復縁の意味って?よりを戻すことのメリットとデメリット

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「復縁」という言葉。

一度は耳にしたことがあると思いますし、普段何気なく使っていたりしますよね。

ですが、その定義を聞かれると、いまいちよくわからなかったり、曖昧な部分があると思います。

そこで今回は、復縁の定義をおさらいしていきましょう!

また併せて復縁をすることで生じる意味について、メリットとデメリットをそれぞれ詳しく解説していきます。

復縁ってどういう意味?定義を見てみよう

復縁ってどういう意味?定義を見てみよう

まずは、「復縁」という言葉の定義から見ていきましょう。

もともとの定義は法的なこと

もともとの意味は、法的に切れてしまった縁を、再び法的に結ぶ、ということです。

例えば離婚してしまった元夫婦が再婚したり。

離縁してしまった養子縁関係を、もう一度結び直したり。

このように、法的に切れてしまった、あるいは切ってしまった縁を結び直すことが、もともとの復縁という意味になっています。

ただ近年では法的なことは含まれずとも、「復縁」と言うケースが増えてきています。

恋愛における意味は別れたカップルが再び交際

恋愛における意味合いは、「別れたカップルが再び交際をすること」となります。

お互いに恋人として認識していて交際関係に二人が別れたあと、なんらかの理由でよりを戻すということです。

この場合、全ての恋人関係のことを指します。

そのため、普通のカップルだけではなく、不倫関係にあるカップルもよりを戻すことを、「復縁」と言います。

復縁することで生じる意味|5つのメリット

復縁することで生じる意味!5つのメリット

次に、復縁することで生じる意味合いについてご紹介します。

まずは復縁することのメリットからみていきましょう。

二人の絆が深まる

一度別れを経験することにより、「もう元には戻れない」と感じるでしょう。

別れている期間はお互いに後悔をしたり、喪失感や孤独感を感じるものです。

そうした感情を経て復縁をすることで、いかに相手が自分にとって大切か、実感するようになります。

別れていた時のことを思い出し、「もうあんな思いはしたくない」と感じて絆が深まるのです。

お互いの良さに改めて気付ける

たとえばあなたに兄弟がいるとして、友人から「お兄さん格好いい」と言われても、ピンと来なかったりしますよね。

それは、近い存在にいる人のことは、客観的に見ることが難しいためです。

そのため付き合っているときは相手の存在が近すぎて、良いところも悪いところも見えなくなってしまうもの。

だからこそ、一度別れることで相手を客観的に見るようになり、見えなくなっていた相手の良さに改めて気付くことができるのです。

自分を見つめ直すことができる

どんな理由で別れたとしても、別れた後は付き合っていた頃のことを思い出す機会が多いでしょう。

「もっとあぁすればよかった」

「もっとこう言えばよかった」

などと、後悔することも多いと思います。

そんな後悔が自分を見つめ直すきっかけになり、より魅力的な自分へと成長することができるのです。

一つの経験になる

復縁と聞くと、まだまだ悪い印象を持つ人も多いのが現実です。

ですが、復縁は全く悪いことではありません

むしろ、上記で挙げたように自分が成長するきっかけになったり、相手の良さに気付けたりと、良いこともたくさんあります。

そういったことが自分の経験値となり、考え方が変わったり視野が広がったりするのです。

別れに慎重になる

どんな理由があったにせよ、別れるということは少なからず心に傷を負うものです。

そのため、復縁をしたあとは「もうあんな辛い思いはしたくない」と感じ、別れに対して慎重になります。

それまではちょっとした喧嘩で「別れよう!」と言っていたところを、ぐっと我慢して冷静に対応するようになります。

感情のコントロールができることで、別れのリスクも減るでしょう。

復縁することで生じる意味|3つのデメリット

復縁することで生じる意味!3つのデメリット

続いては、復縁することで生じるデメリットについて、3つご紹介します。

別れることに慣れてしまう

一度復縁を経験すると、別れに対して慎重になる場合と、別れを軽く感じてしまう場合があります。

後者の場合、「今回復縁できたんだから、また別れてもどうせ戻れる」と考えてしまうのです。

そのため、別れに対するハードルが下がり、ちょっとしたことで別れを口にしたり、実際に別れてしまうこともあります。

相手に対する情が強くなる

これは絆が深まるという良い面もあれば、別れを切り出しにくくなるという悪い面もあります。

たとえば復縁した後に相手に対して不満を感じ、別れたくなったとします。

しかし、「せっかく復縁したのに、また別れるなんて」と感じてしまい、なかなか別れを切り出すことができなくなるのです。

そのせいでズルズルと関係を続けてしまい、時間を無駄にしてしまった、という方も少なくありません。

周りから白い目で見られることがある

人間関係というのは、当人同士でしかわからないことが多々あります。

しかし、他人からすると復縁というのは、「別れたのによりを戻すなんて、ただ寂しいだけじゃない?」なとど批判的に見える場合もあるのです。

特に浮気やDV、借金などのトラブルを経て復縁した場合、より周囲の批判は強くなります。

復縁する意味があるかどうか迷った時に考えるべきこと

復縁する意味があるかどうか迷った時に考えるべきこと

最後に、復縁する意味があるかどうか迷ったときに考えるべきことを、お伝えしていきます。

彼の悪いところも受け入れられるかどうか

まずは、彼の悪い所も受け入れられるかどうかを考えましょう。

人の考え方や価値観は、違って当然です。

そのため、どんなに愛していても相手の悪いところが見えたり、不満を抱くものです。

それでもうまくいくカップルというのは、相手の悪いところもちゃんと理解し、受け入れているカップルです。

良いところだけで判断せず、彼の悪いところも理解した上で復縁を考えてみてくださいね。

彼に執着・依存していないかどうか

次に、彼に執着や依存をしていないかどうかを、考えてみてください。

彼に依存している場合、復縁しても良い関係にはなれません。

依存心をぶつけて彼の重荷になったり、あるいは共依存関係になりお互いにとって悪い影響を及ぼすことがあります。

なによりも、依存心があるとあなた自身が苦しい思いをするでしょう。

少しでも彼に依存している自覚がある場合は、復縁しないほうがあなたのためです。

「彼氏」という存在が欲しいだけかどうか

続いては、「彼氏」という存在が欲しいだけかどうか、についてです。

復縁したいと思ったら、それがなぜなのか考えてみてください。

もし彼氏という存在にこだわっているなら、元彼でなくても良いはずです。

ただ寂しいだけで復縁しても、彼への愛情があるわけではないため、満たされることはないでしょう。

別れの原因は改善できたかどうか

別れの原因が改善できたかどうかという点も、判断基準になります。

もし別れの原因が改善している場合、二人の関係はうまくいくでしょう。

ですが改善できていない場合は、また同じことで別れてしまう可能性が高いです。

自分に原因がない場合でも、彼と本音で話し合うことで、改善に努めてみましょう。

まとめ

まとめ

復縁というのは、「縁を繋ぎ直す」という素敵な意味を持ちます。

もし彼との復縁を反対する人がいたら、悪いことだけではない、ということを忘れないでください。

そして自分の気持ちと本心で向き合い、後悔のない選択をしてくださいね!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です