連絡しないのが効果的?元カノと復縁するための連絡タイミング

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「復縁するためには冷却期間が必要」というのを、耳にしたことがあると思います。

ですが、連絡しないと元カノとの接点も持てませんし、本当に連絡しない方が復縁に効果的なのかどうか、不安になってしまいますよね。

そこで今回は、元カノに連絡しないことのメリットとデメリットについて、解説していきます。

加えて、連絡しない方が復縁に効果的なパターンもご紹介するので、ご自身の状況と照らし合わせながら参考にしてみてください。

元カノに連絡しないことのメリット

元カノに連絡しないことのメリット

まずは、元カノに連絡しないことのメリットから見ていきましょう。

気にしてもらえる

気にしてもらえる、ということがあります。

元カノに振られて別れた場合、元カノはあなたに対して「まだ未練があるだろうから、連絡がくるかもしれない」と思っているでしょう。

そのため、あなたから元カノに一切連絡をしないとなると、元カノは違和感を感じ、「もう吹っ切れたのかな」と気になります。

自分から振ったはずなのにあなたのことが気になってしまうため、結果的に元カノから連絡がくる可能性も高いです。

マイナスなイメージが緩和される

マイナスなイメージが緩和される、というのも言えます。

別れてしまった直後というのは、元カノの中であなたに対しての不満が溜まっていて、マイナスなイメージが強い状態です。

ですが、元カノに連絡しない期間を設けることによって、元カノと接する機会がなくなる分、マイナスイメージも落ち着いてきます。

そのため、次に連絡を再開した際に警戒心を抱かれたり、不審に思われるというリスクが減り、連絡が取りやすくなります。

友達に戻りやすい

友達に戻りやすい、ということも挙げられます。

別れてからもずっと連絡を取り続けていると、それまでの付き合い方とどう変えたら良いのかわからなくなりますよね。

お互いに接し方に戸惑ってしまい、なかなか友達に戻るということもできなくなってしまいます。

ですが、連絡しない期間を設けるとお互いに「過去の人」という印象になるため、かえって気軽に接することができ、友達に戻りやすいということになります。

間接的なアピールがしやすくなる

間接的なアピールがしやすくなる、ということもメリットです。

連絡を取っている間に間接的アピールをしようとしても、アピール感が強くなってしまう可能性が高いです。

ですが、連絡しない間であれば元カノに未練が伝わることもないため、間接的アピールも素直に受け取ってもらえます。

元カノとfacebookやTwitterなど、SNSのつながりがある場合は、前向きな投稿をすることで間接的アピールを強めましょう。

自分磨きに集中できる

自分磨きに集中できる、ということもメリットの一つです。

元カノと連絡を取っていると、どうしてもやり取りに意識がいってしまい、自分磨きがおそろかになってしまうことがあります。

反対に、元カノと連絡しない間は、自分磨きに集中することができ、別れの原因も改善できるようになります。

復縁を叶えるためには、自分磨きや別れの原因の改善が必須となるので、復縁をするにあたってのメリットと言えます。

元カノに連絡しないことのデメリット

元カノに連絡しないことのデメリット

次は、元カノに連絡しないことのデメリットを、お伝えしていきます。

元カノに彼氏ができてしまう

元カノに彼氏ができてしまう、ということがあります。

連絡しない間、あなたと同じだけの時間が元カノにも流れるため、その間に別の男性と出会ってしまう可能性があります。

彼氏ができなくても、好きな人ができてしまったり、別の男性と話すことであなたへの想いが消えてしまう、ということもあるのです。

女性は男性と比べて気持ちの切り替えがとても早いため、連絡しない間に好きな人ができてしまった、というケースはよくあります。

連絡を再開しにくくなる

連絡を再開しにくくなる、ということも挙げられます。

上記でお伝えした通り、元カノと連絡しないことで友達に戻りやすいというメリットはあります。

ただ、いざ連絡を再開しようとすると、あなた自身が元カノにどう連絡したら良いかわからなくなり、その戸惑いが元カノにも伝わってしまいます。

そうなると、元カノは「今更どうしたんだろう」と警戒心を抱いてしまい、せっかく期間をおいたのに気まずい関係になってしまう、ということもあるのです。

連絡先を変えられてしまう

連絡先を変えられてしまう、ということもデメリットです。

これは、元カノがあなたに対して強い警戒心を抱いていたり、マイナスイメージが強い場合にあります。

警戒心が強いと、「また連絡してくるかもしれない」という不安があるため、連絡できないように連絡先を変えてしまいます。

あるいはLINEをブロックされたり、着信拒否をされてしまったりと、いつの間にか連絡ができなくなってしまうこともあるのです。

元カノの状況がつかめない

元カノの状況がつかめない、というのもデメリットの一つです。

連絡しない間は元カノとの接点が少なくなるため、元カノが今どんな状態なのか、状況をつかむことができません。

そのため、連絡を再開しようとした時に元カノが忙しかったり、ストレスを抱えていたりと、タイミングが悪いこともあります。

タイミングが悪いと返信がくる可能性も低くなりますし、やり取りを続けることも難しくなってしまいます。

こんな時は元カノに連絡しない方が効果的!3つのパターン

こんな時は元カノに連絡しない方が効果的!3つのパターン

最後に、こんな時は元カノに連絡しない方が効果的なパターンを、3つ解説していきます。

最悪な印象を与えて別れてしまった場合

まず1つは、最悪な印象を与えてしまった場合です。

例えば浮気をしたことが原因で別れてしまったり、暴力をふるってしまったことが原因で別れてしまったり。

このように、最悪な印象を与えて別れた場合は、連絡しない方が賢明です。

すぐに連絡をしてしまうと、元カノの警戒心や恐怖心をが強くなってしまい、余計に嫌われる原因になるので、控えるようにしましょう。

元カノに依存している場合

2つめは、元カノに依存している場合です。

もし「俺には元カノしかいない」と思ってしまったり、「元カノがいないと生きていけない」などと思っていたら、依存している可能性が高いです。

元カノに依存したままでアピールをしようとしても、未練を伝えたり不満をぶつけてしまったりと、自分から復縁を遠ざけてしまうことが多くなります。

そうならないためにも、まずは元カノへの依存を克服できるよう、自分一人の時間も大切に過ごすようにしましょう。

元カノから「連絡しないで欲しい」と言われた場合

3つめは、元カノから「連絡しないで欲しい」と言われた場合になります。

元カノから連絡しないで欲しいと言われてしまった場合、連絡をすると「私の気持ちをわかってくれない」と思われてしまいます。

そのため、元カノの気持ちに理解を示すためにも、連絡しない期間を作って冷却期間を設けるようにしましょう。

その後連絡を再開する際には、必ず要件をつけて連絡をするようにして、徐々に元カノとの距離を縮めていくと効果的です。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

元カノとの復縁を叶える場合、別れた時の状況によって連絡した方が良い時と、連絡しない方が良い時があります。

また、連絡しないことで得られるメリットやデメリットもそれぞれあるので、しっかり理解した上で行動を起こすことが大切です。

自分の状況に合う行動をして、元カノとの復縁に近づけていきましょう。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年8月11日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です