“忘れられない元彼と復縁結婚する”ために、約10年を費やした女の末路

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

あなたは“元彼との復縁を本気で叶えようとする”女性の実態を、知っているだろうか?

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で元彼との復縁に執着する人などいない。

平均初婚年齢が30歳近くへと上がり続けている昨今でも、早いうちに“特別なひとり”を逃すまいと果敢に挑んでいるのだ。

今回の復縁女子
名前:サオリ(仮名)
年齢:32歳
職業:営業事務

今回ご紹介するサオリさん、知り合って5年目になる彼と今年の1月1日に入籍したばかり。

幸せの真っ只中と言ってもいいだろう。

でも、そんな彼女の結婚への道のりは順風満帆ではなかった。

実は一度、彼から振られているのだ。それが2009年10月のこと。

それが去年、2019年8月に見事復縁し、その後で彼からプロポーズされ今に至る。

そう、一度振られてから10年間の間、彼女は復縁のために全てを費やしてきた女なのだ。

大きな壁を乗り越えて来た彼女が語る“大好きな彼と復縁し結婚できた方法”とは?


サオリさん:今年の1月1日に無事入籍を済ませた、元復縁婚活女子です。彼とは女子大に入学して2年後に出会い、付き合い始めた人だったのですが…。

出会ってから約10年、順風満帆だったわけではなくて、むしろ付き合っていない期間のほうが圧倒的に長いんです。

しかもそのうちの5年間は音信不通状態。ほぼストーカーのような怖い女になってた期間もあります(笑)

そんな私ですから、周りからも「もう忘れなよ」と言われて誰からも応援されず辛い日々でした。

でも、紆余曲折を経て大好きな彼と復縁して、今年入籍に至ることができたんです。

なのでまず最初に言いたいのは、絶対に諦めなければ叶うということ。

ただし、努力の方向を間違えると私みたいに10年もかかるから、反面教師として見てください(笑)


編集部
:10年間の復縁活動の末の今ですか……でも入籍されたとのこと、おめでとうございます!

彼とはどこで出会ったのでしょうか?


サオリさん
:バイト先のカフェでした。付き合い始めてからは、お花見や夏祭り、旅行とか恋愛関係において全てを共に過ごしてきましたね。

当時は彼のことが本当に大好きで「卒業と同時に結婚…?」なんて淡い期待もしていたんです。だけど彼が大企業に就職し、全国転勤になって少しずつすれ違いができてしまって…


編集部
:そういった話はよく聞きますよね…


サオリさん
:新入社員研修後の5月に彼から「別れよう」って。


編集部
:そのときの別れはすんなり受け入れたのですか?

サオリさん:私自身、薄々は感じてたんです。気持ちが離れてるのかもって。それに私は自分に自信も無くて、彼に嫌われたくない一心でいつも彼の顔色をうかがってるところがありました。

それに「嫌いになったわけじゃない」って別れ際に彼に言われたから、いつかまた付き合える時が来るんじゃないかって淡い期待も持ってたんです。


サオリさん
:なのにその後、彼に新しい彼女が出来たことがわかって…。職場の同僚の女性と、一緒に遊んでる写真をSNSにアップしていたんです。

発覚後、悲しさを通り越して怒りのような感情が湧いてしまって、彼に電話で暴言を吐いてしまいました。

それなのに彼は怒るどころか「傷つけてごめん。もう連絡も取らないほうがお互いのために良いと思う」と言われて完全に終わりを迎えました。


編集部
:そうだったんですね…


サオリさん
:彼の謝ってる言葉と、電話越しに伝わってくる本当に申し訳ないという気持ちが私をハッとさせて「とんでもないことをした」と我に返りました。

でも、もう時既に遅しです。

ただただ悲しく、情けない思いでいっぱいでした。


編集部
:自分自身も見えなくなるほど好きだったってことですよね。

どうしてそんな彼が大好きだったのでしょう?


サオリさん
:ん~…好きなところがありすぎる!笑

彼はすごく家族思いなんです。特に弟と妹のことが大好きで、実家に帰るときは、いつも両手がパンパンになるくらいお土産を買って帰るんですよね。

私、家族との関係があまり良くないということもあって、仲の良い家族にすごく憧れがあるんです。

だから自分の家族を肯定できる人に惹かれるんです。

他にも、自分に自信のあるところや頭の回転の速さ、顔も好きだし体の相性も良くて。

…それほど大好きだった彼を、簡単に諦められる訳がなかったんです。私のすべてを捧げているつもりでしたし、何が何でも復縁するつもりで復縁計画を3ヶ年で練りました(笑)

  1. 反省の気持ちを彼に伝える
  2. もう未練がないことをわかってもらう
  3. 自分磨きで彼に魅力を伝えていく
  4. まずは友達として接することができるようにする
  5. 彼の相談に乗ったり頼れる女性になる
  6. 何でも話してもらえるような仲になる
  7. 共通の知人を使い自分アピール
  8. 仲が深まったところで一度離れて寂しさを感じさせる
  9. 相手の中で好きな気持を植え付ける
  10. 私が居なくなることの危機感を感じさせる
  11. 彼にとって私が居なきゃいけない存在になる
  12. 彼から告白してもらい復縁する

どんなに時間がかかっても復縁したかったので、綿密に計画をねってこの12ステップを3年かけて実行する予定でいました(笑)

サオリさん:さらに、モテる彼に対抗しなきゃと思って、私もそれなりの恋愛の場数を踏まねばと…街コン、合コンは積極的に参加しましたし、男性との会話やふれあいになれるよう頑張りました。

そしてよくある復縁本の通りに、別れて半年は連絡をせずにひたすら待ちました。

それから半年後、「よし、今だ!」と思って久しぶりに彼に連絡してみたんです。

「元気?」って一言だけ。色々と内容を考えた結果、シンプルに送るのが一番良いんじゃないかと考えました。

でも彼からの連絡がなくて…むしろ既読すらつかなくて…

それでもそのときはあまり焦りなども感じなくて、むしろ冷静な自分がいました。

恋愛本の他に復縁マニュアルみたいなものも買ってたんですけど、そこにはこう書いてあったんです。

「既読がつかなくても焦ることはない。彼も久々の連絡で少し緊張しているだけだから、彼のタイミングを待ってあげるのがイイ女の条件」

みたいな(笑)


編集部
:すごい都合の良い解釈のマニュアルですね…苦笑


サオリさん
:はい、今思えばなんであんなの信じてたんだろうって思います(笑)

冷静になってるつもりだったけど、やっぱりどこかおかしかったんですね。それから1週間、2週間と待ち続けて1ヶ月ほど経過した時に、流石に焦りだしました。


編集部
:それでどうしたんですか?


サオリさん
:自分がやってきたことが正しかったのか疑問に思えてきて、徐々に不安が大きくなってきました。

絶対に復縁できると思いこんでやってきてたのに、そのための1発目のアプローチから外してしまったので、一気に自信が崩れたんです。それで色々と心配になってきました。

もしかして彼はもう私のことなんて忘れてるんじゃないか?そんなの嫌だ!絶対に彼じゃないと駄目なんだ!どうにかして、彼に私の存在をアピールしないと…って。


編集部
:少し雲行きが怪しくなってきましたね…。


サオリさん
:お察しの通り、ここから暴走し始めます(笑)

このままだと彼との繋がりが切れてしまうんじゃないかという不安からくる焦りで、彼に突然電話をかけてみたんです。それも平日の昼間に。

当然、彼は仕事中ですから出れるはずがないんですけど、あのときの私はそんなことも考えられない状態でした。

元々の私の自分に自身がない正確や不安症なところが一気に吹き出してしまった感じで、完全に暴走してました。

電話に出るまでかけようと思って何度も着信を残したし、意味もなくLINEで「話したいことがあるの」って送ったり。彼からしたらホラー体験だったと思います(笑)


編集部
:ちょっと鳥肌たちました…笑


サオリさん
:そうですよね(笑) 普通に考えればおかしいってわかるのに、そのときは繋がることに必死過ぎて何も視えていませんでした。

当然ですけど、結果的にLINEはブロックされましたし電話も拒否されてしまいました。


編集部:ここまで聞くと、なんというか絶望的な状況過ぎて…。今のこの入籍したての幸せな状況へと向かうイメージが全くつかないんですけど、そこからどうやって今の状況まで来られたのですか?


サオリさん
:キッカケは、落ち込んでボロボロになっていた私を見かねた友人が紹介してくれた占いだったんです。

正直言ってしまうと、占いなんて気休め程度にしか思ったことはなかったんです。テレビでよく星座占いとかあるじゃないですか?あれも良い結果だったらラッキー、くらいの軽い受け取り方でしたし。

サオリさん:だけど、その時の私はもう何も出来ることが無くて神頼みくらいしかやることがなかったんですよね。

それに心配してくれてた友達の気持ちもわかるし、試しに占いを受けてみたんです。それが私にとっては転機でした。


編集部
:そこで状況を一発逆転させる占い結果が出てたとかですか?


サオリさん
:いえいえ、そんな漫画みたいなことはなかったです(笑)

その友人が紹介してくれた占いっていうのも、生年月日を入力して占う無料サイトだったので、占い結果もけっこうシンプルな内容でした。占いというよりも性格診断とかに近いかもしれません。

だけどそのシンプルな内容の中で、自分にとって気付きとなる言葉もあったんです。

「あなたの良いところはこういうところです」
「友人に恵まれるので自分が失意の中にあるときも必ず助けがあるはず」

こういった内容が書かれていたのを覚えてます。本当そのとおりでした。自分は恵まれてるし、それに気づかず自分が不幸のどん底に落ちて世界で一人ぼっちになっているような気でいました。

だけどそうじゃないんだって気づくことが出来たんです。


編集部
:それってすごい大事なことですよね。でも、それが復縁結婚のキッカケになったっていうのは具体的にどういうことなのでしょう?


サオリさん
:こんな簡易的な占いで気づくことが色々あったってことは、もっと本格的な占いを受ければ復縁のヒントをもらえるんじゃないかって思ったんです(笑)

こんな状況だったけどやっぱり復縁を諦めることはできなくて、でも彼にアプローチする事もできなくて、もう頼れるのが売らないくらいしか無かったからっていうのも大きかったんですけど、とにかく当たる占いを探しまくりました。


編集部
:探すのはどうやったんですか?


サオリさん
:ネットやSNSで調べましたね。それで気になったものは実際にあれこれ試しました。メールで鑑定を受けるものもあれば、電話のものもありましたし、あとは対面で占うものも試しました。

数えてないけど、たぶん100回以上はやったと思いますよ(笑)


編集部
:100回も!気になったんですけど、受けた占いの結果は、どれも似た内容でしたか?それとも全然違いましたか?


サオリさん
:占い師の先生によって全然違いました。それもあって、何を信じれば良いのかよくわからず占う回数が増えたというのもあります(笑)

でも、流石に100回も受けると傾向がわかってくるんですよ。この占術はアテにならないんだとか(笑)


編集部
:ズバリ、当たる占い師さんと当たらない占い師さんを見分ける方法ってありますか?


サオリさん
:これは100回以上受けた私だから言えるんですけど、霊視で占ってくれる先生以外は、毎回違う答えが出てくるので信じないほうが良いです。タロットとか道具を使って占うタイプですね。あと、霊視が出来ると言ってる占い師さんの中でも、こちらの共感や反応を見ながら答えるタイプの人はあまり信用できないです。ただ合わせてるだけの可能性が高いので。霊視が出来て、ハッキリ伝えてくれる占い師さんは言ってることがあまり外れてなかったですね。

その中でも、特に1人すごい占い師さんがいたんですけど、その方にはすごく助けられました。実際に彼とまた連絡が取れるようになって復縁が視えてきたのもその先生のおかげでした。


編集部
:実際にはどんな占い結果をもらって、どうやって彼との関係が進展したのでしょうか?


サオリさん
:私がその先生からもらった占い結果では、復縁のチャンスが来るタイミングと、その時に復縁するために今からすべきことの2つを教えてもらいました。

あとは、自分判断で良いと思いこんでした行動が裏目に出てきただろうから、人の意見をちゃんと聞いた上で行動することと強く言われました。実際、その通りで自分の思い込みで失敗してきたから耳が痛かったです(笑)


編集部
:復縁のチャンスが来るタイミングというのは、具体的に「●月です」とか言われるんですか?


サオリさん
:はい、それが私の場合は「2019年の夏」と言われました。


編集部
:え、すごい!復縁したのが去年の8月ですから、ピッタリ当たってますね!


サオリさん
:そうなんです。でもその占い結果を言われた当時はまだ2015年でした(笑)

正直、そんな先になるのかと落ち込んだんですけど、先生からその理由も言われて納得できたんです。

私は今までの努力の方向が間違っていたせいで、復縁から遠のいていました。彼にしつこくしてしまったこととかも当てられてましたし、今までやってきたことを考えると仕方ないかと思ったんです。

でも落ち込むことばかりじゃなくて、今からこれをすれば年内に連絡が取れる状況まで回復するとか、この先どう進んでいくかも教えてくれたので希望が持てました。

それで実際に言われた通りのことをやったら、音信不通状態だったのに3ヶ月後には彼とLINEは繋がるようになったんですよね。それに何より彼のことが大好きだったから「これは頑張るしかない!」とやる気になれたんです。


編集部
:言われたとおりにして効果を実感できたなら、確かに信用できますよね。

それが2015年なので、復縁まで4年ありますが、その間も順調でしたか?


サオリさん
:正直に言ってしまうと、何度か失敗もありました。どうしても寂しい気持ちになったときとか、落ち込んだときは彼に余計な連絡をしちゃったり…。

でもそういうのって、やっぱり上手く行かないんですよね。そのせいで少し関係が悪化しそうになったときもあったんですけど、占い師の先生がくれたアドバイスのおかげでなんとか持ち直しました。

一人じゃないって思いながら頑張れたので、それも大きいです。困った時にすぐ相談できる人がいるって大事ですよね。ちゃんと自分を見捨てず応援してくれる人がいたからこそ今があるんだって。たぶん、一人で頑張ってたら今頃も復縁できず悩んだままだったんじゃないかな…そう思うと恐ろしいです(笑)


編集部
:特に復縁って周りから応援されにくいですし、相談もしにくいですよね。そういう時にしっかり話を聞いてくれてアドバイスももらえる相手がいるって心強いかと思います。

それで、紆余曲折あり2019年の8月に復縁することとなりますが、その瞬間のことを教えていただいてもいいですか?


サオリさん
:少し恥ずかしいですが、彼と海デートに行った時に告白してくれたんです。

しかもそれだけじゃなくて…

サオリさん:「もう一度やり直したい。もう悲しい思いもさせたくないし、幸せにするから結婚しよう」ってプロポーズもその時にされたんです…照

占いでもうそろそろ復縁が近づいているとは意識してたけど、プロポーズされるだなんて思ってもいなかったので夢かと思いました。

しかもそのことを、占い師の先生に報告しようと思ったら先にLINEが来てて…

「緊張してしまうだろうかと思ったので伝えなかったけど、彼は復縁だけじゃなく結婚も真剣に考えてくれてるから、迷わず受け入れましょうね。」

って。なので二重で驚きがありました(笑)


編集部
:そこまで視えてたんですね!本当に凄い(笑)

ここまでの10年間、すごく長く感じたときもあると思いますが、どうして復縁のために頑張れていたんでしょう?


サオリさん
:…難しい質問ですね!笑 書き出すとすごく力を入れていたように感じられますが、信頼できる先生を見つけてからの4年間は、第二の青春のような期間で本当に楽しく過ごしていました。

真剣な話をすると、私の両親は、私が小学2年生の時に離婚してるんです。それもあって、家族への渇望が強かったというのもあります。

本当にただただ、大好きな彼と小さくても良いので幸せな家庭を築きたかったんです。


編集部
:それでは最後に、いま復縁に向けて頑張っている復縁女子に伝えたいことはありますか?


サオリさん
:私が偉そうにいうことはなにもないのですが…笑

私がこの経験で一番学んだことは、「悩んでいることは自分ひとりの頭で考えても良い答えは絶対に出ない。だから正しく導いてくれる人の力を借りるのが大事」ということでした。

彼のことが好きすぎるが故、自信を持てず…時に暴走してしまう時もありました。

ここまで私の話を聞いてくれたあなたは、きっと正しい努力が出来る方なんだと思います。

絶対に復縁は叶うし、幸せになれるので頑張ってください!!

彼女の10年が詰まったエピソード、いかがだっただろうか?

苦しい思いをし、時には周囲を巻き込みながら掴んだ復縁結婚。

笑顔でこの10年の苦楽を語ってくれた彼女が、今後幸せに暮らせることを願ってやまないです。

サオリさんを復縁へと導いた占い師はこの方です

柊みこと先生

【メッセージ】

復縁占い師の「柊(ひいらぎ)みこと」と申します。
私の鑑定では『霊視』と『占星術』を組み合わせたオリジナルの鑑定で、「復縁のために何をすべきか」「逆に何をしたらいけないのか」を占い、幸せになるためのアドバイスをお届けします。

復縁は周りに相談しにくいものだからこそ、その支えになりたいと思い10年以上鑑定を行っています。
たとえ今、どんなにつらい状況であっても、復縁は可能です。
相手から嫌われていても、ブロックされていても、別にお付き合いしている相手がいたとしても、復縁は叶うんです。
“絶望”を回避して”希望”を掴むために私はいつでもそばに居ます。
いつでも相談にのるので、気軽に連絡くださいね(^^)

※20歳以上の女性限定です