振られた理由の聞き方|魔法のフレーズで彼の本音を引き出す

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「彼氏に振られたけれど、振られた理由がわからない……」

そんな時、元彼に直接振られた理由を聞いても良いのか悩む女性も多いのではないでしょうか?

振られた理由を元彼に教えてもらうには、ちょっとしたコツがいります。

この記事では、振られた理由を元彼から聞くメリットと、聞く方法やコツ、また復縁したい時には振られた理由を聞いた方がいいのかを解説していきます。

彼氏に振られた後、モヤモヤが残っている人はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

振られた理由を彼に聞くメリットは?

振られた理由を彼に聞くメリットは?

元彼から振られた理由を聞いたところで、振られたという事実は覆りません。

しかし、理由を聞くことでこんなメリットがあります。

振られたことに納得がいく

なぜ振られたのか、原因がわからないまま元彼との関係が終わると、モヤモヤが残ってしまいますよね。

きちんと本当の理由を説明して貰えば、振られたことに納得して別れを受け入れることができるでしょう。

ただ、彼があなたを振った理由があなたの思っていたものとは違っていたり、自分の言われたくない部分を指摘されたりと、あなたがショックを受けるリスクもあります。

しかし、元彼の本心を受け入れる覚悟した上で理由を聞けば、きっとスッキリできるはずです。

次の恋愛に活かせる

初めての恋愛が上手くいき、そのまま相手と結婚する人も中にはいますが、ほとんどの人が恋愛の失敗を繰り返した上で、成長し、恋愛上手になっていくものです。

元彼から別れの原因を聞き、同じ過ちを繰り返さない様に注意することで次の恋愛はきっと上手くいくはずです。

もし破局した原因がわからなければ、反省もしようがありませんから、次の恋愛でも同じ原因でダメになってしまうかもしれません。

「次こそは幸せになりたい」と思う女性は必ず相手に振られた理由を聞いた方が良いでしょう。

自分の欠点を知り、人間として成長できる

振られた理由を聞けば、元彼はあなたの欠点を指摘してくる可能性も高いです。

大人になると、自分の欠点を指摘してくれる人は減っていきます。

職場で注意されることもあるかもしれませんが、人間的な欠点にまで口を出してくる上司は今のご時世「パワハラ」と言われてしまいますよね。

恋愛以外で人間同士が深く付き合うことは稀有な世の中ですから、相手から自分の欠点を指摘されることは、実はとても貴重な「人間として成長するチャンス」です。

欠点を指摘されると嫌な気持ちになるかもしれませんが、そうやって正直にダメな部分を指摘してくれる人がいることは、ありがたいことでもあるのです。

振られた本当の理由を聞くときは「最後のお願い」を使おう

振られた本当の理由を聞くときは「最後のお願い」を使おう

振られた理由を彼に聞いても、本当の理由を言ってくれるとは限りません。

男性は、別れを決めた女性のために労力を使いたくありませんから、お互いが傷つかずに済む適当な理由を言って別れ話をあっさり終わらせようとする傾向があります。

そんな中、男性から本当の理由を教えてもらうには「最後のお願いがあります。ちゃんと本当の理由を教えてください」とお願いすることが効果的です。

「最後の〜」と言うフレーズは、男性の情に訴えかけ、元彼を「最後なのだから彼女にちゃんと向き合ってあげよう」という気持ちにさせます。

また、「最後の」と言うフレーズは今後は色々詮索しないというニュアンスも含んでいるため、これに正直に答えたらこれ以上気まずい思いをしなくていいとも彼に思わせることができます。

[aside type=”normal”]さらに、男性はお願いされることでプライドが満たされ、相手の要求に応えてあげたくなるため、「最後のお願い」には相手の本音を引き出す強力な力があるのです。[/aside]

別れた後、元彼に振られた理由を聞く手段

別れた後、元彼に振られた理由を聞く手段

実際に別れた理由を聞く覚悟ができたら、次に考えたいのはどんな手段で元彼と接触するかです。

基本的にはここに紹介する3つの方法があります。

元彼へLINEして聞く

相手にとって一番ストレスが少ない状態で、あなたが知りたい情報を教えてもらうのが理想です。

そう考えると、LINEで元彼に別れた理由を聞くことは一番おすすめです。

元彼があなたを振った理由を説明するには、彼自身が自分の気持ちを言語化しなければなりません。

もし元彼が別れの理由をちゃんと言語化して考えていなかったとしたら、聞かれてもすぐ言葉を返せないかもしれません。

でも、LINEなら相手にじっくり考える時間を与えることができますし、その間プレッシャーをかけずに済みます。

共通の友人に聞いてもらう

共通の友人がいる場合、その人になぜ自分が振られたのか元彼から聞き出してもらうのも手です。

元彼も、あなたに直接は言えない理由もあなた以外の友人になら正直に話せるでしょう。

しかしあなたが振られた理由が、あなたが傷つく内容なら、友人も気を使ってそのまま伝えてこない可能性もあります。

また、友人を自分たちの恋愛事情に巻き込み負担をかけてしまうデメリットもあるので、これはあなたに協力的な友人がいる時だけ実践してください。

直接対面して彼に聞く

もし、既に元彼と直接会う予定があるのなら、彼に面と向かって理由を聞いてもいいかもしれません。

理由を説明してもらうためだけに、わざわざ会う約束をして彼に時間を取らせるのは、彼に負担をかけすぎるため控えた方がいいでしょう。

もし「それでも彼にわざわざ説明しに来て欲しい」と思ったなら、あなたの彼の都合を無視して自分の要求を押し通そうとする部分が、別れの原因だと考えた方がいいです。

対面すると彼はあなたに対し「傷つけたくない」という気持ちが働くため、LINEで聞くのや友人を通して聞いてもらうのと比べると正直に話してもらえる可能性が少し下がります。

ですが、あなたにとっては彼から直接理由を説明してもらうことで、より納得感を得られますし、言われた理由が本当かどうか、彼の態度から判断することもできるので、文面だけじゃ信じきれない人はチャンスがあれば対面して聞くのも良いでしょう

振られた理由をLINEで聞くコツは?本音を引き出す方法

振られた理由をLINEで聞くコツは?本音を引き出す方法

振られた理由を聞く手段で一番おすすめなのはLINEですが、どんな文面を送るかも重要なポイントです。

ここから、彼の本音を引き出すための文面を作るコツをお伝えしましょう。

一線を置いた文面で書く

既に別れた相手にお願いの文章を書くのですから、丁寧な口調で、絵文字など使わずに一線を置いた印象を与えましょう。

「元気?聞きたいことがあるんだけど〜」と言うように砕けた軽い表現はせず、「振られたことは受け入れました。ただ、1つだけ最後のお願いがあります」と敬語をベースにした文面を心がけてください。

敬語だとあまりにも冷たい文面になるのが気になる人は、最後に「それから、今まで本当にありがとう」と感謝の言葉を添えるだけでも、冷たい印象が和らいでいいですよ。

受け止める覚悟も伝える

元彼はあなたが振られた本当の理由を知った後に、落ち込んだり、怒ったり、泣いたりしないか、それによって自分に負担がかからないかを懸念しているでしょう。

だから、あなたにちゃんとした理由を言わないまま別れを告げたのです。

どんなにショックを受けても自分は大丈夫で彼に負担はかからないと宣言することで、彼が本音を話してくれる確率も上がります。

簡潔な文面にする

敬語ベースの文章を作ると、ただでさえ長い文章になりがちです。

その上、自分の気持ちを伝えようと工夫すると非常に長いLINEになってしまうでしょう。

しかし、あまりに長い文面になると、元彼が全文読んでくれない可能性が高いです。

伝えないといけない情報は「別れは受け入れた」「振られた理由を教えて欲しい」「どんな理由でも受け止める」の3つだけだということを忘れず、簡潔な文章にまとめてください。

復縁したいなら、振られた理由は聞かない方がいい

復縁したいなら、振られた理由は聞かない方がいい

元彼があなたを振った理由をきちんと話してこないいうことは、彼はあなたに「理由を言いたくない」のです。

そして、あなたは「理由を聞きたい」のですから、彼の欲求とあなたの欲求は真逆の方向を向いています

もし、あなたが元彼と復縁したいのなら、自分の欲求より元彼の欲求を尊重するべきです。

彼の気持ちを大切にすることで、復縁は近づきます。

逆に、あなたが元彼を忘れ前に進み、新しい恋愛を上手くいかせるつもりなら、最後に自分の欲求を彼に聞いてもらい、この恋に区切りをつけるために理由を教えても貰うといいでしょう。

まとめ

まとめ

振られた理由を聞くためには「最後のお願い」というフレーズを使うととても効果的です。

理由を聞く手段はLINEがオススメです。

簡潔な文章を心がけながら、別れを受け入れたこと、振られた理由を教えて欲しいこと、どんな理由でも受け止めることを伝えましょう。

しかし、基本的には元彼は言いたくないからあなたに振った理由を伝えていないので、もしあなたが元彼と復縁したいのなら、振られた理由は聞き出さない方が良いです。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です