復縁したいサイン?連絡してくる元彼の心理を5パターンで解説

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

別れた元彼から頻繁に連絡があると、あなたとしては「この人一体どういうつもりで連絡してきてるんだろう」と純粋に気になってしまいますよね。

現に、元彼からの連絡をどうとらえていいか分からず困惑してしまう女性はたくさんいます。

別れた相手に連絡してくる元彼の心理、これは復縁を狙っているのでしょうか、それともただ寂しいだけ?

そこで今回は「別れた彼が連絡してくるその心理」について、復縁の可能性と絡めつつ考えていきます。

元彼の心理を理解して復縁につなげていきたいなら

元彼の心理を理解して復縁につなげていきたいなら

まずはじめに、元彼があなたに連絡をしてくるからといって、それが必ずしも「復縁」を狙っているわけではないということを理解しておく必要があります。

あなたが元彼のことを忘れらず、機会をうかがって復縁を迫りたいと考えているのであれば、元彼からの連絡は嬉しいですよね。

こちらとしては彼のことが好きなわけですから当然です。

ここでありがちなのが、「元彼が連絡してくるから、きっと復縁できると思ってアクションを起こしたが上手くいかなかった」というケース。

これは、あなたに連絡をしてくる元彼の心理を正しく理解できていないままに早まった結果、失敗に終わってしまったパターンですね。

あなたから見れば「連絡してくるくらいだからきっとまだ向こうも私のことを想ってくれているはず」と考える気持ちも分かります。ただ現実はそうとは限りません。

大切なのは、「あなたに連絡してくることが元彼のどういう心理のあらわれなのか」をなるべく正確に推測することです。

人の心を正確に知ることはできませんが、推測することなら可能です。

復縁はタイミングがとても大切です。

[aside type=”normal”]本気で元彼と復縁したいと思うなら、元彼の心理を読み間違えて、良くないタイミングでアプローチしてしまうことがないようにしなければならないのです。[/aside]

連絡パターンからみる元彼の心理

連絡パターンからみる元彼の心理

それでは、ここから具体的にあなたの元彼がどのような連絡の取り方をしてくるのか、そしてそれぞれのパターン別に復縁の意思がどの程度あるのかを分析していきます。

きっとあなたの元彼の心理も少しずつみえてくるはずですよ。

パターン①:ほぼ毎日、もしくは2日に1度はメッセージを送ってくる

復縁したいと思っている可能性→高

付き合っていた二人が別れたのにもかかわらず、毎日もしくは2日に1度メッセージをやりとりするなんてことは、至って不自然です。

この場合、彼の方にあなたに対して未練がある可能性がかなり高く、あなたと繋がっていたい、あなたが日々をどう過ごしているのかを知りたいと思っている可能性が高いと考えて間違いないでしょう。

あなたの元彼がこのペースで連絡をしてくるのであれば、メッセージの内容などは特に関係ありません。

仮に短い文章や、おもしろ画像を送ってくるだけでもいいのです。

これほどまめに連絡を送ってくること自体が、好意のあらわれです。

あなたの方も彼と復縁したいと思っているのであれば、あなたの方から行動を起こしてみても良いでしょう。

パターン②:週に1度から2週間に1度のペースで「元気?」

復縁したいと思っている可能性→微妙

この頻度での連絡をしてくる元彼の心理としては、「あなたのことは気になっているけれど、それほどまで気持ちが高まっているわけではない」か、「なんとなく他の男にとられたくないけれど復縁したいかと言われれば分からない」という中途半端なものである可能性が高いです。

本当に気になっていれば、もう少し内容のあるメッセージを送ってくるでしょう。

そしてもう少し頻繁に連絡を取ろうとするのが男性です。

週に1度から2週間に1度という中途半端なペースで、つかず離れずの距離感を保っているというのが正しい見方だと言えるでしょう。

あなたがこの彼と復縁したいと思っているのであれば、少し様子を見て彼の本心をもう少し探ってみる必要があります。行動に出るのはそれからですね。

パターン③:不定期で突然「明日の夜暇?」と誘ってくる

復縁したいと思っている可能性→低

元彼に関わらず、いつもいつも決まってギリギリに誘ってくる男性というのはあまり信用なりません。

「明日の夜暇?」と誘ってくる男性は、あなたのことを「誘えば来てくれそうだし、まあ無理だったら他をあたろう」くらいにしか考えていないケースが多いのです。

逆の立場で考えてみましょう。

あなたがもし、意中の男性を本気で誘い出したいとしたら前日にいきなり「明日どう?」なんて誘い方はしませんよね?

もう少し前もって連絡を取ってみて、相手の都合を聞いてみるのが自然な行動でしょう。

いきなり土壇場で誘ってくる元彼の心理は、「あわよくば」という気持ちが強く、もし上手くいけば都合のいい関係に持ち込めるかもと思っている可能性もあります。

何にしろ、あなたのことを大切に考えている可能性はあまり高くはありませんね

パターン④:週に1度以上電話をかけてくる

復縁したいと思っている可能性→高

電話はメッセージと違い、エネルギーを使いますし時間もかけなければできないことです。

電話を頻繁にかけてくる男性が、あなたに興味や好意がないとは考えにくいです。

つまり、元彼が定期的に電話をかけてくるのであれば、それは元彼があなたに対して「気持ちがある」と見るのが自然です。

とくに、何の用事もなく「ただ話したかったから」という理由で電話をかけてくる元彼なら、きっとあなたとの復縁も視野に入れて考えているはず。

逆にその気持ちが無ければ、わざわざ電話をかけて時間を費やし、あなたとの会話を楽しむ必要など一切ないのです。

パターン⑤:月に1度程度「最近どう?」とメッセージを送ってくる

復縁したいと思っている可能性→低

月に1度のメッセージは、「何の意味もない」と考えておいていいでしょう。

というのも、本当に相手のことが気になっているのであれば、月に1度のメッセージで近況をうかがうだけでは満足できるはずがないからです。

「ならなぜ月に1度いきなり思い出したようにメッセージしてくるの?」と思いますよね。

このタイプの男性の心理としては、「元カノのことは気にならないではないけれど、未練があるというわけではない。なんとなく寂しいときや他に誰もいないときにふと連絡してしまうだけ」というもの。

注目すべきは「寂しいとき、他に誰もいないとき」に連絡をしてしまうのがあなただということです。

他に誰か代わりになる女性がいれば、この連絡は自然になくなるでしょう。

あなたの元彼がもしこのような連絡の取り方であなたと繋がろうとしているのであれば、あなたからは一切追わないでください

この状況で復縁のアプローチをすることは賢明ではありません。

どちらかと言えば、あなたは一切彼のことを気にも留めていないというスタンスを見せる方が効果的です。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

あなたの元彼がいまだにあなたに連絡をよこしてくるのはどういう心理のあらわれなのか、少し予想がついたのではないでしょうか。

何にせよ、まったく連絡してこないことと比較すれば、どういうかたちであれ連絡してくるのは良いサインであることには変わりありません。

ですが、早とちりして焦って行動すると、上手くいくものもいきません。

冷静に元彼の心理を分析してみましょう。

あなたに連絡をしてくる彼の心理を理解しこちらの動き方を考えていくことが、復縁アプローチにおいては非常に重要なポイントです。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です