元彼の誕生日!lineは復縁に効果的?連絡をしたあとの対処法

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「元彼の誕生日にlineしたいけど、どう送ったらいいかわからない」

「誕生日lineをしたら、そのあとどうすればいいの?」

元彼の誕生日が近くなると、lineをすべきなのか考えたり、そもそもどんな内容で送れば良いのかわからず悩んでしまいますよね。

実は、状況によって元彼の誕生日に送るべきlineの内容は異なります!

そこで今回は、状況別に復縁へつながる誕生日lineの内容と、lineを送ったあとの対処法をご紹介していきます。

状況別!復縁につながる誕生日line

状況別!復縁につながる誕生日line

まずは状況別に、復縁へつながる誕生日lineの内容を見ていきましょう。

元彼と別れた直後

元彼と別れた直後は、誕生日lineをそもそも送らない方が賢明です。

別れた直後というのは、元彼の中であなたに対するマイナスイメージが強くなっているため、「おめでとう」とlineを送っても素直に喜んでもらえません。

特に元彼から振られて別れてしまった場合、別れた直後に誕生日lineを送ることで、元彼に「よりを戻したいのかな」と未練を感じさせてしまうことも。

そうなると元彼はあなたに警戒心を抱くようになり、せっかくの誕生日lineが元彼との心の距離を開かせる原因になってしまいます。

別れてから一切連絡を取っていない場合

別れてから一切連絡を取っていないという場合は、「おめでとう」のみの一言を送るようにしましょう。

一切連絡を取っていないとなると、元彼もあなたと「どう接したら良いかわからない」という状態になります。

故に、「おめでとう」以外のことを送ると元彼の負担になってしまい、元彼から返信が来ないという状況にもなりかねません。

そうならないためにも、一言「おめでとう」のみ送るようにして、元彼が気軽に「ありがとう」と返せる連絡をしていきましょう。

別れてからも連絡を取っている場合

別れてからも連絡を取っているという場合は、お誘いにつながるようなlineをすると良いです。

例えば「誕生日おめでとう!今度お祝いに美味しいご飯でも食べに行こうよ!」などと、誕生日を口実にお誘いをします。

自然とお誘いができるため彼も乗って来る可能性が高く、デートをするきっかけを作ることができる為、元彼との距離も縮まっていきます。

「連絡が取れている=関係は良好」ということなので、ここは勇気を出して積極的にお誘いへと繋げ、より深い関係を目指しましょう。

普段から元彼の反応が素っ気ない場合

連絡すれば返事が来るものの、いつも元彼からの反応が素っ気ない場合は、誕生日当日ではなく、2日後に誕生日lineを送りましょう

あなたに素っ気なくする元彼は、あなたを拒絶するほど嫌ってはいないけれど、関係を進展させる気はないという心理状態です。

この状態の元彼へ誕生日当日にlineを送ると、感情に温度差がありすぎて重たく思われてしまう可能性もあります。

そのため、誕生日から2日後に「今ふと思い出したけどそういえば誕生日だったね。おめでとう」と気軽な文面でlineをして、元彼に重たく思われるリスクを回避するのです。

当日は思い出してもらえなかった寂しさと、連絡してもらえた嬉しさで、元彼の心が少し動くことが期待できます。 

別れてから何年も経っている場合

別れてから何年も経っている場合は、lineをした理由を明確にすると良いです。

具体的に、

「誕生日おめでとう!Facebookで通知がきて、どうしてるかなって思って連絡してみました^^」

といった連絡が来たらどうでしょう。

不自然な感じには受け取りにくいですよね。

このように連絡した理由を明確にすることで、久しぶりに連絡をしても警戒されるリスクを防ぐことができ、元彼も気軽に返信をすることが可能です。

例えば、別れる前に元彼が転職を考えていたとしたら、「転職は結局したの?ちょっと気になってたんだ!」とlineをするのも、連絡をする理由になりますよ。

元彼から返信が一切ない場合

元彼から返信が一切ないという状況の場合は、未練を払拭するようなlineを送るべきです。

返信がないということは、元彼はあなたに対して強いマイナスなイメージや、警戒心を抱いている可能性が高いと言えます。

つまり、そのイメージを変えるためには未練の払拭を図れる連絡をすべきなのです。

例文としては以下になります。

「誕生日おめでとう。別れてからずっと寂しかったけど、最近やっと前向きになることができたから、けじめとして連絡をしました。今まで本当にありがとう。」

このように、元彼に未練がないことが伝わる連絡をすることで、元彼の警戒心を払拭することができ、その後連絡が取りやすくなります。

誕生日lineで注意すること

誕生日lineで注意することどんな状況で元彼に誕生日lineを送るにしても、共通で注意するべきポイントがあります。

ここから、それらの注意するべきポイントをお伝えしていきましょう。

lineを送る時間帯は20〜22時

元彼にlineを送る際は、仕事や用事のある日中を避け、20時〜22時に送ることをおすすめします。

もし、元彼の仕事が忙しいと知っているのなら、20時でも仕事の邪魔をしてしまうかもしれませんから、22時を目安に送ると良いです。

元彼が用事を終えて一人になったタイミングで、あなたからお祝いのlineが届くとベストです。

彼の生活リズムを想像しながら、時間を決めてください。

ただし、あまり遅い時間に送るのはマナー違反ですので、深夜は連絡を避けましょう。

長文の文面にしない

lineの文面は、長文にならないよう気をつけるべきです。

アプリ画面を開いたら、長文のlineが届いていた時の元彼の気持ちを想像してみてください。

嬉しさよりまず、「重たい」「読むのが面倒くさい」「返信へのプレッシャーを感じる」というマイナスの感情が湧くはずです。

そうではなく、元彼がメッセージを一目見た瞬間に「覚えててくれて嬉しい」「お祝いしてもらえて嬉しい」と思うような、簡潔な文面を送りましょう。 

追加のメッセージを送らない

lineを送った後、1時間、2時間と元彼から返信が来ないと、追加でメッセージを送りたい気持ちになることもあります。

しかし、追加でメッセージを送ってしまうと、返信を催促しているようでプレッシャーを与えてしまうため、絶対に送らないでください。

「こんなメッセージで大丈夫だったかな」と不安に思う気持ちはわかりますが、必ず元彼からの返信が来てから次のメッセージを送るように気をつけましょう。

元彼にメッセージを送った後は、lineのことばかり気にせず、気を紛らさせてくださいね。

元彼からの返信にすぐ既読をつけない

元彼があなたに返信した際、メッセージを送ったと同時に既読がつくと、返事を待ち構えていたようで彼を警戒させてしまいます

元彼から返信が来たら、すぐに確認したいかもしれませんが、2時間ほど経ってから返信をしてください。

夜遅くに返信が来たなら、翌朝確認して、相手のテンションに合わせて返事をしてください。

元彼からの返信が、低めのテンションで素っ気なかった場合、スタンプだけを送ってやりとりを終わらせることをおすすめします。

誕生日lineを送ったあとの対処法

誕生日lineを送ったあとの対処法

ここからは、誕生日lineを実際に送ったあとの対処法について、解説していきます!

「ありがとう」の一言のみだった場合

元彼からの返信が「ありがとう」の一言のみだった場合、誕生日のlineはそこで切り上げるようにしましょう。

一言のみの返信ということは、元彼はあなたの出方を伺って少し警戒している、という可能性が高いです。

あえてそれ以上は返さないようにすることで、元彼の中の警戒心を払拭し、今後のlineをしやすい環境にしていきましょう。

その後は、7〜10日後に要件を付けて連絡をするなどして、少しずつ元彼との距離を縮めていくことが大切です。

「ありがとう!元気?」などやり取りが続きそうな場合

返信で「ありがとう!元気?」などやり取りが続きそうな場合は、元彼のペースに合わせてlineを続けましょう

疑問文があったり返信の反応がよければ、元彼もあなたとのlineを続ける意思がある証拠なので、そのままlineを続けるとさらに距離が縮まります。

流れの中でお誘いをすることも可能ですし、lineが盛り上がれば盛り上がるほど距離もぐっと縮まるため、復縁にも近づきます

ただ、元彼から良い反応が来たからと言って好意を見せたり、重いlineを送ってしまうと負担をかけることになり逆効果なので、気をつけるようにしましょう。

返信がなかった場合

もし元彼から返信がなかった場合は、1ヶ月の冷却期間を置きましょう

お祝いに対しての返信がないということは、元彼はあなたに対して「どう接したら良いかわからない」と戸惑っている可能性が高いです。

そのため、ここで無理に返信を催促したり、頻繁に連絡をすると余計に元彼へ負担をかけてしまうので、1ヶ月の冷却期間を置きましょう。

冷却期間をおくことで元彼の気持ちも少しずつ落ち着いてきて、あなたに対する警戒心やマイナスイメージも和らいでいきます

距離を置いた後は未練を払拭できるような連絡をしながら、少しずつ元彼との距離を縮めていきましょう。

誕生日lineから会う約束につなげよう

誕生日lineから会う約束につなげようこれまで、誕生日lineが復縁に繋がることを説明してきましたが、誕生日lineをしたら元彼から急に「復縁しよう」と言われるわけではありません

誕生日lineで元彼のあなたへの好感度を上げ、距離を縮めることで結果的に復縁に繋がっていくのです。

誕生日lineで元彼と会う約束を取り付けることを、目標に設定しましょう。

元彼から返信があれば「最近は元気にしてるの?」など、追加でやりとりを続けます。

元々、元彼と友達としての関係が築けていれば、ここで「お祝いのご飯でも行こう」と誘ってみてください。

そこまでの仲ではなければ「たまにはみんなで飲み会を開こう」と共通の知人を交えて会う提案をすると良いでしょう。

誕生日lineがきっかけで復縁!体験談

誕生日lineがきっかけで復縁!体験談

最後に、誕生日lineがきっかけで復縁したという体験談を、お届けします!

「それまで一度も連絡を取っていなかったのに」

(28歳・女性)

「元彼とは別れてから気まずくて、一度も連絡を取っていませんでした。

でも彼の誕生日にどうしてもおめでとうだけでも言いたいと思い、”おめでとう!良い一年を!”

とだけlineしました。

その連絡に対しては”ありがとう”だけだったのでそのまま終わったんですが、そこから彼がインスタの投稿にいいねをしてくれたり、コメントしてくれるようになったんです。

私も彼の投稿にコメントしたりして、ちょっとずつ仲良くなりました。

その影響なのか、3ヶ月後に私の誕生日があったんですが彼からお祝いの連絡が送られて来ました。

そこからlineがずっと続き、毎日lineをするようになったんです。

その後、お互いの近況を報告したり電話したりするようになって、徐々に前みたいな関係に戻っていきました。

遠距離だったので会うのは難しかったんですが、電話をしている時に彼から”よりを戻したい”と言われ、復縁することに!

今思うと、誕生日にlineした時からちょっとずつ仲良くなったので、あの連絡がきっかけになったのかなと思ってます。」

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

元彼の誕生日にlineをする場合、まずは自分の状況をしっかり見極め、「lineをすべきかどうか」を判断することが大切です。

その上で状況に合ったlineの内容を送り、少しずつ元彼との距離を縮めていきましょう!

体験談のように、次に誕生日のlineがきっかけで復縁するのはあなたかも・・・!?

このチャンスを見逃さないようにしてくださいね!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です