元彼がうつ病で心配!復縁はできるの?しない方がいい?

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

元彼がうつ病だった、もしくは元彼がうつ病になってしまったという人は、少なくありません。

自分と深く関わっていた人が、うつ病になってしまったと聞くと、どう接していいのか分からなくなってしまいますよね。

また、復縁をしたい場合には、余計に悩んでしまうでしょう。

ここでは、うつ病の元彼と復縁はできるのか、しない方がいいのかについて説明していきます。

元彼がうつ病かもしれない?

元彼がうつ病になってしまったかもしれない…。

そう思うと、罪悪感だったり、心配だったり、複雑な気持ちになりますよね。

まずは元彼がうつ病なのかどうか、元彼のもともとの性格診断でチェックをしていきましょう。

元彼がうつ病かも?診断チェック

  1. 完璧主義
  2. 優等生気質
  3. 家族とあまり仲が良くない
  4. 自分のことをあまり話さない
  5. 言い争いの喧嘩になりにくい

元彼がこのような人だった場合には、うつ病になりやすいタイプなので、うつ病と思われる症状が現在出ているのであれば、なっている可能性が高いです。

とはいえ、誰でもなりえる病気だと言われているので、上記に当てはまらない場合でも、症状がある場合には、かかりつけ医に見てもらうよう促してあげましょう。

うつ病かも?症状チェック

突然音信不通になる

気分の上がり下がりが激しい

自己肯定感が低い

「どうせ」「自分なんて」という言葉が目立つ

すぐに謝る

突然泣き出す

こうした状態になっているようであれば、病院に行くように促してあげましょう。

もしも、抵抗される場合には、ご自身がまずは相談窓口に連絡をするという方法もあります。

相談窓口はこちら

復縁はできるの?しない方がいい?

元彼がうつ病状態でも、復縁はできるのか、してもいいのか気になるところですよね。

これは、単純な回答というのはありません。

あなたの人生でもあり、元彼の人生でもあるので、慎重に考えていく必要があります。

考えていく部分をいくつかに分けたので、それを元にご自身でどうすべきかを決めるための、材料としてお使いください。

復縁はできる?

復縁じたいは、うつ病だったとしても出来ます。

ただし、元彼の気持ちとしては、うつ病の自分と一緒になっても幸せにさせることができないと思ってしまうでしょう。

なので、時間はかかってしまう可能性はあります。

しない方がいいということはありませんが、時間がかかってしまったり、なかなか思い通りに自分の気持ちが届かない場合もありますから、その分苦しい時間は増えてしまいます。

それも覚悟の上で、復縁したい気持ちが強ければ、大丈夫でしょう。

あなたはどんな性格か?

あなたがどんな性格なのかによって、元彼がうつ病の場合に相性がいいか悪いかも変わってきます。

うつ病といっても、もちろん普通の人ですから、特殊な資格がないとお付き合いが出来ないというわけではありません。

ただ、感情の上がり下がりが激しかったり、治るかどうか分からない病ですからそれに向き合っていけるかどうかというのは、重要なポイントです。

  • 感情的になりやすい
  • 浮き沈みがある
  • 感情移入しやすい
  • 怒りっぽい
  • 人のせいにしがち
  • 依存気質

こうした性格の方だと、うつ病の彼と向き合うのは苦労をしてしまいます。

自分の性格もなかなか「直そう」と思って直せるものでもないですから、そのあたりの自分の性格を考えて、相性がよくない場合には、より苦労が増えてしまい彼にも、苦労をかけてしまう可能性があることを把握しておきましょう。

あなたの幸せや望むことは?

一番大事なのは、あなたが望むものが何なのかです。

  • 彼のことが心から好きで、病とも一緒に向き合っていきたい。
  • 彼との将来以外考えられない
  • どんな彼でも好き

というようなことが望みであったり、幸せなのであれば、どんな困難も乗り越えていく覚悟があるかと思います。

ただ、

  • うつ病になってしまって可哀想だから
  • 自分のせいでうつ病になっちゃったのかもしれないから
  • 見捨てられない
  • 心配

こうした同情心が強いのであれば、身を引いてあげることがお互いの幸せでもあります。

あなたのせいでうつ病になったわけではありません。

ですが、近い存在だから「自分のせいかもしれない」と考えてしまうのは、今後も自分を同じように苦しめてしまいます。

人の問題や課題を自分のことのように悩んでしまったりするのは、考えとして間違ってしまっています。

その状態では復縁をしてもすぐに破局してしまったり、お互いが幸せとは感じられない日々が待っています。

自分の望みが何か、よく考えてみましょう。

気を付けるのはどんなこと?

うつ病の元彼と、復縁をするためや接していくために、気を付ける点があります。

普通に接するのももちろん大事なことではありますが、それとあわせて気をつけておくといい部分もあるので、チェックしておいてください。

彼の問題と自分の問題を混同させない

彼の問題と、自分自身の問題を混同させないようにすることは、非常に大事なことです。

大変そうだったり、辛そうな彼を見ると、自分にできることはないかと一緒に問題に向き合おうとしてしまいます。

もちろん、親身になってあげるのは素敵なことですが、自分の問題と同じくらい悩んだり落ち込んだりする必要はありません。

人の問題と自分の問題の境目がつかなくなってしまうと、自分が今度はうつ病予備軍になってしまいます。

彼が解決をしないと意味がないので、問題がある場合には手助け程度に思う気持ちが大切です。

無理に一緒にいようとしない

心配だからと側にいてあげたい気持ちは、出てきてしまうでしょう。

ですが、ずっと一緒にいたり、無理に側にいすぎると、お互いに辛くなってきてしまいます。

どんな関係性だったとしても、自分だけの時間をお互いに持つことは大事なこです。

心配でも常に側にいることが、相手にとっての幸せとは限りません。

強制させない

  • 連絡してね
  • これ食べてね!
  • 病院必ずいくんだよ

こんな風にお世話をしてあげたい気持ちになってしまいますが、強制をされることにたいしうつ病の方は必要以上にプレッシャーを感じてしまいます。

「やらないといけないんだ」という重圧に、押し潰されそうになってしまうので、強制するようなことは伝えないようにしましょう。

自分を責めない

一緒にいると、どうしても自分を責めたくなる時がきます。

「なんで何もしてあげられないんだろう」

「私のせいで…」

こんな気持ちになってしまうかもしれませんが、自分を責めないであげてください。

絶対にあなたのせいではありません。

いろんなものが重なって今があるので、あなたが例え後悔するようなことを過去にしていなかったとしても、今は同じような結果だったんです。

あなたが責めている姿を見れば、彼も悲しみます。

それよりも笑顔で、いつも変わらない存在でいてあげてください。

まとめ

うつ病の彼とでも、復縁は可能です。

どんな方でも、復縁するための方法を知って正しく行動をしていけば出来ないことはありません。

ですが、繊細で敏感な状態の彼なので、本当に自分が彼のことを愛していて復縁したい気持ちがあると、はっきり思えないのであれば、中途半端に関わるのはあまりよくありません。

まずは、自分の気持ちをはっきりさせて、本当に復縁したいのか罪悪感や同情ではないことを明らかにしてください。

接し方にさえ気をつけていけば、うつ病の彼とでも幸せに復縁して過ごしていくことは可能です。

あなたも彼も幸せに過ごせるように、注意点に気をつけて過ごしてくださいね。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年9月29日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です