遠距離恋愛の復縁を成功させる!冷却期間の18の秘密

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

元彼とよりを戻したい!と考えたときに、まず必要だと思うのが冷却期間ではないでしょうか。

連絡しない期間を取ることでお互い冷静になり、彼の気持ちが変わるチャンスを狙うことができます。

しかし、別れてなお距離を取ることで完全に縁が切れるかもしれないのが遠距離の関係の一番の問題点です。

「彼に完全に忘れられてしまうのは怖い」と悩む女性のために、遠距離の復縁で冷却期間が有効かどうかをまとめました。

さらに、冷却期間を含め、遠距離のカップルが復縁するために必要な18の秘密をご紹介します。

遠距離の復縁に冷却期間は必要?

遠距離の復縁に冷却期間は必要?

まずは、遠距離恋愛の復縁に冷却期間が必要なのかどうかをチェックしましょう。

簡単に会えない、ちょっとしたデートにもお金がかかる遠距離恋愛は普通の恋愛とはちょっと違う性質があります。

普通の恋愛ではかなり復縁に効果があると言われる冷却期間ですが、遠距離恋愛ではどうなのでしょうか。

1:冷却期間、実は100%必要ではない!

遠距離恋愛の場合、別れてから冷却期間を取ってしまうと、

  • 知らない間に連絡先を変更される
  • 知らない間に連絡先をブロックされる

という、取り返しのつかない事態になる可能性があります。

普通なら直接会ってどうにかなることでも、なかなか会えない関係だと連絡手段がなくなるのは致命的です。

ですから、必ずしも別れた後に冷却期間を取る必要はなく、むしろ連絡しておいた方が復縁しやすいケースもあります

2:冷却期間が必要なケース

冷却期間が必要なのは、元彼があなたに対して怒っている場合です。

例えば彼が何かを誤解していて、自分から連絡をしてその誤解を解きたいという時もあるかもしれません。

しかし彼が怒っている状態では、どんなに可愛らしく連絡してもそれすらイラつかせてしまいます。

3:冷却期間が必要ないケース

冷却期間が必要ないのは、彼が怒っていない場合と、円満に別れた場合、そして彼が別れても優しくしてくれる場合です。

簡単にいえば、二人の別れにわだかまりが残っていなければ冷却期間を取る必要はありません

彼の方から連絡してくれるのならどんどん返事をすべきですし、しつこくならない程度にあなたからも連絡しましょう。

4:冷却期間を”取ってはいけない”ケース

実は遠距離恋愛の復縁には、絶対に冷却期間を取ってはいけないという珍しいケースもあります。

それは、元彼が「君を幸せにしてあげられない」といったはっきりしない理由で身を引こうとしている時です。

「なかなか会えないから」とか「寂しくさせてしまっているから」といったように、あなたが幸せであれば解決するような問題なら別れる必要すらないはず。

こんな風に、彼があなたの幸せのために一人不幸になろうとしているのなら、それを引き止めることが必要です。

彼が頑なでとりあえず別れを受け入れはしても、その後はしっかり連絡を取って元彼を安心させましょう。

冷却期間の期間の決め方

冷却期間の期間の決め方

もし彼との復縁のために冷却期間を取る!と決めても「いつまで連絡しちゃいけないんだろう?」と思いますよね。

その冷却期間の決め方にも、これからご紹介するような決め方の秘密があります。

5:別れてからの彼の態度で決める

冷却期間を取った方がいいケースとして「彼が怒っている」ことが条件になるのは既にご紹介した通りです。

より具体的な態度として、連絡をしてもほとんど無視されたり「連絡してこないで」とはっきり言われている場合、最低でも1〜2ヶ月以上の冷却期間が目安となります。

連絡をしたらぶっきらぼうでもとりあえず返事をくれるなら、1ヶ月程度の冷却期間があれば十分です。

もともと彼が感情的で、怒ったことをすぐ忘れる人なら1週間くらいの冷却期間をとって連絡してみましょう。

6:別れた原因で決める

例えば彼を裏切ったり、ひどく傷つけるようなことが原因で別れたのなら、彼の心が癒えるまでの時間が必要です。

癒え具合は彼自身にしか分からないので、まずは3週間ほど時間をおき、軽い連絡をして反応をみて、必要ならまた3週間ほど時間をおく・・・と繰り返しましょう。

他にも、価値観が違う、性格が合わないなど、彼がじっくり考えた末に別れたのなら、たとえ彼に未練があったとしても気軽に返事はしにくいはずです。

1ヶ月〜1ヶ月半ほどは放っておきましょう。

こんな風に、別れた原因から彼の心理状況を予測しつつ臨機応変に冷却期間を決めることも大切です。

7:二人の関係性で決める

長く付き合っていてもう家族のような間柄になっていた彼なら、あえて長く時間を取ることで彼から連絡を貰えるチャンスを作れます。

家族のような信頼があった彼なら、よほどヒドい別れ方じゃなければ簡単に連絡できなくなる状況にはなりません。

逆に、まだ付き合いが短くてお互いのことをよく知っていないのなら、冷却期間はまず2〜3週間くらいが目安です。

まだ信頼が弱いと、別れてすぐに連絡しすぎることでブロックされることもあるので気をつけましょう。

もし冷却期間を取るのなら、これをしておけばOK!

もし冷却期間を取るのなら、これをしておけばOK!

せっかく冷却期間を取ると決めたのなら、復縁につながるような冷却期間の過ごし方を送りましょう。

8:別れた原因を改善する

あなたに別れた原因があるのならそれを改善するのはもちろんのこと、彼に原因がある場合でもあなたに改善できるところがあれば努力してみましょう。

例えば「価値観が違う」と言われたのなら、人の価値観を認められるような心の余裕を持つことも大事です。

彼に別れ際に言われたことや、自分で振り返って「良くなかったな」と思うところを意識して改善を目指しましょう。

9:見た目を磨こう

綺麗な女性、可愛い女性、見た目が好みな女性には悪い印象を持たれず、彼をもう一度振り向かせるきっかけになります。

どんどん女を磨いていきましょう。

スキンケアやヘアケア、ヨガなどで手間をかけた顔や体は、何もしていないものよりずっと綺麗で魅力的です。

10:会話のネタ集め

遠距離では、電話やLINEなどの連絡が大切なコミュニケーションツールです。

そのコミュニケーションを充実させるために大事なのが、彼が楽しめるようなネタを用意しておくこと。

彼の趣味や好きなことをはじめ、興味がありそうな話題はばっちりチェックしておきましょう。

11:会いにいくための資金づくり

元彼と少しずつでも距離が縮まってきたら、やっぱり一度くらいは会っておきたいですよね。

ただ、どうしても遠距離だとそれなりにお金も時間も必要になってしまいます。

もし急なチャンスが訪れた時や、一気によりを戻せそうな雰囲気になったときに会いに行きやすいよう、資金づくりも大切です。

バイトやお仕事は、元彼がみていない時でもしっかり頑張りましょう。

12:元カレを「ハッ」とさせるための準備

よりを戻すためには、ただ綺麗になったり悪いところを直すだけじゃ心許ないです。

思わず元彼が「おっ?」「前と違うな?」と思うような意外性を身につけて、興味を引きつけることもポイントになります。

付き合っていたときに彼に話したことのある憧れの資格を取ったり、思いっきりイメージチェンジをしても良いでしょう。

13:離れていても一緒にできることをする

もし元彼と気軽に連絡しあえるような関係に慣れているのなら、ただ連絡するだけじゃなくて、一緒にできることもしましょう。

例えば、LINEなどの無料通話をしながら同じ映画を見たり、同じゲームをするのです。

時間や楽しいことを共有するのはカップルならではの楽しみ。

別れた今だからこそこういった時間を大事にして、もう一度彼に「一緒にいると楽しい」と思ってもらいましょう。

14:意外と馬鹿にできない神頼み

遠距離恋愛の人にとって、なかなか直接的なアプローチがしにくいのが悩みの種だと思います。

冷却期間をとって連絡すら我慢しなきゃいけない状況では、神頼みをすることも試してみましょう。

ご利益が期待できそうな人気の神社、復縁アクセサリーなど、気になったものがあったらお参りをしたり購入するのも悪くありません。

実はこういった神頼み的なものは、そのご利益が期待できるのはもちろんのこと「こんなにお金をかけたんだからがんばらなきゃ」とやる気を高める心理効果もあるのです。

15:彼との思い出を見直してみて

LINEのやり取りや彼と撮った写真などを改めて見返してみると「やっぱり彼のこと大好きだな」とモチベーションが上がります。

また「本当は、私のこういうところも嫌だったのかも・・・」といった新しい発見もあるものです。

こういった再発見は、「自分から指摘しないでも気づいてくれた」という彼の評価にもつながります。

16:恋愛映画や感動もののドラマで涙を流そう

涙を流すと心がスッキリして、彼のことでモヤモヤする気持ちも落ち着くようになります。

さらに改めて彼の大切さに気づけたり、二人でいることの幸せを再確認することにもつながるでしょう。

恋愛映画でも復縁のシーンがあるのなら、そのシーンを参考にアプローチするという手もあります。

17:積極的に元彼以外の人と交流を持って

遠距離では元彼の目が届きにくいという利点もあり、あまり周りの目を気にせず自由に過ごすことができます。

彼にバレる心配もないので、男性を含めいろんな人との交流も大事にしましょう。

もちろん恋愛目的じゃなく、復縁のために男性心理を勉強したり、男友達から「男ならでは」の意見を聞くいいチャンスだからです。

18:部屋を綺麗にしよう

『部屋の汚れは心の汚れ』と言われるくらい、部屋の様子と心には深いつながりがあります。

もし彼のことで思い悩んでしまったり、どうしてもネガティブさ、不安さが消えないのなら、部屋を掃除したり模様替えをしてみましょう。

もう一度彼を部屋に呼ぶときを想像するのも良いですね。

風水なども考えながら部屋をアレンジしてみると、恋愛運も上がって復縁のチャンスも訪れるはずです。

まとめ

まとめ

遠距離恋愛での復縁で冷却期間は必ずしも必要ではありませんが、冷却期間を取る条件や期間の決め方に少し知識が必要なようです。

またせっかくの冷却期間だからこそ、その時間をどう過ごすかが復縁の成功率にも大いに関わってきます。

距離に負けないくらい好きでいられる彼だからこそ、貴重な時間は復縁に繋がるよう使いましょう。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です