【復縁】復活愛とは彼の冷めた気持ちに再び火をつけること。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。

復縁を目指す女性は「別れた元彼から再び愛されたい」と望んでいるでしょう。

しかし、じっと待っていてれば何か奇跡が起きて元彼の気持ちが変化し、あなたを再び愛するようになることはありえません。

元彼から再び愛されるために必要なのは駆け引きではなく「愛される自分」になることです。

この記事では、理想の復活愛についてや、元彼からもう一度愛されるための方法をご紹介していきます。

本気で復活愛をしたい方は、この記事でご紹介する内容をぜひ実践してみてください。

理想の復活愛とは復縁した後もずっと続く愛

理想の復活愛とは復縁した後もずっと続く愛

理想の復活愛はどのようなものだと思いますか?

復縁しても元彼と再びすぐ別れてしまうことと、復縁した後に二人の絆が深まり結婚に至ることなら、もちろん絆が深まり結婚できる方が理想ですよね。

しかし、復縁してもすぐに別れてしまうカップルがほとんどだという現実があります。

復縁してからの元彼とあなたがうまくいくかどうかは、別れている間にあなたがどう過ごしていたかで決まります。

再び別れてしまわないようにするためには、ただ闇雲に復縁を目指すだけではなく、元彼と深い愛と絆で結ばれる「理想の復活愛」を目指してください

元彼を振り向かせ、理想の復活愛を成功させる方法

元彼を振り向かせ、理想の復活愛を成功させる方法

深い絆で結ばれ元彼とずっと一緒にいられるようになる「理想の復活愛」は、どうやったら成功するのでしょうか?

ここからは破局から復活愛までにあなたがするべきことをご紹介していきます。

しっかり冷却期間を置く

元彼の愛を取り戻す上でとても重要なのが、別れた直後に未練を見せず、元彼との接触を一切断つことです。

この、接触を断つ期間のことを「冷却期間」と言い、復縁するには別れてから1〜3ヶ月の間冷却期間を置くべきだと言われています。

冷却期間を置くと、

  • 別れた直後にはお互いに冷静ではないので、接触すると関係がより悪化する可能性がある
  • 別れを受け入れていると元彼に思ってもらえる
  • 男性はしばらく元カノと接触がないと悪い記憶が薄れ良い記憶を思い出してくれる

などの復縁ためのリスク回避と復縁の可能性を高める効果があります

また、冷却期間の間にあなたが過去を振り返り自分を見つめ直し、会わない間に成長をすることでより復活愛が成功する確率は上がります。

付き合っていた時と違う一面を見せる

冷却期間が終わり、元彼と再び連絡をとる際には、付き合っていた頃から変化した、もしくは付き合っていた時には見せたことのなかったあなたの姿を元彼に見せましょう。

もし元彼が、あなたが付き合っている頃と変わっていないと思ったなら「復縁」ということも考えられないはずです。

また、勢いで復縁できても、復縁した後で彼に「やっぱり付き合っている頃と何も変わってない」と思われたならすぐに破局します。

元彼に付き合っていた頃と違う一面を見せるには、彼と付き合っていた頃の自分がどのような姿だったのか客観視して振り返ることが大事です。

その上で「こういう部分は直していると知ってもらおう」「仕事への姿勢は見せてこなかったけど、これからは見せていこう」など意識してみてください。

友達として付き合おうと提案する

冷却期間が開けてあなたから連絡した時、元彼から接触を拒絶されなかったなら、「今後は友達として付き合おう」と提案してください。

いきなり復縁を目標にすると、成功する可能性が低く、復縁できてもすぐに別れるような脆い関係しか築けないことが多いです。

まずは、元彼と気軽に接触ができる関係を目標にして、その中で少しずつ愛を育んでいく方が理想の復活愛に繋がりやすいのです。

元彼が復縁を意識しているわけではない時期は、多くを求めず、1〜2ヶ月に一度会って話したり、遊びに行く関係を継続する中でどう元彼に自分を好きになってもらえるかを工夫してみてください。

彼と会える関係になったら悩みを相談する

元彼と友達としてたまに会える関係になったら、少しずつ彼の心にアプローチをかけていきます。

この時、ぜひ実践して頂きたいのは「悩みを相談する」ことです。

悩みを相談する行為は「あなたを信頼している」という暗黙のメッセージを相手に伝えます。

悩み相談することで、元彼に「未練がある」と悟られず、しかし彼を信頼して心を開いているから相談事をするのだというちょうどいい好意を伝えられるのです。

相談に乗ってもらったら、きちんと感謝を伝えましょう。

そして、彼からのアドバイスを実践するで「この人は自分の話を真剣に受け止めてくれたんだ」と彼からの信頼も得ることができます。

上手に相槌を打つ

人から愛される人間は聞き上手ですが、聞く力とはつまり相槌する力といっても過言ではありません。

ただ「うんうん」と頷くだけではどう思っているのか、真剣に聞いているのかが話し手に伝わりませんが、「すごい!」「ひどい!」「そうだったんだ!」と相槌で短くどう思ったかを表現することで、相手を話の中心に置いたままで自分がどう捉えたかも相手に伝えることができます。

また「言ってるのはこういうこと?」と元彼の話を自分なりにまとめて言うことも、話の中心を彼に据えたままで話を発展させるのにおすすめの方法です。

相槌力がつくことで、コミュニケーションが円滑になり、復縁してからも元彼といい関係を保つことができるでしょう。

表情を豊かにする

「相手を好きだ」「相手へ関心がある」という気持ちは、言葉で伝えると警戒されますが、表情で伝えることで元彼の無意識の部分を喜ばせることができます

人は無意識で人の表情を読み取り、相手の感情や人間性を判断するため、表情が読み取れない相手のことは「不快」と感じる傾向があります。

元彼にあなたの表情を見て心地よくなってもらうには、表情を豊かにするトレーニングが必要です。

普段から顔の筋肉を動かしストレッチしたり、日常的に湧く感情を表情に出すように意識してみてください。

愛されるより愛したいと思う

自分を愛して欲しいという欲求を相手に押し付けていては、理想の復活愛は果たせません。

相手を深く愛したい、相手にとってプラスでありたいという気持ちが前提にあって初めて、愛し愛される理想の関係が築けるのです。

復縁へ向けて動いている時には「LINE返信して欲しい」「会って欲しい」と思うでしょうが、「LINE帰ってこないってことは彼は忙しいのかな?」「彼は私に会いたいかな?」と常に彼の立場で考えることを忘れないでください。

相手の気持ちを尊重し、真の愛を見せていれば、きっと元彼との仲は好転していくはずです。

復活愛とは時間をかけて育むもの。復縁を急がないで。

復活愛とは時間をかけて育むもの。復縁を急がないで。

説明してきたことと重なりますが、復活愛とは、すぐに達成できるものではありません。

復縁を急いで元彼に迫る行為は、骨折したスポーツ選手が骨がくっつく前に練習を再開してしまうようなもので、その後の彼との関係が決定的に悪くなる原因になりかねます。

自分の失恋の傷を癒すことと、別れの原因を修復すること、二人信頼関係をしっかり築くことをコツコツ重ねた結果が、復活愛なのです。

焦りは捨てて、時間はかかって当然だと思って取り組んでください。

まとめ

まとめ

理想の復活愛とは、復縁後も元彼とのいい関係がずっと続くことですよね。

この記事では理想の復活愛を成功させるためにするべきことをご紹介してきました。

元彼に求めるばかりではなく「自分が愛を与えたい」という姿勢を大事にしてください。

復活愛は別れてすぐにはできないものですが、長い時間をかけてでも絶対元彼と復縁するんだと決めて、地道に努力することが重要です。

この記事の監修

復縁ライター:住吉 春奈

1990年5月6日生まれ東京都出身。 恋多き学生時代を送っていた経験から、自然と心理学に興味を持ち、相談カウンセリングコンテンツのある企業に就職。
120000人以上の恋愛・復縁の相談を見て、アドバイザーをしていた。
その中で、世の中に出回っている情報と現実とのギャップに違和感を抱くようになる。 もっとたくさんの人が、本当に必要なことを知って、恋愛で幸せになってほしいと思い、現在はウェブライターとして恋愛・復縁に関する情報を発信している。


<2021年10月6日まで限定>LINEで無料復縁鑑定します
・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?
これらの悩みをLINE復縁占いで解決します。
復縁業界で今話題の復縁占い師が、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けします。


※無料で鑑定&相談できます
※25歳以上の女性限定です