復縁を成功させる!誰にでもできる10つの復縁心理学とは

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

あなたは復縁に心理学が応用できることを知っていましたか?

しかも、心理学と聞くと難しい言葉に感じてしまいがちですが、実は難しくありません。

誰でもできて簡単に復縁に応用できる心理学はたくさんあるのです。

当記事では、そんな誰でも使える復縁に効果的な心理学をご紹介します!

心理学で得られる復縁への効果も合わせてご紹介しますので、参考にしてください。

復縁を有利にする心理学による主な効果

復縁を有利にする心理学による主な効果

復縁を成功させるためには、心理学を応用することが非常におすすめ!

しかし心理学を応用すると、どうして復縁が有利になるのでしょうか?

この項目では、心理学が復縁に良い影響をもたらす主な3つの効果をご紹介します。

①復縁心理学は復縁のきっかけを作りやすくする!

復縁において心理学を理解することで、復縁のきっかけを作りやすくなります。

復縁するためには、再び元彼の気持ちを燃え上がらせなければいけません。

さらに、あなたが元彼に嫌われているなら、その印象も改善する必要があります。

そんな元彼の印象改善や、元彼の気持ちを惹きつけるためには心理学が効果的です。

②復縁心理学は元彼の心理に好影響を与える!

復縁において心理学を理解するということは、元彼の心理に好影響を与えるということ。

元彼の心理を理解したり、元彼から見たあなたの印象を良い印象に変えたり。

色々なメリットがあるのが、心理学なのです。

復縁を成功させるためには、元彼の心理状態を理解した上での行動が必要。

そこで、心理学を理解することで、復縁を有利にするのです。

③復縁心理学は復縁の決め手を生み出す!

心理学を理解した上で、復縁を目指すことで、復縁の決め手を生み出すことができます。

せっかく復縁に向けた努力をしてきても、復縁の決め手が作れないと復縁はできません。

そこで、心理学を理解することで、復縁の決め手を生み出してしまいましょう。

元彼の心を動かしてしまうような決定的な決め手を生み出せば、復縁は難しくありません。

心理学を応用した具体的な復縁テクニック!

心理学を応用した具体的な復縁テクニック!

それでは、いよいよ心理学を応用した復縁テクニックをご紹介します。

心理学の基本は、他人の気持ちの動きを捉えて適切な行動を選ぶこと

それによって、復縁を有利に運ぶことができるようになるのです。

ここで紹介する方法は、どなたでも取り組み可能な内容なので、実践を忘れずに。

心理学は理解するだけでなく、行動に取り入れることで復縁に繋がるのです。

少しでもあなたの復縁の成功率を高めるために、復縁テクニックをみていきましょう!

復縁心理学①ダブルバインドで心理誘導!

ダブルバインドというテクニックは元彼の心理誘導に便利な心理学の方法。

簡単に説明すると、元彼を否定できない状態にしてしまうためのテクニックです。

具体的な例を挙げて説明するので、以下の例を参考にしてみてください。

  1. 「今度、会える日ない?」
  2. 「来週ってランチとディナーならどっちが都合いい?」

上記だと2の質問がダブルバインドという心理学を応用した質問です。

1の質問は元彼が断ることができる要素を残していますよね。

しかし、2の質問はどちらを選んでも「会う」ことが大前提になっています。

こうすることで、強制的に元彼が断れない状況を作るのです。

ただし、この方法は少し強引な方法なので、元彼との関係が悪い場合は使わないように。

関係がいい状態であればダブルバインドは効果的です。

復縁心理学②バンドワゴン効果で元彼を刺激する!

バンドワゴン効果は、元彼の中のあなたの評価を高めるための心理学の方法。

これを復縁に向けて応用する場合は、とても簡単。

あなたが「モテる女」を演出することで、元彼の嫉妬心や独占欲を刺激するのです。

ただし、あまりにも無理がある内容でモテる女を演出するのは危険。

あなたが外見・内面の自分磨きに成功して、変化が他人にわかる状態が前提です。

自分磨きに成功した上で他の男性に言い寄られていることをアピールすると効果的

復縁心理学③返報性で元彼に好意を持ってもらう!

心理学でいう返報性とは、あなたの態度が相手からも同じ態度で帰ってくるということ。

あなたが元彼に好意を持っているような姿勢で接する。

そうすることで、元彼からも好意を持った態度が戻ってくる。

というようなことです。

ただし、元彼があなたのことを嫌っている状態では逆効果になってしまいます。

あなたと元彼の関係性がフラットな状態であれば、使える心理学の方法です。

復縁心理学④単純接触効果で距離を縮めよう!

人間の心理は、接触が多い人にほど好意を抱く傾向があることを知っていますか?

地道な努力が必要でですが、元彼との接触を徐々に増やすことが復縁に繋がります。

最初はメールやLINEなどで短文のやりとりを再開することが目標。

そこから会う回数、2人だけのデートの回数を増やしていくのです。

このようにして、焦らず徐々に接触を増やし、距離を縮めるようにしていきましょう。

復縁心理学⑤超強力なウィンザー効果という手法!

人間は第三者からの意見が気になるものですよね。

これは心理学でウィンザー効果と呼ばれるもので超強力な手法のひとつ。

例えば、元彼の友達が複数名「君の元カノ、美人になったよね」と言ったとします。

そうすると、元彼は嫌でもあなたのことが気になり、連絡をしてくるはず。

特に男性は常に他人の評価を気にしているので、効果的に復縁に繋がります。

信頼できる共通の知人がいるなら、その人に協力をお願いしてみるのもおすすめ。

元彼が多くの人からあなたの良い評判を聞けば効果的に復縁に繋がります

復縁心理学⑥カタルシス効果で元彼の心を開こう!

復縁を成功させるためには、まずは元彼の1番の友達になることが最優先。

その上で、元彼の相談役を勝ち取りましょう。

そうすれば、その後は心理学でいうところのカタルシス効果が使えるようになります。

カタルシス効果は、不安や怒り等を口に出す事で安定を得るという心理学。

女性は女子会などで愚痴を言い合う機会がありますよね。

しかし男性の場合はお互いに「信頼関係」がなければそれができません。

そこで、あなたが相談役としての立場を確立するのです!

どんどんグチを聞いてあげれば、元彼の信頼を勝ち取れるので復縁は近づきます。

復縁心理学⑦復縁アプローチはエスカレーター効果を意識!

エスカレーター効果は、常識と違う出来事は人間の印象に残りやすいというもの。

元彼に悪い印象が残っていれば残っているほど効果的です。

元彼に悪い印象を与えているなら、その印象の改善は必須です。

そこで、大きな成長・変化を目指してしっかり努力をしてください。

その変化・成長に成功すれば、あなたの印象はより大きく元彼に残せます。

これにより格段に復縁を簡単にしてくれるのです。

メール編!復縁成功につなげてくれる3つの心理学テクニック

メール編!復縁成功につなげてくれる3つの心理学テクニック

ここから先はLINEやメールで使える心理学のテクニックをご紹介!

復縁に効果があるLINEやメールでのテクニックを理解し、使ってみましょう!

復縁心理学⑧あなたの要望と元彼に刷り込むフットインザドア!

こちらの願いを少しずつ元彼に刷り込ませていくのがフットインザドアのテクニック。

元彼の心の中に滑り込んでいくようなイメージです。

復縁は元彼に「復縁したい」とお願いすることで成功するものではありません。

むしろそれは逆効果になってしまい、復縁のハードルを上げてしまいがち。

そこで、あなたの要望は小さいものから徐々に元彼に出していきましょう。

  1. 簡単な内容のLINEで返信をもらう
  2. LINE回数を増やしてもらう
  3. 貸し借りなどで会う時間を作ってもらう
  4. 会う頻度を増やしていく

このように、要求は徐々に段階を踏んで元彼に出していきましょう。

いきなり会うことを望んでも断られやすいですが、LINEの返信をもらうのは簡単。

復縁心理学⑨元彼に「No」と言わせないドアインザフェイス効果!

ドアインザフェイスは、元彼にOKをもらいたいときに効果的な心理学

例えば、あなたも100万円を貸して!と友達に言われても、絶対に断るはず。

実際に断った際「じゃあ、3,000円でいいから・・・」と言ってきたらどうしますか?

これは現実的な金額なこともあって、OKしてしまうのではないでしょうか。

この時に友達の狙いが3,000円を借りることなら、これがドアインザフェイス効果。

大きい要求のあとは、小さい要求が通りやすいという心理学を応用しているのです。

大きな要求に失敗をしてときに、冗談めかして小さな要求にすり替えるのがおすすめ。

復縁心理学⑩LINEやメールはミラーリング効果が便利!

ミラーリング効果は一般の人でも知っているくらい認知度の高い心理学のひとつ。

相手に行動を似せると、その相手は好意を持ちやすくなるという効果がある心理学です。

LINEやメールでのリアクションや話す内容を元彼に近づけてみましょう。

そうすることで、元彼の警戒心がほどけ、好意に繋がっていくのです。

その延長線上に復縁があると考えれば、とても効果的な心理学のテクニックですよね。

まとめ

まとめ

今回は誰でもできる10の心理学や、心理学の効果を解説しました。

心理学と聞くと難しそうに感じますが、今回のテクニックはどれも簡単でしたよね?

あなたでも取り入れることができるような内容だったはずです。

だからこそ、あなたの復縁活動に取り入れて、実践してみてください!

今回の心理学テクニックが、あなたの復縁のお役に立てば幸いです。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です