「元彼に連絡したい!」していい時と、我慢すべきタイミング!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「元彼に連絡したいけど失敗はしたくない・・・」と悩むことってありますよね。

返事をもらえるかどうかは内容が肝心!かと思いきや、実は心理的には「タイミング」が非常に重要なのです。

「前はこんな話でも返事をくれたのに、今は何を送っても返事をくれない」となるのは、そのせいです。

では、実際にどんなタイミングなら連絡していいのか、逆にしてはいけないのでしょうか。

この記事では、心理学的見地から元彼への連絡のタイミングについてご紹介します。

今すぐスマホを持って!連絡していいタイミング

今すぐスマホを持って!連絡していいタイミング

まずは元彼に連絡をしていいタイミングのご紹介です。

実は、連絡していいタイミングというのは期間限定であることがほとんど。

タイミングを逃さないためにも要チェックしてください。

彼の誕生日

一年に一度、世界中の中で唯一彼が主役になれるのが誕生日です。

彼が交友関係の広い人なら、その他大勢のお祝いの連絡に紛れてしまいますが、逆にその方が「狙った感」がなくて受け止めてもらいやすいというメリットもあります。

特に男性は感情表現が女性より下手ですし、盛大なお祝いは「子供っぽい」と嫌うことも多いため、シンプルなお祝いが理想的です。

また、単純に彼自身が自分の誕生日に興味がない場合も、あまりに気合の入った連絡はドン引きされてしまいます。

まずはシンプルなお祝いで反応を見て、そこから会話が続くのなら、お祝いにかこつけて食事にでも誘ってみましょう。

急な用事がある時

「同棲していた家に彼宛の郵便物が届いた」
「共通の友人が彼と連絡を取りたがっている」

など、彼に連絡をしなければいけない時も連絡すべきタイミングです。

どんなに元カノの連絡を嫌がる男性でも、「連絡すべき用事がきちんとあるのであれば応じよう」という責任感があります。

元彼の責任感を刺激するためにも、用件だけを簡単にまとめた内容での連絡がオススメです。

彼の関わる震災・自然災害の時

大きな災害などで被災者になった経験があると、被災した日にはどうしても特別な思いになるものです。

彼自身も大変な思いをしたでしょうし、彼の友人が被災をしたことで、彼自身が心を痛め、その日に思いを馳せているかもしれません。

そんなタイミングで連絡をいれると「元カノもこの日を特別に思ってくれているんだ」という仲間意識が芽生えます。

ですから、連絡する内容も災害に絡めたものにするのがオススメです。

彼の身近な人の特別な日

彼の家族のお祝いの日や、ペットの誕生日、もしくは命日など。

元彼の身近な人の特別な日に絡めた連絡も、災害の日と同じように「同じように特別に思ってくれているんだ」と思わせる効果があります。

ただし、このタイミングは間違えると取り返しがつきません

絶対に自身がある時だけ、このタイミングで連絡するよう心がけてくださいね。

業務連絡がある時

業務連絡がある時

彼と部活や仕事が一緒の場合、どうしてもあなたから業務連絡をする必要があるかもしれません。

そんな場合もビクビクしたりせず堂々と連絡を入れましょう。

もし彼がそっけないように見えたとしてもビクビクしてはいけません。

「業務連絡だからきちんと確認したかどうか返事が欲しい!」という毅然とした態度をとる絶好の口実です。

彼を怒らせてしまってから48時間以上経った時

彼と喧嘩をした、ひどいことを言ってしまった、未練を伝えて断られてしまったなど、彼とトラブルになった後にも連絡を入れましょう。

もちろん内容は彼を怒らせたことを謝る連絡になります。

ただし、トラブルになった直後ではなく48時間程度の時間が経ってから送るのがポイントです。

なぜかというと、怒らせた後すぐの謝罪では「その場しのぎ」な感じがして胡散臭く感じられてしまうため。

「頭を冷やした」と彼が納得できる時間の目安が、48時間程度となります。

彼が落ち込んでいる時

仕事で失敗した、大切なものを無くしたなど、彼が落ち込んでいる時は支えになりましょう。

人は精神的に弱っている時に優しさを見せられると、どうしてもその優しさに甘えたくなってしまうものです。

もともとあなたの温かさや優しさを知っている元彼ですから、付き合っている頃を思い出してもらえるいい機会になります。

彼と二人で会った直後

仕事などの止むを得ない事情で会った場合でも、友人として食事に行った場合でも、彼と会った直後も連絡を入れましょう。

会った後はテンションが高いため、彼の気分がいいうちに連絡をすることで優しい対応をしてくれやすくなります。

事実、男性的にはデート後の女性からの連絡は「別れた直後」にもらうのが一番嬉しいというアンケート結果もあるくらいです。
(参照:https://woman.mynavi.jp/article/170329-17/3/

仮に二人で会えたのがデートでなかったとしても、解散してすぐに「時間を作ってくれてありがとう!」と一言連絡するだけで、とっても丁寧で礼儀正しい良い印象を受けます。

元旦

季節の挨拶は連絡のきっかけとして使いやすいですが、中でも一番自然に送れるのは「あけましておめでとう!」の一言です。

そんなに親しくない間柄でも挨拶しやすいものの代表であり、元彼も反応しやすい連絡の一つです。

新年は気分も一新されて「去年のゴタゴタは忘れよう」という気分になりやすいですし、周りがお祝いムードのため心理的に機嫌良くなりやすい時期でもあります。

こんな時は我慢して!連絡してはいけないタイミング

こんな時は我慢して!連絡してはいけないタイミング

続いて連絡を我慢すべきタイミングのご紹介です。

「彼が冷たい」といった漠然とした状況だけではなく、より具体的に連絡を我慢しなければいけない時があるので、しっかり覚えておきましょう。

話題がない時

話題がない時に連絡をしてもいいのは、心を許しあえているカップルや友人だけです。

特に別れて「気まずい」と思っていたり、あまりいい印象を持たれていない時に中身のない連絡をすると、どうしても会話に詰まって余計気まずくなってしまいます

話題がないのなら、彼に連絡できるような話題が作れるよう新しいことにチャレンジしていくと良いでしょう。

彼が仕事や学校などで忙しい時

忙しい時の元カノからの連絡は、急な用事でもない限り「めんどくさい!」と思われやすいです。

人によってはそのタイミングの悪さから「俺たちやっぱり合わないな」と余計に別れを納得してしまうこともあります。

彼の仕事の繁忙期やテスト期間などが分かるのなら、できる限りそのタイミングでの連絡は避けましょう。

酔っ払っている時

酔った勢いに任せて元彼に連絡したくなる時もあるかもしれませんが、復縁したいのなら我慢です。

アルコールが入っていると普段言わないことをポロっと言ってしまうこともあり、連絡してから後悔するハメになるでしょう。

また、連絡を受ける彼の方も、

「俺はこんなに忙しいのにずいぶん楽しそうだな」
「酔っ払いの相手はめんどくさい」
「周りに人いるんじゃないの?もしかして俺晒し者になってる?」

などと受け止めやすいため、必ずしも好印象になるとは限りません。

未練を伝えた・未練がバレた直後

「よりを戻したい」と告白をしたり、何らかの理由で未練が彼にバレてしまった時もしばらく連絡は我慢しましょう。

彼の答えを待っているうちなら「急かされている」と感じますし、彼があなたの気持ちを拒否したのなら余計に鬱陶しく感じてしまいます

彼に新しい彼女ができた時

元彼に新しい彼女が出来たと知って「お幸せに!」などと送ると嫌味に捉えられやすいです。

彼本人から報告を受けたのならまだいいですが、彼があなたに教えてくれてないのに新しい彼女のことについて連絡をすれば「監視されている!?」と恐怖を感じてしまいます。

知らずに連絡してしまうのなら仕方がないですが、SNSや友人経由で知ったのなら少しそっとしておきましょう。

新しい彼女ができ、彼があなたを「過去の人」として受け入れられるようになってから、改めて信頼関係を作っていく方が復縁の近道です。

寝る直前、起きてすぐ

寝る前の連絡は一見いいように感じますが、別れて気まずいカップルだと「返事をしなくていい口実」になってしまうのです。

「寝てたから既読スルーしても仕方ないよね」
「寝ぼけてメール見たから返事するの忘れてた」

といったように、せっかくの連絡が何の意味もなくなってしまいます。

また、彼にストレスが溜まっている状態だと、このリラックスタイムの連絡は「今から寝ようと思ったのにうるさい!」と怒らせてしまう原因にもなりかねません。

ブロックされてしまう前に、連絡するタイミングを見直しましょう。

まとめ

まとめ

「二人で会った直後」や「落ち込んでいる時」など、女性とは違う男性ならではのタイミングでの連絡は反応ももらいやすく、好印象になります。

また同じように「話題がない時」や「忙しい時」の連絡も、女性なら励まされるタイミングでも、男性だと逆効果になることもあるので注意しましょう。

男性ならではの心理は女性としては理解しがたいものもあるでしょう。

でも、理解はできなくても理解しようと気を配るだけで、これ以上元彼に嫌われてしまうことはなくなります。

ぜひ、次回連絡する時には彼が受け止めやすい連絡のタイミングを意識してください。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です