマメに連絡をしてしまうと、元彼に重い女だと思われるリスクがあるのです。

また、長文でLINEを送ることも同様の理由から、基本的にはNGだと思ってください。

駆け引きで大事なことは、元彼に「手に入りそうで手に入らない」と感じてもらうこと。

元彼の思い通りにならない女性になるつもりで、駆け引きをしましょう。

LINEの頻度と文章量は意識して送るようにしてくださいね。

基本的に電話はしないように!

復縁期間中に、上記で伝えたようなLINEテクニックを使う分には問題ありません。

しかし、元彼に電話をすることは基本的にはNGだと思ってください。

何か用事がある場合は電話をしても構いませんが、話すのは要件だけにしましょう。

だらだらと長時間の電話をするのは、元彼からの印象を悪くするリスクがあるので禁止です。

  • 元彼の共通の知人のことでの相談
  • 元彼が詳しい趣味について質問

上記のような「元彼にしか聞けない内容」での電話なら問題はありません。

ただし、要件を済ませたらすぐに電話を切りましょう。

男性は追いかければ追いかけるほど、女性に対して面倒な印象を抱きがちです。

そういった印象をもたれると、復縁ができる可能性が下がってしまいます。

元彼がもっと話したそうにしていても電話を切った方が、復縁の可能性は高まるでしょう。

復縁願望や恋愛感情は元彼に見せないで!

復縁願望や恋愛感情を自分から元彼に見せないのも、駆け引きのテクニックです。

こちらの未練が元彼に伝わると、恋愛の主導権を彼に渡すことになってしまいます。

こうなると、男性は「元カノは自分の思い通りになる」と考えるようになるのです。

元彼を本気で夢中にさせるためには、元彼に追いかけてもらうことが大切。

こちらの想いは隠したままで、元彼に駆け引きを仕掛けるようにしましょう。

元彼の良い部分を褒める回数を増やす!

恋愛感情や復縁願望は隠しつつ、元彼の良い部分は積極的に褒めてあげましょう。

これは、復縁の駆け引きにおいて重要なポイントになります。

基本的に男性は他人の評価を気にして生きているので、褒められると嬉しいものです。

そして、自分の存在価値を理解してくれる人に対して好感を抱きます。

そこで、恋愛感情を隠し続けて、ただ褒め続けるというテクニックが効いてきます。

こうすることで元彼に「手に入りそうで手に入らない」という感情を植え付けるのです。

ただし、下手に褒めても見破られてしまうので、本当に彼の良い部分を褒めましょう。

成長し続けている姿を見せ続ける

元彼があなたに対して、別れたときから何も成長していないと感じれば復縁はできません。

別れた時点から、今のあなたがどれだけ成長できているかは、復縁のポイントになります。

2人が別れることになったからには、別れの原因は必ずあります。

その原因を改善することを最優先に努力するようにしましょう。

また、それ以外にも、元彼の好みの女性像を研究して自分磨きを徹底することも重要です。

どんどん成長し続けて、魅力が増していく姿を見せれば、復縁の可能性は高いです。

復縁に逆効果な駆け引きのNGパターン

復縁に逆効果な駆け引きのNGパターン

復縁の駆け引きに必要なことは、把握していただけたでしょうか。

続いて、逆に復縁を難しくしてしまう、駆け引きのNGパターンもご紹介します。

ここでご紹介するパターンは真似しないように注意してくださいね。

他の男性の存在を匂わせる駆け引きはNG

あなたの周囲に他の男性がいるような印象を与える駆け引きはNGです。

元彼に「男なら誰でもいいのかよ」と思わせてしまうと、復縁が難しくなります。

特に「元彼で寂しさを埋めようとしている」と思われるのが最悪のケース。

そうなると、元彼の嫌悪感を強めてしまい、以前よりも印象が悪化します。

他の男性の存在を匂わせるような駆け引きは避けるように注意してください。

恋愛に関する話題での駆け引きはNG

復縁を目指している以上、復縁願望を隠していても、元彼の本音は気になりますよね。

しかし、元彼に「気になる人はいないの?」などの質問はしないように注意してください。

恋愛の核心に迫るような質問をすると、あなたの本心が元彼に伝わってしまいます。

言葉で確認をするよりも、元彼の本音を読み取るテクニックを身につけましょう。

元彼の本音は、接しているうちにわかってくるはずです。

いくら駆け引きを頑張っても、ここで元彼に未練が伝われば台無しです。

元彼に対しては「一緒にいて楽しくなる話題」を振っていくようにしましょう。

元彼に「しつこい」と思わせるのはNG

仮に駆け引きが成功して、元彼の気持ちを感じたとしても、焦りは禁物です。

復縁が成功するまでは、今回ご紹介したことを冷静に守り続けてください。

しつこく連絡をしたり、何度も誘ったりすると、復縁は難しくなります。

駆け引きを使って復縁を成功させるポイントは、元彼に追いかけてもらうのが基本です。

復縁がうまくいきかけた時こそ、気が緩んでしまいがちなので、注意してください。

元彼を本気にさせて、元彼に復縁を求められることを目指して駆け引きをしましょう。

まとめ

まとめ

復縁を有利にする駆け引きテクニックと駆け引きの注意点をご紹介しました。

駆け引きを使って復縁を目指すべきかどうかの判断は間違わないようにしましょう。

不要な駆け引きが、かえって復縁を難しくすることもあるので注意してください。

反対に効果的に駆け引きが作用する状態なら、今回の記事を参考にアプローチしましょう。

駆け引きは、追いかけるのではなく、追われるようにすることが大切です。

元彼の方から復縁を求めてもらえるように、今回のテクニックを実践してください。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です