元彼のタイプ別!復縁を叶えるのに最適な連絡頻度と彼のホンネ

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

元彼に連絡をする時って、どのくらいの頻度ですべきか気になるところですよね。

「頻繁にして迷惑がられるのも嫌だけど、あんまり間をあけると距離が離れそうで不安」と考えてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、元彼のタイプ別に復縁を叶えるために最適な連絡頻度をご紹介していきます!

元彼のタイプ別!最適な連絡頻度

元彼のタイプ別!最適な連絡頻度

早速、元彼のタイプ別に最適な連絡頻度をみていきましょう!

真面目な場合

元彼が真面目でな場合は、週に1回ほどにすべきです。

元彼が真面目でなおかつ優しいタイプである場合、あなたから連絡をすれば返信はありますが、「返事をしないと」という義務感で返していることもあります。

そのため、返事がくるからということで頻度を高めると、元彼の負担になってしまう可能性が高いです。

元彼に負担をかけず、でも最短で距離を縮めていくためにも、週1回程度の頻度を守るようにしましょう。

マイペースな場合

元彼がマイペースな場合は、隔週に1回程度が良いです。

マイペースということは、束縛や縛られることを嫌い、自由を好む性格ということになります。

つまり、連絡を返すのは元彼の気分次第ということになるため、頻繁に連絡をすると迷惑がられてしまう可能性が高いです。

そのため、隔週に1回ほどに連絡をするくらいに留め、元彼に嫌われることなく距離を縮められるようにしましょう。

連絡をする際にも、やり取りを続けるというよりは電話に切り替えたりお誘いをするなど、別の方法でコンタクトを取るようにすると復縁につながります。

短気な場合

元彼が短気な場合は、元彼のペースに合わせるようにしましょう。

あなたの気持ち次第になってしまうと、短気な元彼としては「俺に合わせて欲しい」とイライラしてしまいます。

そこで、元彼が楽しそうにしている時は頻繁に連絡を取り、素っ気なくしてきたら連絡をやめてみたりと、元彼に合わせるということを意識してみてください。

すると元彼は「俺のことをわかってくれている」と感じ、あなたに対しての印象が良くなっていきます。

頑固な場合

元彼が頑固な場合は、週に数回連絡を取っても問題ありません

頑固な元彼の場合、「俺から連絡をするのは嫌だ」という気持ちが強いため、彼の気持ちを変えるにはこちらが積極的に行動を起こすしかありません。

そこで頻度を高めに連絡を取り、硬くなっている元彼の心を少しずつ溶かしていきましょう。

ただ、一度に連絡をする際は4、5往復で切り上げるようにして、やり取りがマンネリしないようにする、という意識も大切です。

社交的な場合

元彼が社交的な場合は、毎日でも連絡を取りましょう

毎日だと多いと感じられるかもしれませんが、元彼が社交的なタイプの場合、毎日誰かしらと連絡を取っている可能性が高いです。

そのため、その中にあなたとのやり取りが混ざっても迷惑に感じることはないため、自然と連絡を取ることができるのです。

社交的な場合出会いも多いため、ここで変に遠慮をしてしまうと、元彼は別の女性と出会ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、積極的に連絡を取ってスピーディーに距離を縮めていきましょう。

連絡頻度でわかる!元彼の本音

連絡頻度でわかる!元彼の本音

次に、連絡の頻度でわかる、元彼の本心をご紹介していきます!

すぐに返信がくる場合

あなたが連絡して元彼からすぐに返信がある場合、元彼は復縁を求めている可能性があります。

男性にとってメールやLINEはただの連絡手段にすぎない、という方が多い中、すぐに返信がくるというのは滅多にありません。

そのため、すぐに返信があるということはそれだけ元彼の中であなたの存在が大きく、「連絡を取り合いたい」と思っている証拠です。

元彼自身があなたとの復縁を求めている可能性も十分にあるので、あなたからも積極的に連絡を取るようにしましょう。

返信がない

どんな連絡をしても返信がこないという場合は、脈なしの可能性が高いです。

考えられることとしては、あなたに対してのマイナスイメージが強くなっていて、復縁をする気がない、ということが一つ。

または、仕事が忙しかったりストレスを抱えていたりして、恋愛どころではなくなってしまっている、ということが一つあります。

いずれにせよ、現時点で元彼はあなたとの復縁を考えられる状況ではないので、まずは連絡を取るよりも元彼の印象を変えられるよう、別れの原因をしっかり見直してみましょう。

返事があったりなかったりする場合

元彼から返事があったりなかったりする場合、脈ありの可能性としては五分五分です。

もし復縁を考える瞬間があったとしても、「でもまた同じことになるかもしれないし・・・」などという不安が拭えない状態でしょう。

ただ、中には仕事が忙しい中で空き時間に返してくれているということもあるので、一概に脈なしとは言えない状況です。

返信があった時の元彼の反応を見ながら、どうしたら距離を縮めることができるか考えてみましょう。

元彼から連絡がある場合

元彼から連絡があるという場合は、かなりの確率で脈ありです。

男性はプライドが高いため、本来別れた元カノに対して自分から連絡をする、ということはあまり考えられません。

それでも自分から連絡をしてくるということは、あなたへの気持ちを抑えることができなくなっている、ということになります。

それだけ、あなたのことを好意的に思っているという意味でもあるので、復縁を考えているという可能性が高いでしょう。

ブロックされている場合

元彼からブロックされたりメール拒否をされている場合、脈なしの可能性が高いです。

厳しいことをお伝えしますが、元彼はあなたとの連絡手段を断つほどあなたに対して嫌悪感を抱いている、ということになります。

そのため、元彼の気持ちも脈なしの可能性が高いですし、連絡を取る手段もないため、ここからの復縁はかなり厳しいです。

ただ、SNSのつながりが残っていたり、共通の友達に協力してもらうということも可能なので、諦めずにできることを探してみましょう。

連絡頻度を増やす方法

連絡頻度を増やす方法

最後に、元彼との連絡頻度を増やす方法について、お伝えします!

元彼が返しやすい連絡をする

まずは、元彼が返しやすい連絡をするようにしましょう。

例えば短文にして元彼がすぐに返事ができるようにしたり、お互いに盛り上がることができる内容を送ってみたり。

このように、元彼が何も考えることなく自然と返信ができる連絡をすることで、着実に距離が縮まっていきます。

元彼としても、自然と連絡を取り合っているうちにあなたへの印象が良くなっていき、復縁を考えるきっかけにもなります。

会話が続かない時は無理に続けない

会話が続かない時は無理に続けない、というのも大切なポイントです。

例えば元彼に連絡をして「そうだね」などと一言で返事があった場合、次に何を送ろうか迷ってしまいますよね。

ですが、ここで無理に会話を続けても盛り上がることは難しいので、思い切って切り上げ、ダラダラと連絡を続けてしまうという状況を避けましょう。

メリハリのあるやり取りをすることで、元彼との関係も良好になっていきますよ。

元彼の興味を引ける話題を見つける

元彼の興味を引ける話題を見つけることも、意識してみましょう。

連絡をする時の内容に迷ったら、まずは元彼の趣味や好きなことなど、興味を引くことができる内容が望ましいです。

関心を持ってもらうことができればやり取りも続きますし、元彼も楽しんであなたと連絡を取ることができます。

復縁につなげるためには、元彼にやり取りを楽しんでもらうことが大切なので、情報収集も欠かさないようにしましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

元彼への連絡頻度は、タイプによって異なってきます。

ポイントとしては「負担をかけないこと」になるので、元彼の性格をよく考えながら、彼に合ったペースで連絡をしていきましょう!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です