復縁までの期間!大切な4つのポイントと主な別れの原因5つ!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「どうしても元彼を忘れられない」という人にとって復縁までの期間は気になること。

また、どんな条件が揃えば復縁ができるのかも気になりますよね。

一般的に復縁には「冷却期間が必要」とよく言われます。

しかし、冷却期間は長過ぎれば彼が新しい恋をスタートさせてしまうリスクもあります。

反対に冷却期間が短すぎると彼はあなたに対する悪い印象を抱くことも。

そのため、復縁までの期間は復縁に向けた重要なキーワードなのです。

早速、復縁に向けた期間についてみていきましょう!

5つの主な別れの原因を分析して現状を受け止める

5つの主な別れの原因を分析して現状を受け止める

復縁までの期間に関する内容をお話する前に、まずは別れの原因分析が必要です。

あなたが大切な彼と別れることになった原因はどんなものでしたか?

カップルが別れる時には必ず原因があるはず。

その原因を分析し、しっかりと受け入れることで問題を受け入れること。

これが復縁に向けて効果的に歩み出すための第一歩

まずは主な原因として多いものを参考にして復縁の可能性を考えましょう。

あなたに当てはまる項目がないか確認しながら読み進めてください!

①彼に好きな人ができたことが原因

彼が別の女性を好きになってしまった場合、復縁が難しいと考える人は多いはず。

しかし、冷却期間を設けて適切なアプローチをすれば復縁は十分可能です。

とはいえ、彼が新しい女性に夢中になっている時に無理なアプローチは禁物。

焦りや不安からアプローチをしたくなる気持ちはわかりますが、ここは冷静に。

彼の気持ちを本気で取り戻したいなら、復縁までの期間が長くなることは覚悟しましょう。

冷静さを持って計画的に行動をした方が復縁の可能性は確実に高まります。

②性格や価値観の違いが原因

性格や価値観の違いが原因で別れてしまったカップルは非常に多いものです。

この場合、復縁後のことも想定したアプローチをすることが大切

なぜなら、性格や価値観の不一致という問題点を先に乗り越える必要があるから。

そうしなければ復縁したとしても、また同じ問題から別れることになってしまいます。

この場合も冷却期間を利用して、価値観や性格の違いの問題を改善しましょう。

恋愛・復縁において「お互いのスタイルや考えを尊重する」ということは重要です。

もちろん相手に対する妥協点を設けることも必要になります。

妥協点を受け入れながらも復縁したいと強く思うなら復縁の可能性は高まるでしょう。

③彼の浮気が原因

彼の浮気によってあなたが傷ついて別れを選んだ。

もしくは彼が浮気相手を本命に選んでしまい、あなたを振った。

そのようなケースでの復縁において重要なのは「お互いの信頼関係」です。

もし復縁できたとしても、あなたは元彼をもう1度信頼できるでしょうか?

彼の過去の浮気が不安の種となり、彼を束縛や監視、疑ったりしない覚悟はありますか?

そのような覚悟の上で復縁を目指さなければ、2人にとっても辛い復縁となります。

浮気が原因で別れた場合も、2人が冷静になる期間を設ける必要があるでしょう。

④長年の交際を経て先が見えなくなったことが原因

長期間の交際を経て、彼が結婚を考えてくれなかったことで別れたカップルも多いです。

2人の交際期間が長ければ長いほど、情や思い出も多くなります。

そのため、交際期間が長かった人は彼がいない寂しさを埋めることが難しいでしょう。

また、このケースの復縁の鍵を握っているのは他でもない彼

彼が2人の将来を真剣に考え、将来に向けた意識をしっかり持つかどうかが重要。

もしくは、あなたが彼との将来に関する妥協点を持つようにすることです。

この問題の原因を乗り越えなければ復縁は難しいでしょう。

⑤遠距離恋愛が原因

遠距離恋愛が原因で関係がうまくいかなくなってしまったというカップルも多いです。

この場合、お互いにパーソナルな問題があったわけではないはず。

しかし、すぐに会えない距離での復縁は決して簡単なことではないかもしれません。

付き合っていた頃でさえ2人には心と体の距離ができてしまったのです。

それが復縁となると、さらに難易度が高いように感じる人が多いはずです。

復縁に向けてどう距離を縮めていくのかが非常に大きなポイントになります。

この場合もやはり、復縁までの期間を冷静に見定める必要があるでしょう。

復縁までの期間に関する大切な4つのこと!

復縁までの期間に関する大切な4つのこと!

いよいよ復縁までの期間に関する大切なことをご紹介します。

復縁を成功させるためには、復縁までの期間が重要だと最初にお話しましたね。

そのため、復縁までの期間については4つの項目にわけて解説をしていきます。

それでは早速、復縁までの期間に関するポイントをみていきましょう。

①復縁に成功した人の平均復縁期間は?

復縁に成功した人の平均的な復縁までの期間が気になる人は多いと思います。

一般的には、実際に復縁までに要した期間は1ヶ月〜6ヶ月程度の人が多いとされています。

これには「冷却期間を設けた人が復縁しやすい」という法則が関係しています。

冷却期間を設ける人は別れてから半年程度は、彼との接触を経つ人がほとんど。

こうすることで結果的に復縁の可能性が高まるのです。

この背景が影響しているからこそ平均的な復縁までの期間が上記のようになるのです。

別れた直後の彼へのアピールは逆効果?

男性は別れてからしばらくの期間は、フリーになった開放感を謳歌する人が多いです。

そのため、この期間に彼に復縁をアピールしたところで心に響く可能性は低いと言えます。

それどころか、別れて間もない期間にしつこくすることは嫌われる原因になりかねません。

しかし、最短で1ヶ月以上何も連絡をしなければ彼も寂しさや人恋しさを感じるもの。

そんなタイミングで元彼からの連絡があれば、彼の心が動く可能性もあるでしょう。

長すぎる冷却期間も問題?

上記で話したように、別れてからはしばらく冷却期間を設けることは非常に効果的。

そして、別れてからすぐの期間のアピールは逆に復縁のリスクを高める可能性があります。

だからといって、長すぎる冷却期間を設けることもリスキーなのです。

冷却期間を長く取りすぎると、失恋の痛みや寂しさが多少は薄れてくるもの。

そうなると、新しい出会いや変化に前向きになっていることも珍しくないのです。

その段階にきてしまうと、復縁のアプローチは響きにくくなります。

復縁のベストな期間は別れてから1ヶ月〜6ヶ月!

結論を先にお伝えすると、復縁のベストな期間は別れてから1ヶ月〜6ヶ月です。

復縁を成功させている人の平均期間をそのまま参考にしましょう。

これまで話したように、別れてから1ヶ月〜6ヶ月の期間を設けるのには理由があります。

  • 復縁を成功させるためには冷却期間が効果的
  • 冷却期間は長すぎても短すぎてもNG
  • だからこそ1ヶ月〜6ヶ月程度の冷却期間がベスト
  • 冷却期間を終えるタイミングは彼が寂しさを感じたタイミング

上記の大切なことを忘れないようにしてください。

その上で、どのタイミングで彼が寂しさを感じるかを見極めることが重要です。

②別れの原因次第で復縁期間は変わる?

復縁までの平均期間やベストな期間については、ご理解いただけたと思います。

しかし、別れの原因や理由次第で復縁までの適切な時間は変わります。

例えば、彼に好きな人ができて別れた場合を想定しましょう。

例)彼に好きな人ができて別れた場合

この場合、彼の中にはそれなりに強い覚悟や気持ちがあって別れを決断したはず。

その上で新しい女性との関係を進めることを選んだのです。

このような状態の彼に復縁を持ちかけても、あなたは「面倒な女性」になってしまいます。

そうなると当然、復縁に対してのあなたの状況は不利になってしまいます。

彼に悪い印象を与えないためにも、このような場合は少なくとも冷却期間が必要です。

その間にSNSや周囲の友達の協力を得て、彼の情報を集めるようにしましょう。

彼が新しい女性とうまくいっていないタイミングがあればチャンスです。

別れの原因によって様々なケースがある!

上記で例を挙げた冷却期間の設け方とその理由はほんの一例です。

このように別れた原因に応じて、設けるべき冷却期間が異なることは覚えておきましょう。

大切なのは、元彼の目線や立場で考えた時に「面倒な存在」にならないこと。

彼にとって、あなたの連絡を自然に受け入れるタイミングを見極めるようにするのが重要。

それを理解しておけば彼の拒否反応を強めてしまうようなことはないでしょう。

③他の恋人との交際期間を経ても復縁できる?

他の恋人を作った彼の気持ちを取り戻し、復縁ができるのか心配な人は多いはず。

しかし、そのような状況から復縁を実際に成功させている人はたくさんいます。

ただし、彼が新しい女性と付き合い始めてから半年程度の間は、復縁を我慢しましょう。

半年程度の期間を我慢することが重要!

半年程度の期間を我慢できれば、彼も新しい彼女との関係が落ち付いてくるはず。

そうすれば、彼も相手の女性に対して不満や悪い部分を感じ始めているものです。

また、元カノであるあなたと新しい彼女を比較してしまう場面も増えるでしょう。

そんな時期を狙って彼に連絡をすれば、復縁の可能性は高まります。

彼からの相談が増えたらチャンスのサイン!

彼があなたに対して友達として相談を持ちかけてくるようであればチャンスです。

そうなれば会えるチャンスも増え、心の距離を縮められる可能性が高まります。

ただし、この時期は絶対に元彼の意見や考えを否定しないように注意。

新しい彼女のことで相談をされたとしても不快な表情を見せないようにしましょう。

ここは以前よりもあなたが変化・成長したことを彼にアピールするチャンス。

あなたが話すよりも聞き役に徹して、彼に居心地の良さを感じさせてあげてください。

そうすれば彼はあなたの魅力を再確認してくれるはずです。

④復縁まで冷却期間を設けずに復縁できる?

上記で話してきたように、復縁は冷却期間を設けることで有利になることが多いです。

ほとんどの場合、復縁に冷却期間を設けるべきですし、それが結果的に復縁に繋がります。

しかし、別れた原因次第では冷却期間を設けずに復縁できるパターンもあるのです。

冷却期間を設けなくていいパターン!

冷却期間を設けなくても復縁成功が見込めるパターンがあります。

それは、感情的なケンカ別れなどの勢いで別れたパターンです。

この場合、2人とも別れた時のモヤモヤが残っていることが非常に多いです。

冷静に話し合えば理解しあえることも、時間を置くと溝が深まることもあります。

また、感情的になった勢いで無理に相手を忘れようと新しい相手を探す人もいるでしょう。

そのため、別れることが2人にとって本当にベストな決断なのかを話し合ってください。

もちろん、お互いが冷静に考えて話し合う必要があります。

少なくともあなただけは絶対に冷静さを欠いた態度を取らないようにしてください。

まとめ

まとめ

復縁までの期間に関する大切な4ポイントと、主な別れの原因5つをご紹介しました。

復縁までの期間は破局の原因、その後の気持ちや行動によって大きく変わります。

そして、少なくともほとんどのケースでは冷却期間が必要なことが多いです。

ただし、状況に応じて期間を設けずにすぐに行動をした方がいいパターンもお話しました。

復縁をしたいと考えている時は焦ってアプローチをしてしまいがち。

しかし、冷静に考え、計画的に行動をした方が復縁の可能性は確実に高まります。

まずはあなたの気持ちを整理し、冷静に受け止めましょう。

その上で常に相手の気持ちを想像しながらベストな選択をしていくことが大切です。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です