復縁したいなら連絡頻度を考えよう!その理由とアプローチ法とは

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

復縁したいと思うなら、相手への連絡をしつこくしてはいけません。

このことに関しては、どんな復縁本を読んでも書いてあることで、きっと皆さんもなんとなく頭では分かっているのではないでしょうか?

彼を失ってしまったことで自分を見失ってしまい、相手がまだ気持ちの整理ができていない段階なのに関わらず、ひとりよがりな行動をしてしまうケースは割と多いもの。

なぜ、連絡頻度がそれほどまでに大切なのでしょうか。

ここではその理由と、復縁への効果的なアプローチ法についてご紹介します。

別れは一度受け入れなければならない

別れは一度受け入れなければならない

これを読んでいる皆さんは、きっと彼との別れが辛くて、現実のこととして受け入れられずにいるのではないでしょうか。

確かに大好きな彼にフラれてしまうということは、何よりも辛くて受け入れがたい現実です。

ですが、一度受け入れましょう。

そうしないことには、この先のステップに進んでいくことができません。

現実として、「彼と別れてしまった」のです。

ということは、今あなたは彼の彼女ではありません

今この段階で、彼に何か行動を起こすとしたら、そのときには「私たち付き合ってたんだよ!」という姿勢での物言いは絶対に避けなければなりません。

自分の立ち位置を正しく理解し、復縁のチャンスを潰してしまわないようにしましょう。

相手のことではなく自分の気持ちと向き合う時間の大切さ

相手のことではなく自分の気持ちと向き合う時間の大切さ

別れた直後は、「何で彼にフラれてしまったんだろう」「どうして彼は私のことをもう好きではなくなってしまったの?」という思いが頭の中を駆け巡ります。

このとき、まず彼のことに意識を向けることをストップする必要があります

その代わりに自分に意識を向けましょう。

自分に意識を向けるというのは、「彼がどうした」ということでなく、「自分がこう思っている」「自分がこうしたいと望んでいる」という自分主体の思考にフォーカスすることです。

これは、彼から距離を置かないことには不可能です。

多くの人がこのステップを経ていくことをせずに、復縁へのアプローチを始めようとしてしまいます。

ですが、これでは上手くいかないことが多いのです。

一度彼に連絡を取ることを一切やめて、自分の心と向き合ってみましょう

別れた直後の男性心理

別れた直後の男性心理

一方、別れを切り出した彼の方は、別れた直後何を考えているのでしょう。

男性は案外何も考えていないことが多いです。

別れたのに何も考えないってどういうことなの?と思うかもしれません。

ですが、本当に何も考えずに、自由を満喫していることが多いです。

これは、男性がもともと感情的になることが女性に比べて少ない生き物だからであって、あなたとの別れが何でもなかったからではありません。

基本的にあまり考えないのです。

もっと言うと「考えたくもない」とも言えます。

なぜって、別れるまでの過程で既にいろいろなストレスがあり、結果的に別れてしまっているのです。

今は何も考えずにとりあえず自由にしていたいというのが男性心理です。

別れた後に元カノから頻繁に連絡があるときに男が思うこと

別れた直後から頻繁に元カノから連絡があると、男性はもちろん迷惑だと感じます。

「せっかく自由になったのに、まだなんだかんだ言ってくるのか・・」と鬱陶しく感じる男性がほとんどです。

連絡を完全に無視する男性も少なくありません。

別れた後の元カノからの連絡は、ハッキリ言って「重荷」でしかない、というのが別れた直後の男性の胸の内です。

いくら元カノが謝罪をしてきてもそれは関係ありません。

今は関わりたくない、ただそれだけなのです。

この期間がずっと続くわけではありません。

ですが、別れた直後はこういう「元カノとの連絡は一切断ち切りたい」と思う時期が男性には必ずありますし、女性はここを理解してあげなければなりません。

別れた彼への理想的な連絡頻度は「ゼロ」である

別れた彼への理想的な連絡頻度は「ゼロ」である

別れた直後に元彼に連絡をする場合、そしてそれが復縁を狙ったものである場合、理想的な連絡頻度はどのくらいなのでしょう。

正解は、ずばり「ゼロ」です。

全く連絡しないことがベストです。

どのくらいだったら連絡を取っても大丈夫なのかと考える女性は多いと思います。

ですが、別れた直後は連絡をしないに限ります。

男性というのは非常にシンプルです。

しつこくすると嫌がりますし、ぱたりと連絡を絶つと急に相手のことを気にし始めます。

この原理を考えるなら、彼に頻繁に連絡することがいかに無意味であるかはお分かりですよね。

連絡頻度を最低限にとどめても復縁アプローチはできる

連絡頻度を最低限にとどめる、ということは復縁のアプローチはできないの?というと、そうではありません。

大切なのは、「しつこくしない」ということであって、彼に対して復縁したい気持ちをアピールすることに関しては、特に問題ありません。

要するに、一度「謝罪して復縁したいことを伝える」ことをしてしまったら、そこからは一切連絡をしないでおくことがポイントです。

一度言われれば分かることを何度も説明されるほど、男性にとって迷惑に思われる行動は他にありません。

本当に効果的な復縁アプローチ法

本当に効果的な復縁アプローチ法

最後に、復縁アプローチ法についてお話しておきましょう。

このプロセスでアプローチをすれば、まず彼に迷惑に思われるということはありません。

復縁がすぐに叶うかどうかは彼次第ですが、あなたの気持ちは少なくとも彼に伝わるでしょう。

まず、別れた後早いタイミングで彼に一度だけ連絡をとりましょう

そして、彼に想いを伝えます。

「こんなことになって残念だと思ってる。〇〇くんの気持ちが離れてしまったのは、私が〇〇だったからだよね。今本当に申し訳ないと思ってるし後悔しています。ごめんなさい。私は、もう一度〇〇くんとやり直したいと心から思ってる。もう一度チャンスをもらえませんか?」

このように、長文にならないよう簡潔に伝えてください。

このときに、あなたがどんなに悲しい思いをしたか、どれほど辛かったかなどの説明はしない方がいいです。

この部分を伝えると、彼にネガティブな負のイメージを丸ごと投げてしまうことになり、逆効果でしかありません。

シンプルにやり直したいと思っていることだけを伝えましょう。それで十分です。

連絡を送ったあとは

連絡を送ったら、あとは放っておいてください

彼が電話に出なければ、メッセージでこれを伝えてしまっても問題ありません。

何にせよ、返事をその場で求めるのはやめておきましょう。

どうせ返事はしばらく来るわけない、くらいに思っておく方が多少気持ち的には楽に待てるでしょう。

彼の方にその気があれば、必ずしばらくたってから突然連絡がきます。

こうなれば、チャンスはかなり大きいです。

まずは、気持ちを伝えてそこから彼に時間を与えることが大切です。

まとめ

まとめ

別れた後に復縁するというケースは、それほど珍しいことではありません。

復縁できる可能性があっても、行動の仕方を間違えてしまうと、そのチャンスはゼロになってしまうことさえ起こり得るということを覚えておきましょう。

復縁において、別れた後の彼への連絡頻度は非常に重要なカギとなります。

連絡をすればするほど、彼が遠のいていくということを理解できていれば、しつこく連絡することがどれほど危険なことなのか分かりますよね。

男性心理を上手く利用して、復縁を叶えましょう。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です