振った彼氏に連絡する前に!送るタイミングや正解の内容とは

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

自分から振ってしまった元彼を忘れられず、連絡しようかどうしようか悩んでしまうことってありますよね。

いざ連絡してみても元彼に冷たくされたらと思うと怖くてなかなか踏み出せないでいるかもしれません。

勇気を出して連絡したのにスルー…なんてされないためにも、この記事で送るタイミングやスルーされない内容をチェックしましょう。

元彼に連絡する時に気をつけるべきポイント

元彼に連絡する時に気をつけるべきポイント

自分で振った場合、ふと思い立ったからと言って元彼に連絡してもいいとは言い切れません。

振られたという劣等感がある男性にとって、自分のプライドを傷つけた元カノに対しては思うところがたくさんあるからです。

具体的にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

何のために連絡したいのか

まず大事なのは、あなたに何の目的があって元彼に連絡したいのかをハッキリさせることです。

ただ寂しくて話し相手が欲しいだけなのか、連絡しなきゃいけない用事があるのか、元彼が心配で様子を知りたいのか。

目的によって連絡するタイミングや内容をしっかり考えましょう。

元彼が今どう過ごしているか

例えば元彼に新しい彼女ができている場合、元カノであるあなたが連絡することでカレに迷惑がかかってしまうこともあります。

また、カレの仕事が忙しい時期に連絡すると返事が遅かったり、内容によってはスルーされてしまうことも十分に考えられるでしょう。

カレの事情を考えずに連絡するのと「今は忙しい時期だろうから返事がないかもしれない」と覚悟して連絡するのとでは、気の持ちようや安心感が変わってきます。

元彼と別れてからどれくらい時間が経っているか

別れてからどれくらいの時間が経っているかによって、あなたからの連絡をもらった元彼の心境は大きく変わります。

まだ別れて時間が経っていなければ、カレはまだ多少の未練を残しているでしょうから、あなたからの連絡をもらえるのは嬉しいはずです。

しかしその反面、振られた劣等感のせいで「振っておいて今更何の用事だ?」と不安になる気持ちもあるでしょう。

逆に別れて時間が経っていたら劣等感は薄れて不安は感じないものの、あなたのいない新しい生活に馴染んでいるため返事をしてくれない可能性もあります。

こういった予測をたてながら送る内容やタイミングを考えましょう。

連絡することで元彼に何を求めるのか

最後に気をつけて欲しいのは、あなたが連絡することでカレにどうして欲しいのか、自分の中でハッキリさせることです。

返事が欲しいだけなのか、連絡することで少しでもあなたを思い出して復縁を期待して欲しいのか、ゴールを決めることで「どんな連絡をすればいいのか」が見えてきます。

元彼への連絡のベストタイミング

元彼への連絡のベストタイミング

元彼に連絡するベストなタイミングは、先ほどご紹介したような目的や求めることによって決まります。

具体的には以下の二つのタイミングが理想的です。

返事をしやすいタイミング

「返事が欲しい」と思うような内容で連絡をするのなら、その目的に応じて元彼が返事をしやすいタイミングを選びましょう。

具体的には、

  • 電車通勤中
  • ランチタイム
  • 仕事終わり

こういった活動的になっていて、かつ手持ち無沙汰になっているタイミングが当てはまります。

さらっと読んでそのままパパッと返事がしやすいであろう時がお勧めです。

送った内容をじっくり読んでくれるタイミング

例えば元彼に伝えたいこと、受け止めて欲しいことをLINEで話すのなら、そのLINEを落ち着いて読んでもらえるタイミングがベストです。

寝る前にゆっくりしている時や、週末などの休日と思われるタイミングが良いでしょう。

振った彼氏に送るならこんな内容にしよう!(メリット&デメリット付き)

振った彼氏に送るならこんな内容にしよう!(メリット&デメリット付き)

実は、カレに送るメッセージに100点満点の内容はありません。

なぜかというと、その連絡を受け取った元彼がどう思うかはカレ本人にしか分からないことだからです。

しかし、男性心理を考慮した上で「元彼が返事をしやすい」「素直に受け取りやすい」内容を作ることはできます!

ここからはそんな連絡内容をご紹介していきましょう。

その内容を送る上でのメリットやデメリットも一緒に解説しているので、あなたと元彼の事情も踏まえながら連絡内容をアレンジする参考にしてくださいね。

元彼を気遣って印象をアップさせる

振ってしまったことに罪悪感があり、カレが心配で仕方がない人におススメな内容です。

「ちゃんと食事とれてるか心配でつい連絡しちゃった」と言われたら、男性としては強がるか元彼の優しさに甘えるかのどちらかを選びたくなります。

別れて時間が経っていない頃に送れば不自然にもなりませんし、カレにまだあなたへの未練があるのなら、復縁するのにも良いキッカケになるでしょう。

メリット

元彼があなたの暖かさを思い出し、恋しくなる

別れた男を気遣う優しさや気配り上手な面をアピールできる

デメリット

送ることができる時期が限定されている(別れて時間が経ってから送るのは不自然

プライドが高い男性だと心配されること自体イラッときてしまう

事務的な用事だけの内容

元彼を心配したり復縁を考えていることを全く感じさせない内容で、送る時期はいつになっても全く問題ありません。

例えば「うちに〇〇くんの靴置きっぱなしだったから今度返したいんだけど、いつがいい?」というような内容が当てはまります。

元々、男性はLINEなどの連絡を「情報伝達の手段」と考えるため、必要以上のコミュニケーションを取らなくていいという安心感を与え、返事ももらいやすいでしょう。

メリット

元彼がどんな心境になっていても返事をもらいやすい

別れてからの時期がいつになっても送っていい内容

内容によっては会うチャンスができたり、電話できるキッカケになる

デメリット

実際に連絡できるような「用事」がないと送ることができない

元彼からも事務的な口調で返事が来るかもしれないので、冷たく感じてしまうかもしれない

共通の知人の連絡先を聞く

「急にごめん、〇〇の件で〜〜さんに連絡したいんだけど、番号分かる?」と元彼に中継ぎをお願いするような内容です。

これも事務的なやり取りの一つですが、実際に用事がなくても連絡できる話題になっています。

メリット

元彼とは何往復もやり取りをしなくて済むため、ミスが少ない

元彼本人に連絡できる用事がなくても使える話題である

デメリット

共通の知人がいないと成り立たない

共通の知人が多すぎると「別の人に聞いて」とたらい回しにされる可能性がある

振ったことを謝る

別れた後、元彼と気まずくてどうしようもない場合は振ったことを謝るという方法もあります。

謝るのであれば「傷つけてごめんなさい」「嫌な思いをさせてごめんね」と、カレに負担をかけたことに対して謝るのがポイントです。

また「許して」「普通に接して」とカレに何かを求めたりせず、ただ謝るだけで終わらせる方が心からの謝罪の気持ちが伝わりますよ。

メリット

元彼があなたを許せるキッカケができ、仲直りのチャンスになる

元彼の精神的な負担や劣等感を軽くさせることができる

デメリット

許せるかどうかは元彼の判断に委ねられる

読んで納得する内容のため返事がない可能性もある

元彼のバースデーメッセージ

誕生日の連絡は、別れてしばらく連絡していない二人がもう一度コミュニケーションを取るようになる良いキッカケになります。

また「お祝い」という具体的な目的があるので、送る文章をあまり難しく考えなくて良いのも特徴ですね。

LINEなら特別なスタンプや絵文字なども使って賑やかなメッセージにすれば、お祝いの気持ちも伝わりやすいでしょう。

メリット

年に一度の機会であり、元彼が主役になる話題なので喜んでもらいやすい

久しぶりの連絡の場合、過去の嫌な思いを忘れて仲良くやり取りしやすくなる

デメリット

元彼の誕生日が終わったばかりだと、次のチャンスが一年後になる

読んで納得する内容のため返事がない可能性もある

カレの詳しいこと、好きなことについての話題

元彼が大して知識のない話題を持ちかけたところで、カレの知らない話で盛り上がるなんてことはできませんよね。

ですからカレが映画好きなら新作映画の話題、ゲームが好きな人ならゲームの攻略を聞く内容にすれば、会話も弾みやすくなります。

メリット

質問形式にすれば返事ももらいやすい

やり取りが盛り上がりやすい

元彼が仲間意識を持ってくれるようになる

デメリット

あなたが元彼の詳しいことや好きなことに興味を持たないと話題が作れない

年末やお正月などの挨拶

年末には「今年もお世話になりました」お正月なら「今年もよろしくお願いします」と友達に挨拶しますよね。

面識のある人になら送っても不自然にならない内容なので、元彼に送っても違和感を持たれにくいのが大きな特徴です。

年末やお正月という心機一転しやすい時期でもあるので、カレの気持ちも切り替わって柔らかい対応をしてくれるかもしれません。

メリット

久々の連絡でも全く違和感をもたれない

「これからもよろしく」という挨拶によって今後の関係性を維持しやすい

デメリット

挨拶で終わるためやり取りは続きにくい

話題にできる時期が限定されている

まとめ

まとめ

自分から振った元彼に連絡したい時の理想的なタイミングや内容をご紹介しました。

元彼を傷つけたという罪悪感のせいでなかなか連絡もしづらいと思いますが、あなたから連絡することで復縁のきっかけが作れるはずです。

この記事を参考にカレともう一度コミュニケーションを取れるようになり、復縁への足掛かりにしてくださいね。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です