元カノと復縁したい!絶対に覚えておきたい女の15の心理

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

彼女との復縁を目指すにあたり、女性の心理を抑えておくことはとても大切です。

女性は感情に行動が左右されやすいため、効率や損得などをしっかり考えて行動できる男性とは違います。

その分男性には理解不能な行動をすることがあり、「これは脈ありなのか?」「彼女の本音が分からない」と悩むことも多いでしょう。

しかしもちろん、振り回されてばかりじゃ復縁はできません。

この記事では、彼氏と別れた女性がどんな心理になるのかをご紹介しますので、元カノと連絡するときや、告白をするときの参考にしてください。

別れてすぐは元彼を拒絶する

別れてすぐは元彼を拒絶する

彼女があなたと別れたということは、「もうこの人と一緒に居たくない」と思ってしまうなんらかの事情があります。

ですから、その事情や気持ちが変わらない別れてすぐのタイミングでは、どうしても元彼に優しくすることはできません。

そのため、連絡をしても対応はそっけないし、声をかけてみても嫌な顔をされる可能性が高いので気をつけましょう。

特に、この段階でしつこくしすぎると完全に嫌われてしまうこともあります。

女性の気持ちは時間経過とともに変わることがあるので、別れてすぐはそっとしておく方が良いでしょう。

誰かに気持ちを共有したがる

誰かに気持ちを共有したがる

嬉しいこと、悲しいことなどがあると、誰かに自分の気持ちを共感してもらいたいと思うのが女性です。

自分が振られた、振ったにかかわらず、女性は彼氏と別れるとほとんどの場合SNSに書き込んだり、友達に愚痴を言っているでしょう。

ここで意識して欲しいのが、その誰かに自分の気持ちを話すときに彼女の本音が見えているということです。

「別れる理由をはっきり教えてくれなかった」「彼女が何か隠しているような気がする」という場合には、別れた後の彼女の周囲から聞かされていない本音がないかチェックしてみましょう。

ドラマみたいな展開になるとキュンとする

ドラマみたいな展開になるとキュンとする

女性は結構夢見がちなところがあって、「カッコ良くなった元彼が迎えに来てくれたらな」なんて考えることもあります。

もちろん、そんなのはドラマやマンガの世界だけで現実的じゃないことは分かっているものです。

しかし、現実的じゃないからこそ、そんなことが自分に起こるとドラマティックに感じて一気にその気になります。

ただ、元彼が別れた頃と全く変わっていなければドラマティックさも何も感じず、ただ「何も変わってないな」とガッカリするだけです。

しっかり自分磨きをして、魅力ある男性になったらもう一度アタックしてみると、予想以上に早く関係が進展しやすいですよ。

悲劇のヒロインでありたい

悲劇のヒロインでありたい

例えば元カノが浮気をして別れたのだとしても、「あなたが構ってくれないから」「寂しかったの」と、いかに自分が辛かったのかを主張します。

こんな風に女性は悲劇のヒロインでありたがっているため、正論をぶつけるとものすごく機嫌が悪くなるのです。

ですから元カノとの復縁を目指す上では、正論をぶつけるのは避けるようにした方がいいでしょう。

言いたいことを我慢する必要はありませんが、伝え方を「俺はこんな気持ちだった」という感情視点に変えると伝わりやすいです。

また、元カノとの会話では「辛い境遇なんだよね」「大変だけど頑張ってるんだよね」といった具合に、ヒロイン扱いをしてあげると好印象を持たれやすいです。

アプローチは周囲にバレないようこっそりして欲しい

アプローチは周囲にバレないように

男性にモテるというのは女子力の一つですから、どんなに元彼を拒否する女性でも、心のどこかで「元彼に好かれていたい」という気持ちはあります。

ただ、そんな気持ちがあるとバレると「欲深い」「ハッキリしないチョロい女」と思われやすいので、女性はそんな本音は見せません。

しかし「誰にもバレなければ元彼からの連絡もOK!」という女性も多くいます。

ですから彼女にアプローチをするのは周囲にバレないようこっそりするのがポイントです。

共通の友人に協力してもらったり、あからさまに未練がバレバレな態度でアプローチをしないよう気をつけましょう。

女々しい男が大嫌い

女々しい男が大嫌い

女性が男性を女々しいと思うのは、

  • 別れたのに依存をする
  • 決断力、行動力がない
  • 人の機嫌を伺ってばかり

こういった精神面での弱さであることが多いです。

別れた元カノにいつまでも執着している様子や、元カノの出方を伺ってばかりで自分から行動を起こさないなど、女々しいと思われる行動はNGです。

女々しい行動になってしまいそうなら、逆に元カノに何もしない方が女性の気持ちを惹きつけられます。

周りに評価されていると自分も欲しくなる

周りに評価されていると自分も欲しくなる

女性のファッションは流行に似たり寄ったりになることも多く、他の女性が持っているものを元カノも持っているということもあるでしょう。

こんな風に女性は「周りがいいと思うもの」を良いと考える傾向が強く、こだわりを持ってものを選ぶ男性とは異なります。

そのため、女性からモテる男性というのはより魅力的に映るものです。

ですから、元カノに成長したことをアピールするときには「どれだけ元カノ以外の女性にモテているか」というのも大きなポイントになります。

恋愛は「上書き保存」

恋愛は「上書き保存」

男性は過去の恋愛全てを大事にできる「名前をつけて保存」型の恋愛。

それに対して女性は、常に今の彼氏や好きな人が一番に来る「上書き保存」型の恋愛をします。

もし元カノに今気になる男性がいる場合、あまり積極的なアプローチは響かない可能性が高いです。

男性の変化にはとても敏感

男性の変化にはとても敏感

よく女性は「男は髪型を変えても気づかない!」とコメントをするように、細かい変化に非常に敏感です。

そのため、男性が思う以上に変化や元カノに対する意識には敏感に気づきます

自分磨きを頑張ったものの、自分ではあまり変化が感じられない状態でも、まずは女性に評価をしてもらいましょう。

女性視点で「変わったね」と言ってもらえたらそれは大きな変化ですから、自信を持って元カノにもアピールするべきです。

また同様に、自分では未練を見せないように振舞っているつもりでも、女性視点では気持ちがバレバレなこともあるので気をつけましょう。

弱っているときに言い寄られると弱い

弱っているときに言い寄られると弱い

女性が男性を好きになるポイントの一つに「辛いときに支えてくれた」というものがあります。

男性よりも感情によって行動や考え方が影響されやすい女性だからこそ、弱っている時のアプローチは好感度を高めるのに効果的です。

しかし、だからといって「優しくしたから俺にも優しくして」という見返りを求める下心がバレてしまうと一気に印象は最悪なものになります。

周りに影響されやすい

周りに影響されやすい

女性は一度冷めた男性をまた好きになりにくいと思われがちですが、そんな女性でも元彼が恋しくなるタイミングがあります。

具体的には、

・クリスマス
・バレンタイン
・自分の誕生日
・友人の結婚をお祝いした後

など、周りが恋愛モードに入るタイミングでは、元カノも恋愛のスイッチが入り、復縁にも前向きな姿勢をもちやすくなるのです。

元カノに連絡したり、デートに誘いたいときにはこういったタイミングを意識すると良いでしょう。

優しくされるだけなのはイヤ

優しくされるだけなのはイヤ

男性は自分に優しい女性には弱いですが、女性は優しいだけの男性ではもの足りません。

DVやギャンブル依存の男性に振り回される女性が後を絶たないように、どこか危なさを感じる男性の方が魅力を感じるのです。

もちろん元カノに暴力なんてしたら大変なことになります。

例えば元カノに流されずダメなことはダメと言うといったような、元カノに流されない強気な姿勢を持つくらいで十分です。

相談するときに答えは求めていない

相談するときに答えは求めていない

女性にとって大事なのは共感です。

誰かに何かを相談するときは「それはこうするべきだよ」「こんな風にしたらいいよ」という答えやアドバイスは求めていません。

それよりも「それは大変だったね」と共感してあげるのがポイントになります。

もし相談された場合でも、元カノに良く思われようと、男らしく元カノを導こうとしなくても大丈夫です。

言葉よりも表情や態度が重要

言葉よりも表情や態度が重要

女性はよく「男の人は気持ちを表現してくれない」と言いますが、それは女性と男性の気持ちの表現の仕方に違いがあるためです。

女性は男性よりも分かりやすい表現を好みます。

具体的にいうと、言葉と表情、言葉と態度が合っていないと、言葉や表情、態度で表現されたどの感情を信じていいのか分からないのです。

ヘラヘラと「好き」と言うより、恥ずかしそうに「・・・好き」と言われた方がグッとくる、といった具合ですね。

ですから、未練を隠そうとしているのに元カノに連絡しまくったり、大切にしようとしているのに適当なセックスに持ち込もうとするといった行動は避けましょう。

母親扱いをされるとガッカリする

母親扱いをされるとガッカリする

男性的には元カノを母親扱いしていなくても、女性視点では「私、あなたのお母さんじゃないんだけど」と不満に感じてしまうことがあります。

例えば、元カノの良いところは「自分を支えてくれるから」など、自分へのメリットがメインになってはいないでしょうか

これは女性からすると「支えてくれるなら他の女の人でいいじゃん」となってしまうのです。

そうではなく、元カノにしかない魅力、元カノだからこその長所、元カノだからこそ抱く特別な感情でもって「よりを戻したい」と言えるようになりましょう。

元カノに復縁の告白をする際は、特に意識すべきポイントです。

女性は減点方式

女性は減点方式

男性は「自分にどんなことをしてくれたか」といった加点方式で好き嫌いを判断しますが、女性は逆に減点方式で男性の好き嫌いを判断します。

例えば今まで普通にLINEをしていたのに急に返事がなくなった場合、直前のやりとりで何かやらかしているケースがほとんど。

デート中もずっとニコニコだったのに、あるタイミングを境に急に怒り出したりするのも、女性特有の減点方式の採点基準が原因です。

ですから、復縁活動でも「ミスをしないこと」に重きを置きましょう。

連絡をするにしても、声をかけるにしても、元カノに減点されないようしっかり練ってから行動を起こすことが大切です。

まとめ

まとめ

復縁に役立つ女性の15の心理をご紹介しましたが、いかがでしたか?

優しい男性が好きだけど優しくされるだけじゃ嫌など、なかなか複雑で難しい心理をしていますよね。

だからこそ攻略が大変なのですが、少なくともこうした記事を読むまで真剣に愛してくれる元カレであるあなたのことは、元カノも悪くは思わないはず。

女性にとって何より大事なのは、自分を幸せにしてくれる強い愛情を持っているかどうかです。

ぜひ自分の愛に自信を持ち、元カノの気持ちを取り戻せるよう工夫をしてみてください。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年9月29日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です