元彼が何考えてるかわからない…彼が見せる未練・なしのサイン!

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

「元彼が何考えてるかわからない…」

そう悩んでしまったことはありませんか?

好意を持ってくれていると思ったら、素っ気ない態度を取られたり。

感情が読めない元彼の行動に、振り回されてしまうことも多いと思います。

そこで今回は、元彼の行動が脈ありなのか脈なしなのかを判断するための、元彼の行動をご紹介していきます!

また、どうしても何考えているかわからないという場合、元彼の本心の見抜き方についてもお伝えするので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

元彼の脈ありサイン

元彼の脈ありサイン

まず、元彼の脈ありサインから見ていきましょう!

元彼から積極的に連絡がある

元彼から積極的に連絡がある、ということがあります。

頻繁に連絡をしてくるということは、あなたと過ごした幸せな時間を、今でも覚えているということです。

付き合っていた頃によく連絡を取り合っていたのであれば、元彼の中でその感覚が抜けずにいるのでしょう。

そしてあなたのことが気になってしまい、つい連絡をしてしまう、という行動につながります。

もしあなたも復縁を望むのであれば、あなたからも積極的に連絡を取るようにすると、ぐっと距離が縮まりますよ。

何も聞いてないのに自分の話をする

何も聞いていないのに自分の話をする、ということも挙げられます。

女性は好意的な人を目の前にすると、「その人のことがもっと知りたい」と考えます。

そのため、過去の話を聞いたり家族構成を聞いたりと、質問責めをすることが多いでしょう。

一方で男性は、好意的に思っている相手に対して、「もっと自分の良さを知ってほしい」という思いがあるのです。

そのため、相手の話を聞くよりも自分の話が多くなる、という傾向があります。

特に自分が自信を持っている分野の話になると、かなり饒舌に話してくれます。

酔った時に連絡をしてくる

酔った時に連絡をしてくるのも、脈ありサインと言えます。

男性は、お酒が入ることにより理性がなくなるためプライドが薄れ、普段よりも積極的な行動を取るようになります。

そのため、酔ったタイミングで連絡をしてくるというのは、心の底ではあなたと連絡を取りたいと思っている証拠です。

酔っている時だけに連絡をしてくる場合、普段はかなりプライドが高い男性と言えます。

そのため、連絡をしてきた時をチャンスだと思い、会う約束をするなどして距離を縮めましょう。

好意を見せてくるけど手を出してこない

好意を見せてくるけど手を出してこないのも、脈ありサインの一つです。

手を出してこないということは、あなたのことを性的な対象として好意的に思っているのではありません。

恋愛対象として好意を抱いている証拠なので、元彼はあなたとの復縁を考えていると言ってよいでしょう。

もしあなたも復縁を望んでいるのであれば、元彼に対して好意的な態度を示してあげるとよいです。

そうすることによって元彼も自信を持って、あなたに復縁を持ちかけることができます。

付き合っていた頃の話をしてくる

付き合っていた頃の話をしてくるのも、脈ありサインと言えるでしょう。

過去の話をするということは、元彼は楽しかった日々を思い出し、懐かしんでいるということです。

もし復縁をする気がないのであれば、たとえ思い出したとしても、「変に思われるかな」という思いから、あなたに話すということはありません。

反対に、あなたに敢えて過去の話をするということは、あなたにも思い出してほしい、という思いがある証拠です。

元彼の脈なしサイン

元彼の脈なしサイン

次に、元彼の脈なしサインを見ていきましょう。

返事はあるものの元彼からの連絡はない

返事はあるものの元彼からの連絡はない、という場合です。

連絡をすると返事がある状況となると、「少しは好意的に思ってくれているかも」と感じるかもしれません。

ですが元彼から連絡がないというのは、元彼自身は自分から連絡を取るつもりがない、ということ。

返信をしてくれているのはあなたに対して情が残っているか、何も考えずに連絡がきたから返事をしているだけである可能性が高いです。

忙しいアピールをしてくる

忙しいアピールをしてくるのも、脈なしサインとなります。

元彼がやけに「仕事が忙しい」「しばらく返事できない」などと言っていたら、脈なしと考えられます。

本当に仕事が忙しい場合も、もちろんあります。

ただ、わざわざそれを伝えるということは、「連絡しないでほしい」という隠れたメッセージも含まれているのです。

もし元彼との復縁を望んでいるのであれば、頻繁な連絡は彼に嫌悪感を与えてしまうので、注意しましょう。

既読をつけてから返信までが長い

既読をつけてから返信までが長い、というのもあるのです。

LINEの連絡に対して既読はつけても返信が遅いのは、元彼の中であなたの優先順位が低いということになります。

もしあなたのことを好意的に思っているのであれば、すぐにでも返信したいと思うはず。

反対に好意がないとなると、たとえ忙しくなくても「あとでいいや」と思われてしまい、返事を後回しにされてしまいます。

SNSをアンフォローする

SNSをアンフォローするというのも、脈なしと言えるでしょう。

元彼とFacebookやTwitterなどでつながりがあった場合、そのつながりを切られてしまうのは、脈なしということです。

SNSをアンフォローするということは、元彼はあなたの投稿に関心がない、ということ。

また、自分自身の投稿も見られたくない、という気持ちもあるでしょう。

もし好意があればあなたの動向に関心を示しますし、自分の投稿も見てもらいたいと思うはず。

なので、SNSのつながりを切るということはしません。

何度誘っても会ってくれない

何度誘っても会ってくれないという状況も、挙げられます。

元彼があなたに好意があるのであれば、誘われたら嬉しいと思うはずですし、予定を変えてでも会うでしょう。

ですが何度誘っても会ってくれないということは、元彼はあなたに会うつもりがなく、会いたいという気持ちもないということです。

「今忙しいからまた今度」などとはぐらかされてしまう場合も、元彼は会うつもりがないでしょう。

どうしても何考えてるかわからない…そんな時に元彼の本心を見抜く方法

どうしても何考えてるかわからない…そんな時に元彼の本心を見抜く方法

最後に、どうしても何考えているかわからない…そんな時に元彼の本音を見抜く方法を、解説します!

正直に彼へ聞く

1つめは、正直に彼へ聞く、ということです。

シンプルな方法ですが、これが一番の近道ですし、はっきりとした答えを知ることもできます。

聞く時は「私はこう思っているけど」と先にあなたの気持ちを伝えると、元彼も自分の気持ちを伝えやすくなりますよ。

反対に、「何考えてるかわからないんだけど」などと責めてしまうと、元彼は気持ちを話す気も失せてしまいます。

なので、努めて穏やかに接し、元彼が自分の気持ちを話しやすいような聞き方を、意識してみてください。

出会いを求めていると伝えてみる

2つめは、出会いを求めていると伝えてみる、という方法になります。

「私、そろそろ彼氏がほしいから今度合コン行こうと思ってて」などと、元彼に伝えてみましょう。

もし元彼があなたに好意があるのであれば、焦って引きとめようとしたり、「合コンなんてやめておきな」と否定するでしょう。

反対に好意がないのであれば関心を示すことはないので、否定されずに会話が終わってしまうはずです。

元彼の反応によって脈ありかどうかの判断ができるので、怖いかもしれませんが、試してみる価値はあります。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

元彼が何考えているかわからない時はまず、脈ありかどうかを確かめてみましょう。

細かく観察してみると、意外と行動の端々に表れていることが多いです!

そのサインを見逃さないようにして、元彼の気持ちに合わせて接し方も変えてみてくださいね。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年8月11日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です