離婚後の復縁は可能?知っておくべき大切な12の要素

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

当記事では離婚後に復縁を考えている人のための12の要素をご紹介しています。

具体的には次のようなことをお話します。

  • 離婚後に復縁を考える人のきっかけ
  • 離婚後に復縁しやすいタイプ
  • 離婚後に復縁しにくいタイプ
  • 離婚後の復縁のコツ
当記事でご紹介する内容を網羅すれば、離婚後の復縁も可能です。

大切なのは、理解した内容を踏まえて行動を起こすこと。

最後までお読みいただき、あなたの離婚後の復縁にお役立てください。

離婚後に復縁を考えることになったきっかけ

離婚後に復縁を考えることになったきっかけ

どんなカップルも離婚が成立した時は、少なからず安堵にも似た気持ちがあるはず。

しかし、一定期間が過ぎると、ふとした瞬間に復縁が頭をよぎることも増えてきます。

では、離婚後に復縁を考えることになるきっかけとは、どんなものがあるのでしょうか?

あなたに当てはまるパターンがないか、チェックしてみてください。

①離婚後に「寂しさ」を感じるようになった

離婚をして一定期間が過ぎると「寂しい」と感じ、復縁を考える人は少なくありません。

それまでは夫婦で生活をしていたので、離婚をすれば子供がいない場合は1人になります

そんな時、何気ない会話や、誰かが家にいる安心感などが失われることになります。

それが発端となって寂しさを感じ、復縁を考え始める人は多いです。

また、病気などで動けない時に支えてもらえる人がいないことなども復縁を考えるきっかけになるのではないでしょうか。

②離婚後に経済的な苦しさを感じるようになった

離婚後に経済的な苦しさから復縁を求める人も多いです。

離婚後、一般的に「お金を払う側」は大変な思いをしています。

  • 家のローン
  • 養育費
  • 慰謝料

これらを支払うのはそう簡単なことではありません。

一方でこれらを受け取る側の人も、限られた金額の中で生活をしながら子育てがあります。

そのため、離婚をするとお互いに経済的な負担は増えると言えるでしょう。

共働きの夫婦の場合は、生活費や子供の養育費をまかなえても、離婚後は苦しくなります。

そのため、経済面の苦しさから体力的・精神的にも疲労しやすいです。

先が見えない状況が続くことになりやすいため、余計に復縁が頭をよぎりやすくなるのです。

③子供と一緒に生活したいと感じるようになった

離婚後の親権者になれなかった側は、以前と同じように子供と会えなくなります。

そのため、離婚するまでは経験することのなかったストレスを感じやすいのです。

これまで子供の成長を楽しみに仕事に励んでいたような人は、生きる希望を失ってしまったような感覚にとらわれます。

定期的に子供と顔を合わせられると言っても、やはり会える時間は制限されます。

それに、短い時間にたっぷり子供の笑顔を見てしまうと、そのあとに寂しさの反動がやってきます。

このような時に復縁を考えるような人は少なくありません。

④自分の反省点や間違いに気がつけた

あなたが離婚の理由を作った側の場合、離婚後その反省点や間違いに気がつくことがあるはず。

離婚当時は感情的になり相手を責めてしまう姿勢だったかもしれませんが、時間が経過すれば誰でも冷静になります。

すると、当時を振り返って自分の反省点や間違いに気がつくことも。

夫婦生活の基本は尊重し合い、協力をする姿勢が大切です。

そういった反省から、復縁をしたいと感じるようになる人はとても多いです。

離婚後に復縁しやすい3タイプの人

離婚後に復縁しやすい3タイプの人

離婚後に復縁をする人には3つの共通点があります。

この項目では離婚後に復縁しやすい3タイプの人をそれぞれご紹介します。

あなたがこの3タイプに当てはまっていれば、復縁できる可能性は残されているでしょう。

①離婚後も元旦那と友人関係でいられる

離婚後に元旦那と友人関係でいられる女性は、その後、復縁しやすいです。

離婚後に友達としての関係が保てるということは、2人の関係の根本の部分が決裂してしまっている訳ではないということ。

何らかの理由で「夫婦として一緒に暮らすこと」に問題があったのだと思います。

つまり、「一緒に時間を過ごすこと」については大きな問題はないのです。

この場合は2人の中の「夫婦としての問題点」をクリアにすれば復縁可能と言えます。

②離婚前に専業主婦だった

離婚前にあなたが専業主婦だった場合も復縁しやすいタイプです。

専業主婦の期間が長いほど、1人で生活するためのお金を稼ぐ能力は低いと言えます。

そのため、専業主婦の長い人は共に生活できる人を求めています

その想いがモチベーションとなり、復縁に向けた努力ができるのです。

離婚前の問題点の改善や、復縁のために必要なことを努力できるタイプと言えるでしょう。

③寂しがりやの女性

離婚後は誰でも少なからず「寂しさ」を感じるはずです。

そしてこの「寂しさ」は復縁に向けた大きなモチベーションとなります。

孤独が苦手な人は、そのモチベーションから復縁に向けた努力ができる人が多いのです。

ひとつ前の項目と同様に、復縁に積極的になれるタイプのため復縁はしやすいです。

離婚後に復縁しにくい3タイプの人

離婚後に復縁しにくい3タイプの人

離婚後に復縁しにくい人にも3つの共通点があります。

この項目でも各タイプ毎に詳細を解説しますので、ご確認ください。

もしあなたに当てはまる部分があっても焦らないで

後述する復縁のコツを理解すれば、まだ復縁の可能性は残っています。

①自立心が強い女性

離婚後、経済的に困らない女性は復縁に意欲的でないことが多いです。

それは収入が安定しており、家庭以外に自分を必要としてくれる仕事があるからです。

すると女性は充実感を感じやすく、結婚生活を思い返すことも少ないです。

また寂しさを感じにくいため、復縁に意欲的になることが少ないのです。

そのため、離婚後に復縁に向けて動き出す可能性が低いと言えます。

②いわゆる「モテる」女性

いわゆるモテる女性も、離婚後の復縁に対して消極的なケースが多いです。

このタイプの女性は離婚後、他の男性が言い寄ってくることが多いはず。

そのため、離婚後に新しい交際相手ができることも珍しくありません。

モテる女性は交友関係が広いこともあり、過去を引きずることが少ないのも特徴です。

復縁にこだわることが少ないので、復縁の成功率も低くなることが多いです。

③長期間に渡り離婚を我慢してきた女性

長期間の間、離婚を我慢して結婚生活を続けてきた女性も復縁はしにくいです。

なぜなら、このような女性にとって1人の環境は自分が待ち望んでいた環境だから。

よほどの大きな変化がない限り、再び結婚生活に戻りたいとは思わないはずです。

そのため、離婚後の復縁に対して消極的な人が非常に多いです。

離婚後の復縁を成功させるためのコツ

離婚後の復縁を成功させるためのコツ

離婚後の復縁を成功させるために必要なことは次の2点です。

  • 離婚原因を改善する
  • 離婚した相手を受け入れる

この2点が満たされていれば、離婚後の復縁は可能です。

それでは早速詳しく解説をしていきます。

①離婚原因を突き止めて改善しよう

離婚した夫婦には必ず何かしらの離婚の理由があります。

その理由は様々ですが、複雑な事情があることがほとんどです。

だからこそ、根本的な離婚の原因、問題の本質を明確にしておきましょう。

大切なのは離婚の原因を振り返ること!

あなたの夫婦が離婚を決断した理由はどんな内容でしたか?

この理由を明確にするためには、結婚生活を振り返る必要があります。

1人で振り返ることが大変なら、信頼できる友人に相談をしてみるのもいいでしょう。

結婚当初から2人のことを知っている友人がいるなら、その人への相談がベスト。

人は言葉にして話をすることで、思い出すことや考えがまとまることが多いです。

さらに、その友人から質問をされることで、気がつかなかった部分に気がつくことも。

そんなメリットがあるため、誰かに相談をしながら離婚原因の本質を見つけることは重要なのです。

離婚の原因を明確にしたら改善スタート!

離婚の本質的な原因や理由が見つかったなら、その点を改善できるようにしましょう。

場合によっては改善に時間が必要なこともあると思います。

また、状況次第ではすぐに解決可能な問題もあるはず。

離婚の原因や問題点の解決は様々ですが、ここを改善できなければ復縁は難しいです。

問題の本質を捉えて、よりシャープな動きで取り組みましょう。

②離婚した相手を受け入れる

離婚理由の改善が成功したら、離婚した相手の受け入れ作業に移ります。

人は誰しも生活が変われば変化があるはず

それはあなたもそうですし、元旦那も同じこと。

しばらく見ない間に元旦那が大きく変わってしまったと感じることもあるでしょう。

しかしこれはある種当然のことですし、相手も同じことを感じている可能性が高いです。

相手の「変化」を「成長」と捉えよう!

だからこそ、それらの変化を成長と捉えてあげることが大切。

相手のどんな変化も受け入れてあげるような心構えがなければ復縁は上手くいきません。

あなたが頑張って改善した部分を相手に受け入れてもらうためにも、まずはあなたから相手を受け入れる姿勢を見せてあげましょう。

離婚理由の改善が成功し、元配偶者と定期的に会えるようになったなら、目の前の相手を受け入れるように心がけましょう。

離れていた期間に、相手の生活や気持ちや人間関係に変化があることは当然です。

あなたの知らない元配偶者の一面を見ることもあります。

その点は全面的に認めて受け入れる努力をすることをおすすめします。

あなたが相手を受け入れると、相手もあなたを受け入れる姿勢を取ってくれます。

改善した離婚理由を相手に受け入れてもらうためにも、あなたから相手を受け入れる姿勢を見せることがいいでしょう。

離婚後の復縁前に必要なあなたの心構え

離婚後の復縁前に必要なあなたの心構え

離婚後の復縁を成功させるためには絶対に守らなければいけないことがあります。

それは「何があっても絶対に焦らない」ということ。

相手側はあなたの復縁に対しての意気込みを感じると、構えてしまう可能性があるのです。

最悪の場合、これまで以上にあなたとの距離を取ろうとしてくるかもしれません。

そうなると復縁は非常に難しくなってしまいます。

ポイントは徐々に距離を縮めること!

離婚後の復縁を成功させるポイントは、時間をかけて徐々に距離を縮めること。

まずはLINEなどで気軽な内容をポンポンとやりとりすることからスタートしてください。

その後、相手の最大の理解者としてのポジションを確立するべきです。

離婚をしたと言っても、以前は夫婦だった2人ですから相手のことは誰よりも理解しているはず。

そんな経験を活かして、元旦那の最大の理解者になれれば、復縁は近い証拠です。

最終的には元旦那に「やっぱり俺にはこいつしかいない」と思わせることがゴールです。

ここまできたら思い切って復縁をアプローチしてみるのもいいでしょう。

まとめ

まとめ

離婚後の復縁を考えている人が知っておくべき大切な要素についてお話しました。

離婚後の復縁を成功させるには、慌てずにゆっくり関係を再構築すること。

そして同じ失敗を重ねてしまわないように、復縁前に問題の改善をしておくことです。

まずは結婚生活を振り返り、離婚理由や自分の至らなかった点を改善することを最初の目標にしてください。

今回の記事があなたの復縁に役立てば幸いです。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です